大会・イベントの記事 (1/57)

五島2017レース評価・課題分析(5)補給・ギア・テーパリング

五島ネタをしつこく引っ張ってすいませんw

五島トライアスロン課題分析、ラストです。
スイム、バイク、ラン以外のところをやっておきます。


<トランジット>
バイクトランジット:
・全てスムーズにできた。
・テントを出るまで3分、テント出てから2分半というところ。
・もうこれ以上短縮できる気がしないw

ラントランジット:
・テンポトレーナー忘れたこと以外は全てスムーズにできた。
・テントを出るまで3分、テント出てから3分くらい。
・テントを出てからサイコンの設定のため歩いたが、次回は走れるはず。
・あと1分短縮可能w

どちらにも言えるのですが、「使うかも」と何でもかんでも入れないこと。
短時間にやるべきことだけやるには、そこで見て判断するステップは邪魔です。
なきゃないでなんとかなるので(笑)

あと、事前にできることは事前にやって入れておくことですね。
ジャージの前は開けておく、ゼッケンベルトは外しておく、
バイクシューズのテープは外してガバっと開けておく。

でも、なんでもかんでもそうしない方がいいこともある。

例えば、
・サングラスは万が一破損や傷が入ると競技に甚大な支障が出るので
 ケースに入れてトランジットバッグに入れておく(私は)。
・ランシューの紐を解いておくと袋の中の何かと絡んでしまうかもしれない。
 解くのなんて一瞬なので、私は「口を緩めたうえで結んだまま」にしてます。
 これは五島のランバッグが前日預けだからってのもありますが。
・ランシューは通常紐でよかったです。ショートならともかく、
 ロングなら自分でアッパーのフィット感確認して結ぶのがいいと思いました。




<補給>
内容詳細はこの記事に書きました。
五島トライアスロン2017使用ギア・グッズ・補給のまとめ

バイク補給:
去年も100点だと思ってましたが、今年はさらに完璧だったと思います。
全く一瞬たりとも空腹感がなかったし、力が抜ける感じもなかったです。
まあ、144㎞超えてからちょっと落ちてるんで説得力ないっちゃーないんですがw
あれは風のせいです、風のせい(笑)

じゃあ去年より何が進化したかというと、
・クエン酸の追加摂取
・BCAA

かなと思います。クエン酸は去年は追加で飲んでなかったし、
去年はBCAAうまく摂れなかったんですよね。
クエン酸の追加摂取で、バイク中にちょっと回復した気すらしましたからねwww
まあプラセボかもしれないけど、今後も絶対飲みます。
BCAA(グリコ美味しいBCAA使用)は顆粒でバイク乗りながら飲むのはちょっとコツがいりますけど
なんなら止まってでも飲む価値あると思いました。


ラン補給:
粉飴ドリンク以外のものは結局取らず。サイコン握ってたからポーチ開けるの嫌でw
まあそれでも全く影響なかったですね。
これからもランの補給でポーチのポケットに入れるものは保険かな。




<機材・ウェア・シューズなど>

バイク機材:
・エアロバーボトルの固定が甘かった。タイラップで留めてしまうこと。
・バイクはサイコンだけでガーミンは止めていい。
・ウェット路面に備えて空気圧1bar下げたが特に普段との違いに気づかなかったwww
・今年もパンクせず。事前のタイヤ交換、シーラント入れを今後も継続する。
・シンクロシフト快適。ほぼ左手は操作しなかった。
・横出しボトルケージはなんのストレスもなくボトルの出し入れができた。
・補給食バッグは思ったより取り出しやすかった。登りで低速の時に身体を起こしてやればいい。

ウェア:
・去年の大き目サイクルジャージ→今年のタイトフィットのトライアスロンジャージ
 相当な抵抗減効果を感じた。快適さに影響がなければウェアをスキンスーツにすれば
 かなりの速度アップ(もしくは負荷減)効果があると思う。
・下は去年と同じチャンピオンシステムのビブ(レディース3Dのパッド)。
 全くお尻も股も痛くならず快適。
 ランでも気にならないが、これからペースを上げていくなら考えた方がいいかもしれない。
・ウェットスーツの泳ぎにくさは特に感じず。肩周りに窮屈さもなく疲労もなし。
 しかし胸回りのサイズは6年前と確実に変わっているはずなので(広背筋肥大)
 硬化もしているだろうからもう今年で終了にする。来年買い替え。
アームカバーレッグカバーをバイクで使用、ランで脱いだのは大正解。
 バイクではかけ水を保持して風で冷やす効果、ランは熱発散を促した。
・レッグカバーの下にカーフガード(コンプレスポーツ)も正解。
 走ってる最中もゴール後も一切攣りなどなかった。
・ランのサンバイザーも水がかけやすくてよかった。今後はサンバイザーでいく。

ランシューズ:
クラウドフローで初めてのフルマラソン。最後まで脚を運んでくれた!!予想通り!
 ロングのランには最適なシューズに思える。リピート決定!!



<テーパリング期間や内容>
レース週のパフォーマンスマネジメントチャートです。

PMC0604-0610.jpg

月曜はオフ、火曜から土曜まで1日50TSS程度のトレーニングを行いました。

training0604-0610.jpg

ここに至るまでにもうしっかりATLは下がって
TSBもレース適正値になってしまっていたのでどうすればいいか迷いました。
このまま下げてしまってCTL80くらいまでになってしまったら
後悔するのではないかと。

しかし疲労が残るほど愚かなことはないので、
翌日に消えるレベルの運動に止め、毎日やりました。
しかし金曜日の夜時点で嫌な疲労感があったので、
移動で疲れてしまったのかなぁ、やっちゃったなぁ~と思ってました。


レース前日はバイクを組んで様子を見る程度のライドと思っていたのですが、
走るコースを全く調べていなかっのでうっかり鬼岳に登ってしまいました(笑)
汗だくになってやんの(笑)

でも脚は全く使わない超サイクリングだったので
前日までの重い感じが消えてスッキリしました。
前日の運動としては丁度よかったのかもしれません。



結局前日終了時の数値は、
・CTL(体力) 85.2
・ATL(疲労) 57.2
・TSB(調子) 28.3
となり、本番を迎えました。




疲労感なく、筋肉も緩みすぎず、
精神的にも落ち着き、テンションは高すぎず低すぎず、
最高の状態で迎えられたと思います。


この数値を基準にして、これからのレースのテーパリングを組み立てていこうと思います。



前日に少しナーバスになっていたのですが、
同じ宿の仲間や、FBでの皆からの支えのコメントにも助けられました。
1人では潰れていたかもしれない、と今思い出すとゾッとします。

たくさんの方に支えられて、
あのレースが出来たのだ、と、改めて胸を熱くしています。

みんな、ほんとにありがとう。



最後の最後、総括して終わります。




ブログランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。

こうして細かく見てみると、色んなことが上手くいってたんだなぁ、と感慨深いです。
今までの全てが、ここに繋がっていたんだなぁ。
このブログで書いてきたことも、全部。

トライアスロンとブログ、親和性高いと思います。
皆様も是非!

これからも応援頂けると嬉しいです!
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

チームの仲間が優勝しました!

昨日の大阪城トライアスロンで、
チームの仲間がスプリントの部で総合優勝しました!




途中バイクで落車しながらも立て直し、血を流しながら走って、
最後は2位に1分差つけてゴール!




記念すべき第一回大会の総合優勝!
てるおー!おめでとーーーー!!!



なんと彼、トライアスロン始めて1年です。

元々ボクシングをやっててその練習の一環でランニングはしてたらしいけど
スイムと自転車はド素人w
しかもこの1年も怪我したり体調崩したりでずっと練習できてたわけじゃない。


彼が凄いところは、目標に対する執着心と、そこに対して自分を追い込む能力が
飛びぬけて高いというところだと思います。
心肺能力が高く、高い心肺強度の運動を続けることができる。


一度2人でスイム練習をしたことがあって、その頃はまだ私の方が速かった。
25mのダッシュは同じくらいで泳げても、100mで回すと遅れてきてました。
今回、スイム12分台で上がってきました。
うん、もう完全抜かれたなw

バイクとランに至ってはもう練習時にその姿を見ることができないほど速いですが、
1年前最初に計った10㎞は50分だったそうです。


この一年、どれだけの努力をしたのだろう。
そう思うと、この総合優勝の場に立ち会えて、本当に嬉しいです。

てるおー!本当におめでとう!!
チームのかーちゃんとして、ほんまに誇らしいです。

まだまだ通過点。エリートの世界へ進んで活躍できるように、
みんなで応援します。
がんばれよぉおおおお!!!!!!!!




他にも、女子もチームメンバーが総合3位に入りました。
彼女も先日デビューしたばかりの超初心者。



笑顔がサイッコーに可愛い子なんですよ~~!!
今回ベストドレッサー賞も取りました。
可愛い笑顔がたくさんの方の印象に残ったのだと思います。

おめでと~~(*^-^*)また皆で女子トークしようww



さらに、エイジ入賞が2人。
結局チームから出場した4人全員入賞でした。




T川さん、五島A完走から2週間でエイジ1位て(笑)バケモンか(笑)



ボランティアにも、主宰の溝さんをはじめ、たくさんのメンバーが参加しました。




各拠点でいろいろ思うこともあったようです。打ち上げで爆発してました(笑)
みんなで意見を出し合いたいと思います(^^)




パフォーマンスの高い刺激的な仲間たち。
みな何かの大会で結果を出している人ばかり。女子のレベルもみな半端なく高い。
昨年末に溝さんにお願いしてチームに入れてもらったものの、
私なんかでついていけるのか、自分を惨めに思うだけじゃないのかと不安でした。


でも、高い強度にひっぱられ過ぎないよう自分でコントロールし、
うまくポイント練習として練習会を活用させてもらうことで
競技力を引っ張り上げてもらいました。五島で入賞できたのもこの仲間のおかげ。


これからもみなお互い切磋琢磨し、メインレースの距離は違えど、
いい刺激を与え合ってみんなで成長していけたらと思っています。
Unityのみんな、これからも宜しくお願いします(^^)



ブログランキングに参加しております。
いつも応援クリックありがとうございます!

自分の結果ももちろん嬉しいけど、仲間が結果出すのはほんまに嬉しい!(>_<)。
だから、自分が知っていることはどんどんシェアして皆に結果を出してほしいと思います。
チームのお母さん役(^^)

年齢的にも本当に娘や息子でもおかしくない子達。
可愛い子供がいっぱいおってええなーwってクリックしてもらえると嬉しいですw
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

大会運営改善のために選手から出来ること

前代未聞のトライアスロン大会、大阪城トライアスロン第1回が終わりました(^^)

20170626084908247.jpg


大阪城トライアスロン(MBSニュース)(0:18-0:19にオカンの背中映ってますw)
大阪城公園の堀を泳ぐトライアスロン大会(NHKニュース)
堀で泳ぐ! 大阪城でトライアスロン(TV東京)(0:30あたりに映ってますw)
大阪城の石垣背に水しぶき、東外堀で初のトライアスロン(産経)
「臭いなかった」大阪城の堀泳ぐトライアスロン(nifty)


もうね、それはそれは大変だったと思うのです、この開催に至るまで。
思いついた人達もすっごいけど、それを実行に移すそのパワー、能力。
私みたいな一般の主婦には想像もできないです。
いったいどれだけの人やお金を動かしたんだろう??

しかもエイジだけじゃなくエリートも。
今回スイム会場にずっといたので間近に見させてもらいましたが
エリートの世界は物凄くシビア。一切の妥協も曖昧さも許されない。
きっとエイジ大会だけならもっと柔軟にできたと思うのです。

でもアジアカップをやることで
「お城のお堀を泳ぐ世界初の国際大会」として世界中から注目を集め、
日本をアピールすることもできる。
これはすんごいことですよ。本当に実行に関わった人達が神に見えます。




今回、抽選に外れたので選手ではなくボランティアとしての参加でしたが、
とても有意義な機会を頂いたと思ってます。
選手として参加しているだけでは見えないことがたくさん見えましたし、
知るべきであったことがたくさん知れました。


この第1回大会に選手として参加していたら、不満があったかもな、と思うのです。
ここが分かりにくいとか、コースのここが危ないとか。
でも、運営の大変さは分かるし楽しませてもらってる側だから、と
何も口にしなかったと思うんですね。
で、きっと翌年参加しても、同じところに不満を抱いたりする。

でもボランティアスタッフとして参加して、
「来年も是非この大会をやって欲しい!もっといい大会にしてほしい!」と
思うので、今回感じた点は全て運営の皆さんに渡そうと思ってます。


選手として参加された方も、
気になった点や改善してほしいところを伝えませんか?
それが、トライアスロン大会をより良くしていく、選手側からできることの一つだと思います。





私は今回スイムの入水からスイムアップの場所のスタッフになりました。
お堀への入り口は階段一つ。入水はスタート10分前、ウェーブスタートで5分刻みです。

舞洲トライアスロンもこのパターンだったんですが、3回出て3回とも不安と不満に思ってました。
ウェーブスタートの5分の間の流れや動線が分かりにくすぎて、
よく分からないままにスタートしたり、前ウェーブの選手の動線に後ろウェーブの選手が被って
危なかったりと、どうにかならないの???と思っていたのです。

なので、今回、まさに自分がそこの誘導ができるポジションにつかせてもらってラッキーでした。
自分が選手なら、このタイミングでこれを伝えて貰えばわかる、という観点で
メガホンでの誘導や〇分前、の声かけをできたと思います。
(もちろん私から見て、なので、選手側からの見方は違うかも。感じたことあれば教えてください)

さらに来年につなげるならば、手書きでもいいから整列時に見えるタイムボードがあったら
並んでいるうちに把握できるな、と思いました。



こういうことって、イベント屋としての経験があるから分かる、ではない、
選手として参加して、こうしてほしいな、という感覚があったからできることだと思うのです。




今回第一回大会で、たくさんの下調べと準備をされてきたと思うのですが、
それでも運営側の人は選手として参加したわけではないので気付かないこともいっぱいあると思います。
選手として出た皆さんや、応援で来た方が、忌憚のない意見を伝えることは
大会運営に大きな意義のあることだと思います。


ただ「コースが不満だ」と伝えるのではなく、コースのこのポイントが分かりにくかった、
危険に感じた、と具体的に場所を伝えたり、
このような掲示があれば分かりやすい、や、パンフレットにこれを書いてほしかった、など
改善のアイディアが添えてあればさらに参考になると思います。
採用されるとは限らないですが、確実に来年に活かされるものとなると思います。


思います、ばかりでスイマセン(笑)
実際に運営の方に聞いて書いているわけではないので・・・。



大会ホームページに、大会事務局のアドレスがあります。
選手からの声を送ってみてはいかがでしょうか。
http://event.osaka-triathlon.com/ja/contact




あともう一つ。

今回、バイクが引き上げられた後のトランジットエリアは最低でした。
ゴミ箱みたいでした。
トランジットエリアですから、捨ててるのは選手です。

自分の出したゴミを持って帰る、もしくは設置されているゴミ箱に捨てる。
当たり前のことだろーーっ!!

残していった覚えのある方は、絶対次からしないことっ(-_-メ




まあでもほんと、一度スタッフ側に入ってみるといいと思いますよ!(^^)
近くの大会に抽選で外れた時はボランティアで参加してみる、ってパターン、どうでしょ?


※追記
FBの方で大変いい意見交換ができているので、よろしければご覧ください(^^)
公開投稿ですのでどなたでもコメント頂けます。




ブログランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます(^^)

選手として参加するより確実に疲れた一日でした(笑)
でも選手として参加するより有意義だったと思う!
大阪人として、このオモロイ大会をこれからもサポートしたいです\(^o^)/
選手としても一皮剥けられるかも?

頑張れよ!って応援クリックして貰えると嬉しいでっす(^^)
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

大阪城トライアスロン、大盛況でした!

大阪城トライアスロン、大盛り上がりで終了しました!!


雨が降ったりやんだり、男子エリートでスコールみたいな雨も降り、
選手も観戦の方もスタッフも大変だったと思います。


バイクはかなりスリッピーな状態で落車が続出したようです。
大事ないといいですが(;´Д`)



普段トライアスロン大会って選手関係者くらいしか見にこないと思うんですが、
今回は明らかに一般の観戦者の方がたっくさん!!

事前にニュースや情報番組でも取り上げられて話題でしたからねー!



また参加者の方のレポなどあがるのを楽しみにしてます(*^^*)
結局ほぼ観戦はできずでしたので(^_^;)



私の仕事はと言うと、

スイムの入水&スイムアップしてくる階段で




メガホン持ってウェーブ別選手の誘導やスタートライン注意、


(サトスポーツwサトさんありがとー!!)


フラフラな方に手を貸して支えたり、




上がってくる方に足元注意をうながしたり




ってな感じで2時間叫びっぱなしでした(^-^)
引き上げの筋トレはなかったです(笑)


まあそもそも引き上げる行為はNGらしいですw
マーシャルの方に教えて頂きました。



いやー、疲れました(笑)



今から撤収作業手伝って帰ります。


選手は、1度ボランティアやっておくといいと思いました。
選手の方が絶対楽ですよ。
感謝の気持ちが膨らみました。







運営、マーシャル、選手、応援、ボランティア、
皆様お疲れ様でした!



ブログランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。

早朝から最後まで、全力で選手をサポートする皆さんに、
拍手ーーーっ!!!(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

オカンもちょっぴりお疲れさん、って
クリックしてってもらえると嬉しいです☆
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

大阪城トライアスロンボラ、まさかの持ち場に!(笑)

朝から大阪城トライアスロンのボランティア説明会でした。




スタッフTシャツはやっぱり黄色ですよね!(笑)
タイガース色!(笑)





前もロゴ配置がカッコイイんですよ~。
こういうの好き好き~♡




明日はこのTシャツでボランティアのお仕事頑張りますっ!



さて、その持ち場はと言いますと、、、


スイムでした!




なんと、スイムアップ補助!!!
(泳ぎ終わって上がる人の引き上げ)


えっ、それって、力いるよね?
あたしで男性を引き上げられますかねwww

その担当、私1人みたいなんで、
8:10から10:00くらいまで、ひたすら頑張って引き上げまーーーす(笑)


腕パンパンになりそう(笑)
いい筋トレになるわwww


可能な限り応援の声もかけます!

あ、選手の皆さんは応えなくていいですからねw
集中してトランジットに向かってちょーだい(笑)




10時にはお仕事終わってしまうので、
その後はコース内でいっぱい応援しますね!



選手のみなさん!
雨だけど、そんなん吹っ飛ばすくらい楽しんじゃいましょう!

大阪城のお堀を泳ぐんだぜwww
なかなかこんな美味しいネタないでwww(大阪人的考え方w


事故がないのが一番。
突っ込んで落車したらアホらしいっすよ!
コーナー前しっかり減速、無理な追い越し無しでいきましょう!


明日、お会い出来るのを楽しみにしております!!!



そしてそして、この前代未聞の大会を、
是非トライアスリートじゃない皆さんも見に来てくださいね!!

明日8時スタートです!



ブログランキングに参加しております。
いつも応援クリックありがとうございます!

大阪人的には、最後は引っ張られてお堀に落ちておくべきか、、、w

着替え持っていこ(笑)

筋トレボランティア頑張れよ!って
応援クリックお願いします(^-^)
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

五島2017レース評価・課題分析(4)ラン

まだ続く五島トライアスロンネタw

2017五島トライアスロン課題分析、最後はランです。


データがサイコンで取っていたものしかないのですが、
これがGPSはかなりグダグダでした。
ぴったり看板の横でラップ押してたしほぼ歩道に沿ってコース通り走っていたのですが
だいたい0.96㎞とか0.97㎞しか取ってないことが多かったですね。

なので残ってるデータのペースはキロ7分くらいになってます。


まあでもラップ取っておいてよかったです!
少しでも振り返ることができるので!


サイコンデータから取ったもの。標高、ペース、心拍。

goto-run01_20170623203227ef1.jpg

これからは、
・ペースはコースのアップダウンで激しく上下してる
・心拍は後半若干下がったがほぼ140台イーブンで通せた
・前半も後半もそうペースが変わらない
ってくらいしか読み取れないですね~。


見づらいので手動で取った1㎞ラップをグラフ化してみました。
上のオレンジ線が心拍、下の線がラップタイム。

goto-run02.jpg

こうしてみると前半後半でしっかりペースが落ちて行ってることが分かります。

西内さんすいません、「後半上げる」できてませんでした(笑)


あ、なお、鬼ー!と思った西内コーチの「後半上げて」発言ですが、
「前半から飛ばすより、涼しくなる後半に上げていきましょう」という意味だったそうです(笑)
すれ違いが一瞬だったのでそこまで伝えられなかったと(^^;
すいません西内さん、、、完全に「鬼やんww」って思いました、はい(笑)


標高が10以上プラスなラップを赤色、10以上マイナスなラップを青色でポイントしてみました。
15㎞までは登りであってもラップタイムを維持していますが、
16㎞以降から登り箇所は必ずキロ20~30秒くらい落ちてるのが分かります。

ただ、登り基調ラップであっても心拍数が上昇していないので、
ここはうまく心拍でペーシングできたとみるべきかなあ。


ちなみに去年のグラフはこれです。
いっぱい歩いて5時間17分かかってゴールした42キロ。

goto-run03_20170623211500a11.jpg

7㎞くらいで終わってるもんなぁ。

序盤の登りで心拍が高い状態を1時間下げなかったのが原因の一つかなと思ってます。
それを覚えていたので今年はちゃんと20分くらいで下げて、以降150をキープしてます。

あと、去年の1.5㎞ごとの完全なる谷。エイドストップです。
これが今年は浅い。数秒しか止まってないからですね~。
これは私には合ってたんだと思います。気持ちが切れなかった。

一切止まってないわけではなく、前半はバケツの前に完全に止まって
「頭からざっぱーんといってくださーい(笑)」って2回ずつかけてもらってますし、
後半も3歩くらいは歩いてコップ取って3歩くらい歩きながら頭にかけてスタート。
それで充分「ご褒美」でしたし、脚も楽になったのです。

つまり、これくらいのウォークブレイクで十分に効果があるってこと。
わざわざ1分歩く必要はありませんでした。
次からもこれで行こうと思いますし、これでいける余裕を持って走ろうと思います。



ピッチ、ストライドが取れなかったのは残念でした。

が、実はピッチについては頭でずっと曲を流してゆっくり目を維持していたのです。
ハルさんに教えてもらったピッチ180の曲はAKBのヘビーローテーションなのですが、
AKBな気分ではなかったので、同じくらいの曲がないかなあ~と思ってたら

突然頭に出てきた曲が、これ。



GLAYの「誘惑」wwwwwwwwwww


何年前の曲だよおいwwww(19年前だそうです(白目


これがピッチ180だと知っていたわけではないのですが、
まあゆっくりだなとは思ったので、これをお供に8㎞くらい走りました(笑)


終わってから調べたら、誘惑のテンポは181bpmでしたwwwwドンピシャwww


10代20代でバンギャ(ビジュアル系バンド好き女子のこと)だったことが
まさかの42歳で役立つとはのうwwwwwwwwwwww




あ、ストイックな課題分析がいつものキャラになってしまったw



去年のように脚が動か動かなくならず走れた理由については、あくまでも推測ですが、
・去年よりもバイクフィニッシュ時の筋グリコーゲンが残っていた(補給の成功)
・脚の筋力ではなく上体の重心移動を使って走るフォームが多少は身についていた
・クラウドフローの反発力に助けられた
というところでしょうか。

あと、最後10㎞については完全に気力です。
去年歩いてしまった悔しさ。絶対に今年はあの気持ちにはならない!!と
臥薪嘗胆の気持ちで10㎞進みました。



自己評価
・心拍での強度管理がうまくいった
・極力エイドでも止まらず数歩歩く程度で気持ちを保った
・ピッチ音がなくても感覚で180bpmのテンポを覚えていて調節することができた
・バイクでの補給の成功により糖質を節約し動ける力を残すことができた
・半年やってきたランフォーム改善が生きた

ってところでしょうか。


課題・反省・強化ポイントなど
・エイドはもっと短縮できた。前半からかけて頂かず自分でコップをとってかければ
 10秒×10か所で100秒は短縮できた。
 が、そこまでするか、はまた来年考えます(笑)あまりにガチすぎる(^^;
・登りを落としているのに下りで上げていない。心拍は下がっているので、
 できればそこは心拍を維持する程度にはペースアップしたいところ。

来年は、この強度で走れるペースをキロ10秒上げたい。
それだけで7分短縮です。
そのためには、今シーズンここまでやってきた練習を振り返り
しっかりと強度を上げてLTペースを10秒上げること!



がんばる!!!!!!!




以上、五島トライアスロンの課題分析、3種目やりました。

次にそれ以外のところ。
・トランジット
・補給
・機材やウェアやシューズ
・テーパリング期間や内容
などについて振り返って、最後総括しようと思います。




ブログランキングに参加しております。
いつも応援のクリックありがとうございます!

まさか19年も前の曲に助けられるとはのぉwwww
無駄な経験なんてないのよwww

去年の悔しい気持ちをバネにしてよく頑張ったね!!って
ぽちってくれると嬉しいです(^^)
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

日曜は大阪城トライアスロン!大迫力レースを見に行こう!

今週日曜は大阪城トライアスロンが開催されます♪

osakacastle01.jpg


前代未聞!お堀を泳ぐ!(笑)

osakacastle02.jpg


バイクは大阪城とOBPを颯爽と~~!

osakacastle03.jpg


大阪城公園内を駆け抜けるラン~~!!!

osakacastle04.jpg



残念ながら完全に雨予報(;_;)むぐぅ・・
バイクが結構テクニカルなコースなので、
ちょっと心配ですね。安全第一でいきましょう!

osakacastle05.jpg

バイク9周回(スタンダード)だから、周回ミスしないようにご注意を~!
あ、でも周回コースとバイクフィニッシュが離れてないからまだ安心かな。
サイコン見て39km超えてればOKですね。

ランは京橋口のところがちょっと嫌な登り坂だね~~~(笑)
まあ一瞬だから気合いで登っちゃいましょう。
(4回あるけどww)





私は抽選に漏れてしまったので出場はできないのですが、
ボランティアに申し込んだので土日とも現地におります(^^)

明日朝9時からのボランティア説明会に出て、
そこで持ち場が分かったら書きますね~。
従事中は対応できないと思いますが、手が空いてそうならお声がけください(^^)



誰が来るのかな~とスタートリスト見てみました。
さすが注目集める大会だけあって全国からいらっしゃってます。

ホリエモン(さん)がスタンダードに出ますね!続けてるんだなぁ~。

各エイジ、男子も女子もトップランカーまみれw
レベル高いレースになりそうですね!めっちゃ楽しみ!!



お近くの方、是非観戦にいらしてください!!
なかなかこんな都心でトライアスロンやらないですよ~!
テレビ以外で生まれて初めて見るって人もいるんじゃないかしら?





よし、スケジュールとみどころなど説明してみます(^^)

osakacastle06.jpg


まずはスイムです。前代未聞!大阪城のお堀を!!!(笑)


日曜朝8時からスタート。
混雑を避けるためグループに分けてスタートします。

最初数組がスプリント部門(25.75㎞)。
短いので「めっちゃ速い人」と「デビュー選や初心者な人」が混在します。

8:20からの組はスタンダード部門(51.5㎞)。
次が9:05にスタートして9:10に最後の組がスタート。


速い人が前の組の後ろの人をガンガン抜いて行くので
8:00~8:30くらいはなかなかの迫力じゃないかな。
キャップの色が違うので分かりやすいです。

見てる分にはいいんですけど、泳いでる方は「ひぃ~~!(汗)」ですw


スイムの所要時間は、スプリントの人で10分~20分、
スタンダードの人で20分~40分というところです。
なので、8:00~10:00がスイム観戦可能タイム



最初の人は8時10分にはもうお堀から上がってバイクラックへ。
1分足らずでバイクに乗車、大阪城公園を抜けて線路沿いのコースに出て行きます。
バイクは大阪城公園内より道路に出た方が高速で見ごたえあるかもしれません。
スピードはバラバラですが、トップ選手は40km/h出てる区間もあるかな。

スプリントが20㎞、スタンダードが40㎞です。
8:15~11:00くらいがバイク観戦タイムですね。

なお、バイクは「ドラフティング禁止」というルールで、
他の選手の後ろについて風よけにすることは禁止されています。
バイク同士は横3m、縦10m開けなければいけません。
なので、バイクレースを見慣れている方には違和感あるかもですね。



9:00くらいからスプリントの選手がちらほらトランジットエリアに戻ってきてランへ。
まだ後ろの方はスイムスタートしてないので、
お堀の近くで観戦すればスイム・バイク・ラン全部見られますね。

ランはスプリントが5㎞、スタンダードが10㎞です。
上位選手はかなりのスピードですよ~~!

フィニッシュエリアの競り合いも迫力ありますが、
スタート時間が違うので総合入賞者はかなり後になるまで分からなかったりします。

9:00~12:30くらいがラン観戦タイムです。



と、8時から12時くらいまででギュッと楽しめてしまうのです!!!
これは見に行かなくちゃでしょ??



でもそこで終わりませんよ~~!
午後からはもっともっと大迫力の「エリートレース」があります。

12:15~13:30が男子、
13:30~14:50が女子
です。

オリンピックで見るような超高速レース。
スイムは集団で大迫力、バイクもエリートはドラフティングOKなので
集団でガンガンスピード上げていきます。
勝負はランです。バイクで先頭集団にいた選手のうち誰が抜け出すか。
もちろんバイクで後方にいてもランで巻き返す選手もいます。

締まった体に、ほぼ水着!なウェアがめちゃくちゃかっこいいです。
是非近くで見て欲しい!

2020年オリンピック候補者もきっといますよ~!




エキスポもあります。
よくイベントやってる大阪城ホール横の太陽の広場ね。
いろいろ飲食テントも出るようなので、お昼はここで!

2017-06-17-2-e1497708951944.png



もー、運営のマワシモノか!ってレベルでご紹介しちゃいましたけどw

でも、ほんとに大阪都心でトライアスロン間近で見られるなんてなかなかないから!
ほんとにほんとに、観戦に来て~!!
そして、いっぱい応援してあげて~~~!!!


是非!宜しくお願いします(^^)ゞ




ブログランキングに参加しております。
いつも応援クリックありがとうございます(^^)

ふう、自分が出るわけじゃないのに熱く書いてしまったわw
ちょっと行ってみようかな?と思ってもらえると嬉しいです!
会場で声かけて頂けるのも楽しみにしてますね!

トライアスロンの面白さを伝えた~い!なオカンに
どうぞ応援クリック宜しくお願いします(^^)
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

今年も記念の額完成♪歩んできた歴史!

オールスポーツの写真が届きました!



今年は会場で写真を買わなかったので
オールスポーツで3枚買いました。

と言っても、写真として欲しいのはゴールタイムが入った1枚だけで
あとはデータがあればいいんだけど(^_^;)

スマホサイズデータがもーちょっと安ければみんないっぱい買うのにね~。



今年も額に飾ります。
記録証、ゴール写真、バイクプレート。



あと息子の応援メッセージ写真♡



メダルと一緒に壁に飾ります。



初ロングの宮古島から始めたこの額装、




これで5枚目(*^^*)


1年に1大会しか出ないから、5年目5回目のロングトライアスロンです。

まだまだヒヨッコと思ってたら、
いつのまにかベテラン扱いされるように(笑)
まあチームが1-2年目の人ばっかりだからね。


これからも基本は年1回、
そこに照準当てて集中して楽しむスタイルのつもりです(^-^)


壁を埋め尽くすまで、頑張るぞ!!



ブログランキングに参加しております!
いつも応援クリックありがとうございます。

初ロングだったみなさま、額装してみてはいかがでしょう?
いい記念になるし、たまに初ロングを思い出して新鮮な気持ちになれますよ!
ダイソー300円くらいの額でも十分立派に見えます。

10枚20枚になるまで頑張れよってポチって下さると嬉しいです(*^^*)
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

五島2017レース評価・課題分析(3)バイク

五島トライアスロンの課題分析、バイク編です。


ガーミンは85㎞地点までは動いていたのですが、
そこまでも心拍データは飛び飛びでほとんど取れていない状態でした。
速度もトンネル以外でもよく抜けているので、
分析用としてもとても使えるデータではありません。

パワー、ケイデンスについては100%取れていて、
これはパワーメーターからサイコンに送られたデータをそのまま受信しているもの。
つまりこのANT+のデータのやり取りで負荷がかかって、
心拍計→ガーミン、のデータ受信やGPS受信が不安定になり、
かつガーミン自体の負荷が高くなってフリーズに至ったものと思われます。

パワーメーター(ペダリングモニター)を導入して初めてのロングトライアスロンでしたが、
ペダリングモニターモードで稼働してANT+で転送しながらの180kmは、
とても実用に耐えられるものではないと思いました。

なので、今後は、ガーミンはスイムとバイクトランジットまでで一旦止めて、
バイクはサイコンのみ、ラントランジットからまたガーミン再開、という使い方にしようと思います。


データについてはサイコンの方で記録しているデータを使って分析していきます。
TCXファイルでガーミンにもTrainingPeaksにも取り込めました。

goto2017bike01.jpg

トンネルでGPSロストしてる距離が約5㎞あります。
180㎞に直せば、平均時速26.4km、ほぼ想定どおりで走れました。




goto2017bike02.jpg

NP127wでIF0.69、ちょっと想定より高くなりました。
TSS328は予算オーバーです(笑)

これはまあ、風のせいかな~と思うんですけどね。
登り坂は想定パワーで抑えても、向かい風区間で少しパワーオーバーが発生したのかなと思います。

まあそれでも筋肉への影響はほぼなかったと思うので、
エネルギー消費面だけでしょうね。
そこについては補給プランが成功していたのでランに入っても思い通り走れました。




では、時系列に見ていきます。

心拍&速度。
スタートからゴールまで、そう垂れることなくイーブンでいけています。
1周目2周目もほぼ変わりません。

goto2017bike02_20170622124925d1b.jpg

ただ、サイコンに表示される平均速度はどんどん下がってたんですけどね。
トンネルでロストするのでどうしても数字は下がって行っちゃうんですよね~。
まあでも把握さえしてれば大丈夫。動じませんw




気温&心拍。
サイコンが感知する気温なので風を受ければ下がるのかな?
それでもどんどん気温が上がってるんですよね。
これを早めに感じ取って対処したのは大きかったです。
暑いと感じてなくてもほぼ全エイドで水とってかけました。

goto2017bike07.jpg



心拍&パワー。
パワーで見るとジワジワ下がってるのが分かります。

goto2017bike04.jpg


平均して10Wくらい違うかもしれないな~と
シクロスフィアで1周目と2周目をカットして比較してみたら、
平均で3w下がってました。(124w→121w)
3wか(笑)まあ、イーブンペースと言っていい範囲ですかね(笑)

goto2017bike08.jpggoto2017bike09.jpg

ペダリングはひどいなあ(^^;;;;
ここは大きな伸びしろですね。


そして周回抜けてからの35㎞がグダグダ(^^;
向い風で気持ちが削がれたってのもありますが
そろそろランだからって頑張らなかったってのはあります。
結果オーライでしたが、ここもうちょっと頑張ったって別にランに影響なかった気がしますw




ケイデンス。
今回下りは脚を止めることも厭わず序盤から積極的に休むようにしてたんですが、
そのおかげで後半も下り以外で脚を止めることにならなかったですね。
「下りでも脚を止めない」はロングトライアスロンについては必ずしも当てはまらないと言えるかなと思いました。

goto2017bike05.jpg


まあこれは脚の筋肉だけの問題ではなくて、腰痛がどれだけ発生してるかに依ることが大きいです。
私は、ですけど。
腰痛が出るととにかく股関節を動かしていることが辛くなってくるので、
平地でもどんどん休むようになってしまうのです。
今回は腰痛の発生を極力軽くする策がうまくいったので、後半でも腰の痛みから脚を止めることはほとんどありませんでした。




パワーに付いてはゾーン分布も見ておきます。


すごい!ほぼゾーン1と2!!(笑)

goto2017bike06.jpg


ゾーン1と2で74%、ゾーン3までで90%です。ロングの強度としては完璧ですね~。

goto2017bike10.jpg



うーん、ペーシングは100点満点ですね。
パワーがたいしたことなくてもペーシングがうまくいけばロングでは結果が残せるって
証明ができたような気がします(笑)

パワーがないとお嘆きの皆様に勇気を与えたのではないでしょうかwwww
※私のFTPは183w、PWR3.3です(^^ゞ



自分の力を過信せず(まあ過信するほどバイク得意じゃないんで(((^^;、
とにかく常に楽に気持ちよく動ける強度を保ったことが
最後まで大垂れせずに行けた勝因だと思います。

そして、もちろんそれがランに繋がりました。
自己分析とレース計画と、それに基づいたペーシングの成果!


と、タイムは平凡ですが、自分的には100点満点のバイクでした(^^)




自己評価
・計画通りスタートすぐから心拍を抑えスイムの影響を最小限にできた。
・練習通りのパワーBasedペーシングで登りでも平地でも適切な強度で走れた。
・気象条件の変化を感じ取り冷静に判断し適切に対応することができた。
・序盤からマメに体勢を変えて腰を伸ばしたり使う筋肉を変えたり張った筋肉を弛緩させたりと筋肉の状態に気を気張って対処したことによって、どこかに痛みを感じることなくバイクフィニッシュを迎えられた。


課題・反省・強化ポイントなど
・機材の固定が完全ではなかった。それにより走りに集中できない時間があった。
 ボトルマウントはバンドとタイラップで2重に固定すること。
 また、他にも緩んでいる機材が無いかレース前にしっかりチェックすること。
・数値やデータを見る限り、ペダリングは相当荒い。まだまだ改善の余地あり。
・バイクパートは女子8位とそう悪くはないものの、上位入賞者から見ると最もレベルが低い。
 3種目のうち強化すべきパートであることは間違いない。
 ロングのレース強度でのスピードを上げられるように、パワー向上と筋力アップに努めたいところ。


というところでしょうか。
諸先輩方、お気づきの点あればご指南頂けるととても嬉しいです。


次はランの分析です。


ブログランキングに参加しております。
いつも応援のクリックありがとうございます(^^)

タイム的には去年から1分縮めただけ(しかもそれってトランジットかもw)なのですが
180㎞の進め方は大幅に改善されました。自分的には満足です(^^)
これからはこのバイクの能力アップを重点的にやっていきたいと思います。
是非アドバイス下さい(^^ゞ

応援も頂けると嬉しいです!
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

五島2017レース評価・課題分析(2)スイム

五島トライアスロン、課題分析、スイム編です。


残念ながら心拍データは拾えず。
心拍計に残ったまま、ガーミンにデータ転送できてません。

ガーミンは修理に出したら、復旧できなかったとのことで新品交換に。
なので、心拍データも取れませんね~。残念。。。


残ってるデータだけで見てみます。
ガーミンからTrainingPeaksに取り込みました。
グラフもTrainingPeaksの方が断然見やすいですよ(^^)


まず軌跡。1周目を赤でトレースしてみました。

2017goto-swmindata.jpg

1周目はかなり混雑していたので、第1ブイ~第2ブイは外側を泳ぎました。
これは記憶にあるのでその通りになってます。
それ以外はほぼ蛇行せず直線でいけてますね。

むしろ2周目の戻り(第4ブイから第5ブイ)が蛇行したデータになってました。
はて?なんでやろ?ほぼ人もおらず、毎回ヘッドアップで最短距離を行けたと思うんですけどね。



ガーミンによれば、泳いだ距離は3694m。
んなわきゃーねえ(笑)最短距離で3800mなので、拾えてないところがあるんですね。

まあでもそう長い距離は泳いでないと思います。
1周目に意図的に膨らんだ以外は最短距離だったと思うので、3850mってとこじゃないでしょうか。



ガーミンタイムは1:07:59。公式記録が1:07:37。
だいたいスタート20秒前に押したので合ってますね。
移動タイムは1:07:25となってました。

上陸時間は、1周目は給水なしでコーンすれすれを素早く回って8秒くらい?
2周目も上がってすぐゲートに向かったし、小走り位はしてたから10秒程度でしょう。
泳いでた時間は67分20秒ってところでしょうか。

3800mなら100mあたり1.77分(1分46秒)ペース、
3850mなら100mあたり1.74分(1分44秒)ペースです。

う~~~ん(^^;;;;
目標とは程遠い結果になっちゃった><。


いやあ参りました。
やっぱり荒れた海には弱いですね(^^;


気になって他の方のデータも見てみました。
スイム100位までの選手で去年Aに出ていた選手は34人。
去年のタイムと今年のタイムを比べてみると、

タイムを短縮されていたのは6人だけ。あとは皆さんタイムを落としていました。
やはり海のコンディションの影響はしっかりありましたね。

2017goto-swmindata2.jpg

それでも私の落ち率は大きい方なので、もっとラフウォーター対策も考えないとな。
練習のしようがないってのが難点なんですが^^;;
まあまた調べてみます。



どこまで信用できるか分かりませんが、ペースとピッチのデータを見てみます。
ブイがあって方向が変わるところに赤線を引いています。

2017goto-swmindata1.jpg

スタート~①:
・ダッシュは50mくらいしかしてませんねwもうちょっとしようよwww
・ダッシュの後に明らかに緩めちゃってるんです。これ記憶あります。
 ちょっと怖くなっちゃったんですね。これ、アップで心拍上げてなかったせいだと思います。
・①ブイまでかなりピッチ速いです。spm36~38。

①~②~③:
・かなりペース遅い。この区間は1:50近いかもしれません。
・ピッチもまだ速い(spm35)ので、うねり強くグライドしても進まん!と思って早めてたんだろうと思います。
 でもやり慣れてない泳ぎをしてもしんどいだけでしたね(笑)
 ここは落ち着かないといけませんでした。

③~④~⑤:
・一気にペース上がってます。潮の流れですね。
・ピッチも落ち着いてる(spm33)ので、流れが変わったのを感じてちゃんと対応できたんだと思います。
 それでも去年はもう巡航に入ればspm31や32なので1~2多いのです。
・⑤ブイ前後で乱れてます。そんなにかちあった記憶はないんだけど?

⑤~上陸:
・ここでまたペースが落ちてます。これは単に前が詰まっていたから。狭くなるんですよね。
 1周目だからと無理して抜こうとしませんでしたが、心肺負荷には余裕があったので
 ここで後ろから静観してたらあきませんでしたね。


2周目
リスタート~①~②:
・バトルがないので1周目よりは速いんですが、すごくペースが上がり下がりしてます。
 うねりに翻弄されてたんでしょうね(笑)

②~③:
・ドラフティングさせてもらったので楽でしたし1周目より速いですね。
・でも気を抜くと前の方との距離があいて押し戻される感覚がありました。
 もっと躊躇せずにべたーっとついてたらよかったかも。
 まあやったことがないのでできたかどうか分かりませんがw

③~④~⑤:
・1周目とほぼ変わらず。


おそらく1周目1’47~’48ペース、
2周目1’44ペースあたりでしょう。

キックについてはずーっとしてました。
ノーキックだったら全然進まなかったと思います。
最初のダッシュとブイ周りだけ6キック、それ以外は2キックです。


上がった時に疲労感はほぼありませんでした。
考えていたレース強度では泳げてなかったなあ。うねりに対するので精一杯でした。

まあでも、バイクスタート後の心拍の下がり方が早かったので
本来今回くらいの強度でいくべきなのかもしれません。

スイムパートのTSSは67でした。



自己評価
・あまり経験のないコンディションに対応するので精一杯。
 いい泳ぎができなかった。
・しかし経験がないながらも、ロープを使ってヘッドアップを防ぐなどの対応をし
 体力の消耗を最小限にすることができた。
・定めたレース強度をどのような環境でも維持できるようになるには、
 まだまだ感覚を磨く練習が足りないと感じた。


課題と対策、強化ポイントなど
・ちゃんとダッシュは200mくらいしましょう。
・そのためにちゃんとアップで心拍上げましょう。
・うねりのある海での泳ぎ方を研究しておくこと。
・ドラフティングしながらも自分のレース強度をキープする練習を。
 普段からプールで速い人においつく練習をしておく。

・強度の高い練習をちゃんと継続的にやっておくこと!!!



スイムは週3~4コンスタントにやってきたわりに成長なく残念ですが、
今の練習では維持がやっとなのかもしれません。

しかし前回の順位別に見る分析から見れば、スイムにいたずらに時間をかけるべきではないですね。
これからはポイントを絞りつつ、短時間でガッと負荷かけて練習するようにします。

もう少しだけ、上を目指したいな。



つぎ、バイクのぶんせきっ



ブログランキングに参加しております。
いつも応援のクリックありがとうございます(^^)

思い返すと、なんでもっと頑張れなかったんだろう、と思うのがスイムです。
でも、頑張らなかったから、バイクが上手く行ったのかもしれないし・・・。
まだまだ伸びしろはたっぷりあると思うので、もう少しだけ上を目指してみます!

これからも応援頂けると嬉しいです(^^)
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ