2012年12月29日の記事 (1/1)

最後に会えてよかった

かねてよりガン闘病中であった実父が、今朝亡くなりました。


幼少の頃に両親が離婚し、30年以上離れて暮らしておりました。

今年の夏にガン発症の知らせを受け、数年ぶりに熊本へ顔を見に行きましたところ、
痩せてはいましたがしっかりとした姿に安心しておりましたので

まさか、との思いです。

無念です。

あれほど元気に笑っていたのに。

まだ死なんよ、と、笑っていたのに。

まだ死なんよ、と。



お葬式は大晦日です。

飛行機はもう席がありませんでした。
新幹線がかろうじて取れましたので、始発で熊本へ行ってきます。
母と兄は仕事がありますので、1人で。



今年の夏、会いに行っていてよかった。
最後に会えて、笑顔が見られた。
孫を見せられた。

しばらくは、思い出して涙が流れるでしょうが、
会いに行ってなければ、顔を思い出すこともできなかったでしょう。



数日バタバタしますので、年内はこれが最後の更新となるかもしれません。

1年の締めくくりをしたかったのですが、また来年、新たな気持ちで始めます。



今年はこのブログを始めて、たくさんの感動や喜びに出会えました。
ご訪問下さった皆様に厚く御礼申し上げます。

来年もまた、拙い文章にお付き合い下されば幸いに存じます。
引き続き叱咤激励下さいますよう、宜しくお願い致します。


皆様、どうぞよいお年を。


るみオカン