2013年03月11日の記事 (1/1)

ロングジョンかフルスーツか

昨日のロングライドの疲れもほぼありません。
トレーニング中や直後にアミノ酸、クエン酸、糖、たんぱく質をちゃんと摂っているのが
絶対に効いている気がします。
あと、昨日は筋肉痛が出るような重さで回してないってのもあるかな。

宮古島トライアスロンまであと40日。
故障に気をつけて、回復に気を配って、できるだけ慎重にいかなくちゃ~。



そうそう、この週末に、注文してた宮古島用の鞄が届いたんですが、

それを見た旦那が、

「おお、いいやーん。準備、お母さん楽しそうやな~。
 俺は行かへんけど、なんか俺も楽しみやわ(^-^)」

って言ってくれたんですよ。

なんか嬉しくてねえ。
長時間の練習に出かけたりで迷惑かけてるのに
こうして心から応援してくれる気持ちが、嬉しいなあって。
「お前ばっかり遊んで」とか全然言わないの。

今後旦那が何かに挑戦する時は、あたしも絶対気持ちよく応援しようって思った瞬間でした。

毎度毎度のろけてすいません(笑)



さて、宮古島まであと40日。トレオフの日もダラダラ過ごさず準備を進めないと。
今日は「ウェットスーツはロングジョン(袖なし)かフルスーツ(長袖)か」を調べました。

いろんなサイトの情報をまとめると、

・水温が低ければ(20℃以下)、何よりも保温を優先してフルスーツにすべき。
・水温が高ければ(25℃以上)、フルスーツでは脱水の危険があるためロングジョンにすべき。

4月半ばの宮古島の水温はだいたい22~25℃とのことなので
水温だけで見れば「どちらでもいい」ということになりそうです。


泳ぎに対する影響は、

<フルスーツのメリット>
・浮力が高まるので、身体が沈みがちな人は泳ぎやすくなる。
・腕がウェットの分太くなり水を多く捕らえられるようになるので、速く泳げる。
・ヘッドアップが楽に出来る
・リカバリーが楽になる
<フルスーツのデメリット>
・肩が窮屈になり腕が回しにくくなる(ウェットの性能により差)
・水を多く捕らえる分、腕の力が必要
・入水角度によっては抵抗が増え泳ぎにくくなる

<ロングジョンのメリット>
・腕回し、肩回しが楽で自然
<ロングジョンのデメリット>
・浮力が小さい

つまり、フルスーツは「速く泳げるけど力がいる」ってことでしょうか?

「初心者には腕が回しやすいロングジョン」
「初心者には浮力が高いフルスーツ」
どっちの意見もあり迷うところですが

普段泳いでいる感じだと、2000m以降の腕のだるさが気になるし
速く泳ぐよりは体力を消耗しない方をとりたいので、
水温が予想外に下がることがなければロングジョンを選択しようと思います。

こちらのサイト
1500mを30分で泳げる人なら、ウェットスーツで2~3分速くなる、なんて
胸躍る記述があったけど・・・

去年の夏の舞洲、
プールで1500m32分で泳げてたのに、本番39分かかってるしなー(笑)

まああの頃よりは少しは上手になってると思うので、
少しはウエットスーツの恩恵を得られるかな?

そろそろ押入れから出して、穴がないかとかチェックしとこうと思います。


ブログランキングに参加しています♪
応援のぽちぽち、宜しくお願いします(^-^)
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ