トレーニングネタの記事 (1/47)

今日誕生日です♪&サドルを上げて乗りやすくなりました!

そう、今日、誕生日なのです(*^^*)
おめでとうあたし(笑)

そろそろ隠したい年齢になってきたかな?

まあ、もうちょいエイジ40です(・∀・)☆彡.。



昨日は一日たくさんの予定があって、
疲れたけどめちゃくちゃ充実した1日でした。

身体の疲労は溜まっても、頭や気持ちがスッキリしたことがあると
疲労なんて感じないものだなぁと思った。
次から次にアイディアが湧いてきて、意欲が湧いて出て、
やりたいことだらけになるね!(((o(*゚▽゚*)o)))


丸1日家を空けて迷惑かけたので、
今週はみっちり家事頑張んなきゃ(´>∀<`)ゝ




トライアスロン仲間との話の中でサドルの高さとペダリング効率って話題が出たんですが、
ちょうど西内コーチからフォームチェックが帰ってきて、

サドルをもう少し上げられるのではとのコメントがあったので
サドル高を調整してみました。



下死点でも膝に余裕がある。

股関節が詰まってて上がってないと。




ここから5mm上げました。



5mmって全然違いますね!!!
最初、うわったかっ!って思いましたもん(笑)
自然にちょっと前に座ってるなぁ。
慣れなければ2mm下げよう。




うん、上死点での左足のつまり感がなくなって、
とても回しやすくなりました!
ペダリング効率は45くらいから48-49にup!

何度か調整してたんだけど、低めにおさまってたんだな。



問題はこれで、股と腰が痛くならないか。

股はなんともなし。DHポジションとっても圧迫してないので。
問題は腰。腰椎後湾は見た感じ強くなってないな。
その分胸椎の何番目かでかくっと曲がってる感じ。
これはしんどくなりそうだな~(;^ω^)


まあ、やってみましょう!!




フォームチェックは4つポジション見てもらって、
どこに向かえばいいのかをアドバイス頂きました。
腰痛の原因を探ってもらいました。

頂いた指摘点は、
・踏みが前方向になって腰が動いてるよ
・股関節詰まってるから、身体起こすか腰を丸めるか前に出すか(今が限界)サドル上げるかクランク短くするか
・骨盤寝かせて腰反ったフォームはNG
・膝を高くあげましょう
などなど。

バイクは1からやり直してるような感じなので、
とにかく自分の感覚をとっぱらってアドバイスを習得することを最優先にします!



ブログランキングに参加しております。
いつも応援クリックありがとうございます!

お誕生日おめでとうー!のクリック下さるー?(((o(*゚▽゚*)o)))
と嬉しいですっ!!!
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

ロング走の翌日のダメージでフォームを採点

元旦は遅く帰ってきてお風呂入って寝ただけ~。
今日は旦那実家で過ごしました。


、、、、もう食えん、、、、(;´_ゝ`)



わざわざ用意してくれているものを断るのは申し訳ないと思うけど、
食べられんものは食べられん(笑)

それでもかなりのカロリーを摂取ーっ( ̄▽ ̄;)


昨日35キロも走ったので今日はちょっと走れない。
消費カロリーが高いのはランなのでランをしたいけどなあ。
後で時間を見つけてローラー頑張ります。




さて昨日のようなロング走の後はどこに筋肉痛が出るかで良いフォームで走れていたか採点できます。

まつさんが年末にそのような記事を書いていたので
今日どこに筋肉痛が出るかを楽しみにしていました。


まつさんの記事はこちら。
めちゃくちゃ参考になりますのでオススメです!!

サブスリーへの道のり⑧「効率の良いランニングフォーム」

該当の部分を引用させて頂きます。

※以上の動作が出来ているかは、20kmや30kmのペース走など、あるいはフルマラソンを行った翌日(翌々日)に筋肉痛になる場所で確認出来る。ふくらはぎが筋肉痛の場合は、足裏で蹴る動作が入っているし、脛が筋肉痛の時は、着地時に沈み込みが起こり、足首が動いている証拠である。また、太腿前面が筋肉痛なのは、腰高が保てずに腰が落ちて膝の曲げた着地が起こっているからだ。ただし、下り坂コースを走った場合は姿勢が良くても太腿前面の筋肉痛は起こりやすい。
大臀筋、中臀筋などお尻の筋肉、内転筋、ハムストリングが筋肉痛となり、ふくらはぎ、脛、太腿前面は筋肉痛もほとんど無く、疲労も小さければ、良いフォームで走れているということだ。



どうだったかというと、、、


ふくらはぎに筋肉痛が出ました( ̄▽ ̄;)


あーー、蹴ってたかーーー(笑)

じゃああの足首を返す動きは間違いなんだな。
あれをすると加速する感じがあるんで気に入ったけど
蹴ってるから加速してたんだ。
離地してから返してると思ってたんだけどなー。



教科書で確認。
足関節の底屈動作で腓腹筋を使うんだね。
蹴ると言う負荷がかかってなくても35km繰り返したから筋肉痛が出ただけかも?



うーん、継続研究。



でも嬉しいことに脛も大腿四頭筋にも筋肉痛なしです!
ハムストに少しと、腹筋に少し。
全身疲労感もほぼなくて、過去30km以上走った経験のなかでも一番ダメージが少ないです。

ペースはゆっくりだったけど、LSDってほどゆっくりでもないし(ずっと6分一桁)
うまく重心移動を使って筋肉を使わずに走れていたってことじゃないかな。


ちなみに補給は、走る前はなし(クエン酸だけ)。
20kmくらいでお腹すいたのでオレンジジュース200ml買って飲んだだけです。
脂質代謝で走れてたかな(*^^*)



よし、次は蹴らないであのペースあの楽さになるように意識して走ろう。
2日開ければいいかな?
今日しっかりマッサージや超音波やって、
明後日また20kmくらいのんびり走ってみます。



あー、人体実験面白い(笑)



ブログランキングに参加しております。
いつも応援クリックありがとうございます(^^)

年々体力と回復力の衰えを感じますので
とにかく技術を上げてダメージ少なく省エネで動けるように研究していきますw

今年も人体実験ブログを応援宜しくお願いします(笑)
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ


いつでも見られる場所に置いてあるお気に入りの本です。




各筋肉のトレーニングやケア方法はこっち。


良いフォームで走れてるときの感覚(ジョグ)

今日の感覚を整理しておこうっと。


7kmくらいまで土を敷いてる歩道を走ってたんだけど
どうにもうまく走れず舗装路に出ました。
結構でこぼこしてて、常に足元気にして走る感じだったから
それなら舗装路の方がまだフォームに集中しやすいかなって。


舗装路に出てから一気に良くなった!!
なんだこの感覚??って驚くほど、足のどこにも負荷がない。

軸下着地、というより、着地して離地するまで見事に重心が真上にあるような?

ピッチはかなりゆっくり(183くらい)、
腰が前に出ていて、
脚は前に出さずに下に下ろすだけ。
着地しても膝が沈まず、
胸郭が縮む分ほんのちょっと沈むイメージ。

設置時間は長く、拇指球あたりで接地してから足裏全体が接地、
身体が前に進む分脚が後ろに伸びていき、
地面から勝手に離れるまで敢えて離そうとしない。
離れた後で足裏を後ろに見せる意識にすると加速感あり。
多分一瞬地面を押しているのだと思う。
足首は脱力。

腕を後ろに引くことでお腹(へその上)が前に保たれやすくなる。
前には戻さず(肘が体側より前にでない)拳は前ではなく上に上がる(上げるではなく)。
つまり肘の角度は後ろと前で違う。
それにより前に戻るときに身体が後ろに行こうとする力を抑制することができる。



ジョグなのでこれだけで楽に走れたけど、
もっとペースを上げるなら脚を折り畳み膝を前に持っていき、
身体が脚を追い越すまで膝を伸ばすのを我慢する、
って感じでいけるんだろな、って思いながら走ってました。
って、やるのは難しいんだよなー!(笑)



ずっと同じようには走れてなくて、
あれ?しんどいぞ?と思う時もあった。
その時は、必ず膝の屈伸によって身体が沈んでいた。
それは、体幹が疲れてきて勝手に腰の位置が後ろに下がっているときに起こりやすく、
そうなってからは少し大袈裟なくらいに前につき出すイメージにすれば
そこから先は維持できる感じだった。


うーん、とても実りの多い35kmでした。
たまにレストを入れて良いフォームにリセットしたらよかったかもしれないけど、
落ちてると察知してそこからどうすれば戻せるか?を考えるのも面白かった。
たまに1000mとか続けて泳ぐときの感覚に似てたな。


あ、痛みについて。
脛の張りや痛みは驚くほど出なかった。
ゆっくりだったというのもあるけど、
足首の脱力のお陰だと思った。
今までは常に爪先が上がっていたのだと思う。
踵からついてから足先に体重が乗り込んでいたから
脛の筋肉が着地の度に過剰に収縮していたんだろうな。



よし、走り方は整理できた。
これなら長く走ってもダメージは少ないと思う。
しっかり休養して使った筋肉の張りにも気を配って、
暫くジョグで有酸素持久力を向上させていこう。


スイムとバイクは強いのをやる!


初日の出タイムのついでに
お堀(スイムコース)の状態だけチェックしといた( ̄▽ ̄)
鴨ちゃん達が気持ち良さそうに泳いでましたよ。




あたしも一度泳ぎたいなぁ(笑)

試し泳ぎの機会とかあったら絶対手を挙げよう(^^)



ブログランキングに参加しております。
いつも応援クリックありがとうございます(^^)

実家でやることもないので、
(みんな雑煮とお節の後の二度寝タイムw)
元旦らしい華やかな記事をみっちり書いてみましたwww

地味wwそして完全自分用www

2018年もこんな感じで宜しくお願いします(笑)
応援もポチっと♡
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

煩悩スイムをやる意味

昨日煩悩スイムで5400m泳いで、最後には背中がバッキバキに(^^;

午後もずっと重だるい感じでしたが、一日寝て起きたらだいぶマシです。
ずっと動かし続けた時間が長いから筋疲労は起こったけど、
負荷自体が低いからそんなに残りませんね。
「強いチューブを5分引き続けた」って方が残るんだろうと思います。

もしくは「バタフライ200m」(笑)

なので、ハルさんの言うように、筋トレしなくてもバタフライしてれば強い負荷はかけられると思います。
1ストローク=1REPの筋トレ。

でもバタフライで負荷をかけられるほど上手にバタフライができないし、
動作をしながらの筋トレは「負荷を逃がしやすい」んですよね~(^^;
つまり狙った筋肉に効きにくい。
なので、よりダイレクトに広背筋に効かせたいならラットプルダウンマシンを使うか、
強いチューブを正しいフォームで引くことだと思います。


50mを108本泳いで、いろんなことが分かりました。
今年の煩悩スイムは今までやってきた中で一番発見が多かったです。
1分サークルというサークルタイムがよかったのと、
10本ごとに1分~2分というセットレストもよかった。

これが、以前やったように55秒サークルにしたらただの作業になっただろうし、
1分10秒だったら休み過ぎて負荷がかかる時間が短くなりすぎた。
セットレストがなかったら後半は技術に意識をやることが難しかった。

なので、もしこれからやろうという方がいらしたら、
・メインレースの距離のレースペース+10秒くらいのサークルで
・10本1セット
・セットレスト1分(後半は2分)
というメニューがいいと思います。
これならイベントじゃなくても自分一人でもできますしね。
数えんのしんどいけどwまあ10秒レストあったらカウンターは押せるんちゃうかな?

blog_598aee5d36bfa2880e5657b6be427fe3.jpg
出展:http://www.sportsoasis.co.jp/blog/27/201401/07.html


50本~70本目くらいから落ち始めるので、その原因を泳ぎながら探る。
そして修正する。
それが煩悩スイムをやる意味、というかやるとしたらそこを目的にすればいいんじゃないか、と思います。
レースペースの1500mとかやっても発見はできるんですけど、
レスト入れないとなかなか修正できないんですよね。

私の場合は、70本くらいから明らかに落ちたんですが(48秒→50秒)、
・顔が前を向き始めて呼吸で頭が上がっていた→上がらないように向きを修正
・キャッチができずグライドの手がすぐ落ちていた
→リカバリーの手が戻ってくるのをちゃんと待って、しっかりキャッチの手を作ってからかくよう修正
したら、ちゃんと48秒に戻りました。

こういう経験って絶対レースにも生きるので(レース中に同じことを思い出す)
煩悩スイムじゃなくてもレースペース×高回数のインターバルはとても有効だと思います。
普段から50m×40くらいはやろうかな?
時間のある時に76本(3800m、五島のスイム距離)何回かできれば自信になるね。


なお、これをランにしてるのがNSIでやってるモンスターランですよね。
((800mレースペース+jog)×42本)
一度も参加したことないんですけど、これ一人でやってみようかな~。

できるとしたら元旦かな。実家帰ったら大阪城公園がすぐなんで。
ロングのランパートの目標レースペース(6’00)で800m(4'48)+歩きかジョグ10秒を42本はどうだろう?
5分×42で210分、3.5時間か。よさそう(^^)
初日の出見た後からスタートだとお雑煮に間に合わないんで5時スタートかな~。

誰か一緒にやる?(*^-^*)



ブログランキングに参加しております。
いつも応援クリックありがとうございます(^^)

バイクだと堺浜一周5㎞+レスト、で36周(180㎞)かなwww
絶対やりたくないwwww

煩悩まみれのオカンをどうぞ応援してください♡
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ



憧れが目標になるとき

※お知らせ※
研究室更新しました。
昔のブログ振り返りシリーズ、初ロングに挑戦するくだり。


トライアスロンデビューの年にもうロングに申し込んだ!(オカンブログまとめその8)


いつロングをやると決めたんだったかな??と自分でも曖昧だったんですが、
トライアスロンデビューから4ヶ月後でした(笑)はやっ(笑)



トライアスロンやってます、って話題になると、
「何の順番でしたっけ?」
「何を何キロ?」
ってのを必ず聞かれますよね~。

「いろんな距離のレースがあるんですが、
私がメインにしてるのはいわゆる鉄人レースで
スイム3.8km、自転車180km、ラン42.195kmです

「ヒャーΣ(゚∀゚;まず3.8km泳げんわ!!」


ってここまでが会話のお決まりのパターン(笑)
もう慣れた(笑)


ほんと、毎年やってると麻痺してきてしまうけど
とんでもない距離ですよ(;・∀・)

今年は着替えしか止まらず動き続けて12時間半でした。
12時間半動き続けるのがまず凄いよね(笑)


ロング完走、、、トライアスロンをやろうとなってから
なんとなーーく描いてた夢ではあったんです。
40代で成し遂げたい夢の一つ、くらいの位置付け。
毎年トレーニングしてたら5年後くらいに出られるかな?くらいの曖昧な憧れで、
イメージすらできてなかったかな。


でも、ブログ始めて他の人のブログを読むようになってから
じわじわロング熱が高まっていきました。
ブログランキングの上位の人みんなロングだったもの(笑)


いつか成し遂げたい、ような大きな夢だったけど、
申し込んでしまえばもう逃げられないからめちゃくちゃ練習したよ。
毎朝5時に起きたし毎週末30km走やったし毎週末100km乗った。
毎月50時間練習してた。

まあ今は違う方法もあるかなって思うけど、
初の年はそうなるよね(笑)
もちろん体調も崩したし毎日ヘトヘトだったけど、
絶対やるんだって気持ちで宮古島に向かって練習した。

あれ、「いつか出る」って気持ちじゃできなかったもんな。
いつか、じゃなく、何日後の宮古島、って明確なゴールがあったからできた。
コミットメントが明確になって、より行動に落ちた。



続けてきて、目標は更新されているけど、
決意の強さは最初の年が一番強かったかもな。

それくらい、勇気がいった。
でも、勇気を出したから、憧れが目標になったんだからね。



5年前の新鮮な気持ちをちょっと思い出しました。
あの頃のがむしゃらさが今はないな。
守りに入ってるというか、甘えが出てると言うか、
どこに向かえばいいのか見えてないというか、、、、

明確なコミットメントがないんだな。
目標はあるけど、そこへの決意がない。薄い。

これじゃだめだな。
これではきっと目標は達成できない。


気持ちを新たにして、
しっかりと半年後を見据えて、ガツガツしていこう。



そんなことを思わせてくれた、5年前の自分でした。




ブログランキングに参加しております。
いつも応援クリックありがとうございます(^^)

トレーニング以外が忙しくなったときでも
メラメラ燃え続けるためには決意がものを言うね。
これからまた忙しくなるから、年内に決意を固めよう。

半年メラメラするぞ!
どうぞ見守って応援してやってください(^○^)
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ




トレーニング以外のストレス//ストローク図

昨日は夕方ジムに行くつもりで用意も持っていってたし、
今朝はバイクで負荷かける予定の日だったんてすよ。


でも、
どっちもできなかった(._.)



仕事今凄くストレスフルで、、、、


仕事のやり方変えるって大変だね、、、

時速60kmくらいのときの空気抵抗を受けるねw



ストレスは運動すれば忘れられるし、
トレーニングの気持ちよさや楽しさで上書きされるんだけど、
トレーニングに行こう、起きよう、って所を脳にブロックされた(._.)

トレーニングしないで他のことしたって私の場合プラスにならないみたいだ。
強い意思もって絶対行こう。絶対起きよう。



これだけじゃなんなので( ̄▽ ̄;)



昨日書いたストロークの時計の件、
わっかりにくいなーと思って、絵に書いた。




ら、全然分かりやすくならなかったけど(下手すぎるw)

せっかく書いたので載せる(笑)



あくまでも、私が泳ぎやすいと思うやり方なので、
パワーがある人には効率的ではないかもしれないということを
前置きしておきます。



左手3時で、右のリカバリーが2時まで来るのを待つ。



ここで、右入水と同じに左の力を入れたいんだけど、
3時からスタートすると下向きの力が働いて
凄くパワーを使う。

浮力を生むからボディポジションを高くする効果はあるんだけど、
私の場合それだとプッシュまで力が持たなかった。
浮力が足も沈めてデメリットしかなかった。


ので、絵みたいにまず、力まずハイエルボーを作っちゃう。
ここが4.5時。
時間にして0.5秒とかの動き。



で、そこから後ろに向けて最大の力をかける。
右手入水の勢いで体重もかけやすくなる。




という感じです。
パワーがない人だけじゃなく、上手く水をとらえられてない人にもいいかんもしんない。
3時からプッシュまでのストロークスピードがずっと同じって人は水を逃がしてるので、
この、一旦ハイエルボーの形を作って手のひらを後ろに向ける、って
一呼吸を置いてみたら推進力を感じられるかも?


少なくとも、楽にはなるよ。
下向きの力がなくなるから。

ボディポジション下がって呼吸しにくくなるかもしれないので、
呼吸は口から出す(アゴアイーン!)を意識で。


まあ試してみてください(о´∀`о)




ブログランキングに参加しております。
いつも応援クリックありがとうございます。

さあ、頑張って仕事行きます。
結果出していい気分で夕方のスイム行きたいな(^^)

応援頂けると励みになります!
↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

「競技力」アップだけでタイムは縮む




朝起きたら、声が出なくなってました><;;

叫び続けたからな・・・

周りが引くほどに、大声で・・・(笑)


「がんばれー!ラスト5㎞ー!」
「最後の力を振り絞れー!」
「ねばれねばれー!」
「いけるいける!最後までいけるよー!!」

的な、全員に呼びかける応援を叫びながら、


「なすびー!なすびー!(なすびの着ぐるみに)」
「マリオー!Bダッシュー!(マリオコスプレに)」
「シャアー!3倍で走れー!(シャアのコスプレに)」
「スーツー!!汗だくやんかー!!(スーツの人に)」

ってコスプレいじりも欠かさずw


最後の方は名前入りゼッケンを読み取って名前を叫んだりしてました。



いやあ、応援楽しいな(笑)
かけた声に反応してくれたりするとほんと楽しいね。

余裕ない時って全く反応できなかったりするけど、
できるだけ会釈だけでもしようっと(^^)




昨日走ったみなさん、ほんとお疲れ様でした!
数日は休んで下さいね(^^)




研究室、ブログ振り返りシリーズの第6回をアップしました。
2012年7月、ショート(オリンピックディスタンス)のトライアスロンデビュー編です。

ショートトライアスロンデビュー戦、打ち砕かれる皮算用(オカンブログまとめ6) | オカンアスリートの研究室

DSC_1990_20171127162448038.jpg

懐かしい~(^^)おたおたしてて初々しい~~~(笑)



この、トライアスロンを始めた頃の各種目のパフォーマンスがね~

実は今とそう変わらないの!!!(笑)


スイムだけはほとんど練習してなかったから遅いですけど、
バイクは女子にしては速い方で、もう今と変わらない速度で走ってますし、
ランはこの頃の方が速いですね(笑)


トライアスロン5年やって、速くなったのはスイムだけです。
ほんとに!
練習量も減ってるし、練習強度も下がってる。



でも、「競技力」がめちゃくちゃ上がってるんです。

具体的には、ペーシング(ペース配分)のスキル、
補給物や補給タイミングの計画と実行のスキル、
レース前にシミュレーションしてトラブルを未然に潰すスキル、
状況に応じて運動強度や身体の動かし方をコントロールするスキル、
などなど、です。
物の選択、練習場所や練習内容の選択や組み合わせ、なども含みます。


ショートではこれらの貢献度はそう高くないですけど、
ロングレースにおいてはこれらのスキルが非常に重要で
タイムに直結すると思います。

なので、前年の失敗を潰しただけでタイムが縮んで順位も上がってるんですよね。



なので、今年よりもっと速くなりたい、タイムを縮めたいって思っているロングの選手には
まずは潰せる失敗がないかを確認した方がいいですよ、ってお勧めしたいです。
特に、補給とペーシングですね。



・・・私は今年ほとんど失敗を潰してしまったので、
来年どうしようか困ってるんですけどね(^^;
いよいよパフォーマンスを上げないとタイムが縮まらなくなってきますからw

まあそれも、先に技術ですね(^^)




ブログランキングに参加しております。
いつも応援のクリックありがとうございます^^

これからどんどん回復力が落ちていくから、
トレーニングよりも睡眠やケアに時間を使わないといけなくなってきます。
それでもパフォーマンスを維持できるように、
これからはもっともっと考えて練習していかないと。

2018年シーズンは、もう始まってます^^
どうぞこれからも応援宜しくお願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

体力を維持するための最低限の運動量とは

2018シーズンのプランニングをするためにTrainingPeaksをいじっているのですが
ちょっと面白いことが分かったのでネタにします。
TrainingPeaksと数字の話ばっかりなので、興味ない方はスルーしてください^^;
もしくは太字のとこだけ読んで下さいw


TrainingPeaks(有料版)を使うとATP(Annual Training Plan)という年間のトレーニング計画が作成できます。
①スタートと終了の日を決めて、
②目標レースとその優先度を入力して、
③トレーニング計画の基準を決めて(週時間か週TSSか最終CTL目標か)
④作成
とすると、自動的に各週の推奨トレーニング量(時間かTSS)が計算されてきます。
超便利www

基本的にはこの自動的に作成されるプランでいいのですが、
これがいわゆる「古典的ピリオダイゼーション」に沿ったプランになっているので、
もし「リバースピリオダイゼーション」に沿ったトレーニングプランを求めているならこれは使えません。
手動で毎週のトレーニング量を設定していく必要があります。

これはTrainingPeaksは改善、というか進化させて欲しいなあ。意見送ってみようっと。
(日本語で書いてGoogle翻訳先生に頼むけどww)


で、私は2018シーズンは一回リバースピリオダイゼーションでやってみようと思ってて、
TrainingPeaksブログを参考にしてこんな風に考えてます。

準備期:6週
 基礎体力の構築、筋力アップ、運動機能改善

スピード&パワー期:10週(3週・3週・4週)
 バイクFTP向上、ラン耐久性構築、スイム技術改善

体力向上期:8週(4週・4週)
 ランとスイムの持久力向上、バイクの持久力強化

レース準備期:6週(3週・3週)
 レースペースに慣れる、コースプロフィールに応じた練習
 テーパリング、レース


で、これに従って作って行こうとして、まず準備期を作ってたのね。
準備期はたいして有酸素運動しないし、
「えーっと、スイムが1回40TSSで3回、ランはしない、バイクが週3回1時間でそれぞれ40TSSくらいかな~」
って考えて、週TSSを250と見積もったワケ。
んで、入れて行ったら、

毎週毎週体力値が落ち続けるわけよwwwww
(スタート体力値(CTL)は60)

2018ATP01.png


ああ、そうなんだ、今の体力値を維持するには、
週3回のスイムと週3回の軽いバイク1時間じゃ全然足りない
んだwwww

ってことが分かりました(笑)

ここにランが2回入ってくるだけで違うんですけどね~。ランはTSS高いから。


準備期終了時点で体力値が45になっちゃうと、レースまでに目標の体力値に上げられないので、
準備期ももうちょっと有酸素トレーニングもせなあかんな、と思いました。
まあ目的の一つに「基礎体力の構築」って入ってるしな^^;
スイム3回バイク3回では基礎体力つかんらしいw


ランはしないと決めたので、スイムとバイクで体力を付けるしかない。
現実的なところでは、
・スイム週4回(40TSS*4で160TSS)
・バイク週5回(平日1時間40-50TSS*3、休日2時間100TSS*2で320TSS)
で週480TSS
ってとこかな。

すると、

毎週CTLが1ずつ上がる予定になりましたwたった1か!!(笑)

2018ATP02.jpg


ええええ、平日2日休みであとの3日2部連の計2時間、
土日2時間ずつの週運動時間10時間でたった1しか体力値あがんないのwww

これが平日2回休日1回でもランに変われば違うのよ~。
同じ1時間やってもバイクの倍の80TSSくらい稼げてしまうので、
週10時間で650TSSくらいになって体力値ガンガン上がっちゃう。

ランってほんとに体力値向上に絶大な効果があったんだなwww

まあ、それだけ身体のダメージも大きいってことなんだね~。


ま、ランはやらんと決めたので、それならバイクのTSSを上げるようにするしかない。やる時間を増やすか、強度を上げるか。
少なくともイージーライド毎日1時間では全く今の体力は維持できんってことは分かりました(^^;
甘かったw
乗る時は少なくともちょいハアハアする強度で乗るようにしようと思いましたw



ブログランキングに参加しております。
いつも応援クリック有難うございます。

いや~面白いなあ(^^)
こういうの、以前はめちゃくちゃ時間かけて考えてたんだけど、
TrainingPeaks導入してから、数字いじりながら考えられてとっても楽です。
1年使ってるからどこまでの数字に上げるかも分かってるしね。
ほんとお勧めのツールです。

数字がお嫌いでなければぜひ~♪
TrainingPeaksの初期設定解説

なんか良く分からんけど楽しそうでいいね、ってポチって行って下さると嬉しいです(笑)
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

ルールブック、読んだことありますか?

研究室のブログで書いている過去の振り返りシリーズ、
昨日その5をアップしました。

トライアスロンを始める時に用意するもの・こと(オカンブログまとめ5) | オカンアスリートの研究室

ついに!
ついにトライアスロンを始めまして!(笑)
ついに!
ついにブログ(ここw)を始めましたよ!!(笑)

やっと追い付いた(笑)

いや、まだ5年前なんだけど(笑)


だいたい3ヶ月で1話として4回で1年でしょ。
あと20回か、、、週1アップで5ヶ月?
さすがにそこまではいいか(笑)まあ3年分くらいは振り返ってみよう(笑)


そもそもなんでこんなことをやり始めたかなんですが、

最近はいろんなことを知ってること前提の記事になってて
私が主に読んで欲しいなって思っている方たちに遠い内容も多いから
昔の日記を洗い出して今目線でまとめたりコメントしたりしようと思ったのです。

もちろん、自分にとっても気付きがあるし。



で、今回はトライアスロンをやろうかなって思い立ってから、
実際にスプリントデビューするまでなんですが、

まー、アマイアマイ、考えも姿勢も。
読んでて恥ずかしかった。
なんだこいつは、と( ̄▽ ̄;)

スイム750m、バイク20km、ラン5kmって距離が
自分にとって何でもないもんだから
ここに対しての練習もあんまりしてないし、
体調不良のまま出るし。

こんな後輩おったら、舐めとんかって言う(笑)



ただね、ここは今だから分かるなってことなんだけど、
そもそもルールを知らないの、この初心者。
ルールってものがあるのを知らない。
ドラフティングって行為がダメってことは知ってるんだけどね。




なんらかのスポーツをしてたら、必ずルールってあるでしょ。
野球だったらそもそも人数とかストライクゾーンとかアウトカウントとか。

私子供の頃からあんまりスポーツの経験自体がなくて
ちゃんと大会に出たのってマラソンが初めてなんだけど
マラソンってルール少ないじゃない。
号砲が鳴ってからスタートするとか、決められたコースを走るとか
途中車に乗っちゃだめよとか、常識的なことしかない。

だから、トライアスロンもその延長って思ってたんだろね。
ルールがあるって思い付かなかった。


実際には物凄く細かいルールがあります。
タイムトライアルだからとにかく公平性を維持するために
たっくさんの禁止行為があります。

ウェットスーツひとつにしても細かいよ!
あたし今年まで着てたウェット、実はアウトだったと思う。
セパレートで上下重なるとこも重なって5mm超えたらいけないんだって。
絶対超えてたわ( ̄▽ ̄;)

エリートじゃなくエイジだからそんなに厳密にしなくても、って
考えもあるかもしれないけど、
有利な条件でタイムトライアルやって勝っても、それは公平じゃないんだから勝ちじゃないでしょ。
ルールの範囲内で工夫するのは知恵だけど、
ルール超えて楽にしたり速くしたりってのはズルでしょ。

ズルしてタイム縮めて楽しいか、って自分に問うよね。

楽しくない(笑)
身体にビッタリのウェア、恥ずかしいけど着たら速いから着る。速いもん!
でもドラフティングはしない。ズルだから。


んじゃまず、ルールブック読まないと、
何が工夫で何がズルか分からんよね。
隅々まで読んでないなー!って気づいたのが

つい最近(///∇///)スイマセン


読もう(笑)
今週読もう、みんな(笑)

リンク貼っとくから、ポチッと押す!
ダウンロードする!読む!

JTUホームページ
サイドメニューから「競技規則・運営・審判」→JTU競技規則<2006年2月改定>[PDF]
http://www.jtu.or.jp/marshal/pdf/jtu_competition_rules_2006.pdf


読みやすい文章ではないしスゲー長いんだけど、
絶対発見あるよ!
そうだったんだ!!!って思うことあるよ!(笑)

トライアスロンやってるって言うなら、
まずはルールを知っきましょうぜい(^^)♪


ブログランキングに参加しております。
いつも応援クリック有難うございます(^^)

これ(競技規則)をネタにひと連載書けそうなくらいなんだけど
さすがに公式なものなので私の手を入れず読んで頂いた方がいいですね(^^;
皆さま今シーズンオフに是非読破しといてくださいませ~。

ついにトライアスロンとブログを始めた5年前におかんに
応援クリック宜しくお願いします(^^)

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

センサーが壊れていた

昨日告白アップして、さっそくFBで八田さんから示唆のお言葉。



テンプレ通りの故障パターンだ、と。
そのセンサーを鈍らせたものはなにか?
問いなさいと。



センサーが鈍っている。その通りだなと思った。

長年故障はしてこなかった。体調不良はあっても。
痛かったら休んだから。
痛みがでない他の2種目に切り替えて痛い部分を休めたから。
だから痛みが強くならないうちに治った。


なのに今はどうだ。
痛みが出ても、それでもランに固執している。
せっかく4本ローラーを借りてるのに乗ろうともしない。
ワクワクしてバイクばっかり乗ってもおかしくないのに。



カナダが終わるまで、ランは週3回だった。
終わってから、バイクはほぼゼロに、ランを5回にした。
だって次の大会、ランだもの。


週の運動時間、12時間から7時間に。
常にサボってる感覚が気持ち悪い。

ランは3.5時間から5.5時間に。
月間走行距離になおすと、130kmから230kmになったくらい。
でも常にサボってる感覚。



ランの頻度が上がってるからか、スキルは上がってペースが上がった。
ストライドも自然に走って1mを越える。

着地衝撃からか、地面を蹴っているのか、
走る度に脛が痛むようになった。

でもバイクに切り替えない。
もうこの時点でセンサーが鈍ってる。

ランのパフォーマンスが上がって、マラソンでいいタイムが出そうだぞってことの方が
自分のなかで上に来た。


ジョグはほとんどしてない。
常にレースペース以上。
「レースペースに拘る」に拘った。



気づけば、痛みは無視できないレベルにまで増大してた。



ああ、センサーが壊れてたな。
振り返れば分かる。



せっかくトライアスロンやってたくさん学んだのに、
ランナーに戻ってセンサーが壊れた。
タイムを出したい、にとりつかれた。




目が覚めた。


治そう。



一番大事なものはなに?
故障しないで長くトライアスロンを楽しむこと。

来年はまた一段とステップアップしたい。
スタート前から故障してる場合じゃない。


治すことに専念します。
大阪マラソンは、痛みが消失してたら出ますが、
だめなら回避します。



さあ、バイクに乗ろう!!!
イシバシブロトコルやるんだい!




八田さん、ありがとう。
中央公論掲載おめでとうございます!


八田さんはいつもこうして回答に導いてくれます。

八田さんの著書、「覚醒せよ、わが身体。」には
このセンサーを磨くことの重要さも書いてあります。

何度も読んだのに、思い出せなかった、、、あたしバカだなぁ(*´-`)
あと100回くらい読みます(^_^ゞ


学ぶべきトレーニング哲学が満載の本です。
シーズン前のトライアスリートはもちろん、
パフォーマンスが頭打ちになってるランナーさんやローディさんにもお勧めです。
現状を打破するヒントがたくさん書いてあります。
それは、競技が何であるかに限りません。
自分の競技に読み替えて取り入れることができると思います。


Amazon、在庫復活!



本日の20kmラン、やめます。
その分バイクに。



そして、午後から脚を診てもらいに行ってきます。



ご心配かけすみません。見守ってやってください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ