2013年07月09日の記事 (1/1)

暑い時期の給水について

今日も8時間寝てやったわwww

4時に目が覚めたけど、躊躇なく二度寝ねw

さすがにちょっと身体は楽になってきたかな(^-^)
ご飯もしっかり食べてるしね。


早くバイクのポジションを確認しないとまずい(サドル変えたから)んだけど
まだ坐骨に若干痛みがあるのでもう2日我慢します。

うちのブログは「SELLE SMP」で検索して来る方が後を絶たないんですが
FORMAはレーパンなしではさすがに硬すぎるかな~~(>_<)


これからもショートのレースではパッドの薄いウェアを着ると思うので、
レースによってサドルを変えることになりますな(´_`)

は~、ガチガチのカーボンサドルに水着で乗れる人もいるっていうのに、
あたしの尻が重いのか!そうなのか!(笑)
出産で広がった骨盤が軟弱なのかもしれぬ。。。

ま、SMP買うときに使い分けるつもりで買ったんだけど、
セッティングが面倒なもんで(SMPはシートポストの高さも変えないといけない)
ついつい変えるの嫌になっちゃってたのだよね(笑)
当初予定通り使い分けますデス。

--------------------------------------

さてタイトルの件。

先々週の30km走、先週の20km走(19kmになったけど)、
給水がうまくいかなくて、どうしたらええもんかと頭を抱えています。

このままでは丹後も絶対うまくいかない気がするよう・・・。

こりゃいかんと、もう一回ちゃんと調べておきました。


<飲む物について>

○運動前はアイソトニック飲料、運動中はハイポトニック飲料。

・一般のスポーツドリンク(ポカリやアクエリ)はアイソトニック飲料。
 適正濃度になるまで水で薄めないと、
 吸収が悪くどんどんお腹がちゃぽちゃぽしてくる。

・コンビニで入手できるハイポトニック飲料はあまりない。
 (大塚製薬OS-1、アサヒH2O、ポカリスエットイオンウォーター、
  VAAMウォーター、アミノバイタルウォーター、キリンラブスポーツ)

 ※アクエリアスZEROがハイポトニック飲料だという情報があるけど
  エビデンスに欠けるので参考程度にしといて下さい。

・アイソトニック飲料からハイポトニック飲料を作るには
 スポーツドリンク1に対して水2の分量。

○冷やしたものは体温を下げる効果があるが、胃腸の消化能力を弱める。
 できれば常温が望ましい。(でも冷たいの飲みたいよねーー!!><)


うーん、難しいですね。家から持っていく1本はいいけど、
2本目からはスポドリと水の2本買って持って走るってこと?(^^;

グリコの「クエン酸&BCAA」パウダーはハイポトニックなんで
持って走って水買って溶かせばいいんだけど・・・高いんだよね><
まあグリコCCDがいっぱい残ってるから、しばらくあれ持って走ろう。



<飲む量について>

発汗量と同程度発汗量の50%~80%を、こまめに、早めに摂取するのが望ましい。

・体重の2%を超える脱水によりパフォーマンスは48%低下する。
 (50kgだと1リットル)


 訂正。3%以上でパフォーマンス低下が見られるそうです。
 なので、運動(練習・レース)終了時の体重減少が2%~3%以内に収まるのが望ましいとのこと


・個人差が大きいが、一般的に暑い時期にジョギングした場合の発汗量は
 1時間で1リットルから1.5リットル。

・胃腸で消化できる量は、10分間に200ml程度。

えー、この前の「帰ってきたら2kg減ってた」状態は最悪じゃん!!
そりゃまともに走れんわ!!!(笑)

3kmおきに1口、じゃ全然足らないね。
そりゃそうだ、冬と同じ感覚でおったらあかんわ。

「2km毎にペットボトル3分の1」くらいか。結構な量だな~(-_-;
まあでも、前半からその量飲むことで後半も走れるんだろな。
よし、次試してみよう!


あと、10km1時間でも十分脱水に陥る可能性があるから
ロングじゃなくても絶対にボトルポーチか小銭を持って走るべし、やなぁ。
体内の水分量が少なくなる
 =血液やリンパの流れが悪くなる
 =乳酸が流れず回復が遅れる。
やもんね。


よし、とりあえず飲む物と飲む量を改善して、
なんとかまともに走れるように頑張ります!
また報告しますね~。


ブログランキングに参加しております!
ブログ応援のクリックして頂けると嬉しいです(^-^)
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ