2013年07月22日の記事 (1/1)

2013舞洲トライアスロン反省文

コメントのお返事が後になって申し訳ありません(>人<;)
忘れないうちに書き上げたい。


今回ひどいレースをしてしまったのですが、
間違いなくあれ以上は無理だったと思うのです。
日が経つと、まだやれたのに心が弱かった、と思ってしまうのですが、
心もだけど身体がまず弱かった。


スイムは頑張れて、100%やりきれたと思います。
でもバイクは全く足が動かず、全く頑張れませんでした。
暑さで集中力に欠き、落車とチェーン落ちを招きました。
ランに至ってはフラフラでした。何度も歩きました。

暑さのせいもあるでしょうが、それはみな条件が同じ。
何百人と抜かれたのですから、私が人一倍弱かったのです。


大口叩いて撃沈するのは何回目なんだか…。
えらそうにウンチク並べて、実践できない自分が情けない。
今日だけでも何人もの人に声をかけてもらいました。
いつもブログ読んでますと。
嬉しかったけど不甲斐ない結果だったので情けなかった。
今日は笑顔が少なかったです。本当にすみませんでした。

--------------------------------------------------------------
ではレポです。レポはあんまり凹まず書きます(笑)

旦那と息子にも早起きしてもらい舞洲へ。40分で到着。
自走だったら2時間コースだった…。ほんと助かりました。

7:20にバイクを置きに行くと、もう半分くらいはかかってました。
DSC_0053.jpg

10:05のスタートですが、トランジットエリア閉鎖が8:20なので
着替えより先にトランジション準備をします。

DSC_0052.jpg
うーん、もうちょい前においてもよかったな。。。


セッティング完了して着替え。
今年もやっぱり更衣テントに男女の別は書いてませんでした(笑)
誰か入って来ないかヒヤヒヤしながら下半身裸になりましたとも(笑)

日射しはもうギラギラで、着ていたTシャツがじっとり。
こんな中走るんか…………((((-_-))))


でも木陰はとっても涼しくて快適。
レジャーシートを敷いて、持ってきたストレッチポールで肩甲骨のストレッチ。
レースのイメージをしながら過ごしました。
スタート前の水分とジェルをしっかり摂りながら。



そうこうしているうちにエリートのスタート。
ちょっと見学へ。
DSC_0064_20130722004750.jpg

カッコいい………なんてカッコいいのだ。
トライアスリート、って体型ばかり。
ああなりたい。脂肪が10kgほど邪魔だわ。。。


ついでにエリートのトランジットを見物に。

ヘルメットの置き方、サングラスの置き方、参考になる。
DSC_0061.jpg

スプリントだから20kmなんだけど、ボトルはみな2本でした。
必ず保冷タイプでした。


シューズは100%ペダルについてましたね。
輪ゴムで止まってました。
DSC_0059_20130722004753.jpg


バイク乗車も見ましたが、到底真似できんと思いました(笑)

---------------------------------------

【スイムパート】
9:45、スタート地点に移動します。
アンクルバンドを受け取って、ちゃんとウェットの下に巻きました。

もう日射しが凄い。痛い。

アップで入水していいとのことだったので、5分ほど入水。
水は物凄く濁っていて、かろうじて自分の手が見えるかどうかというとこ。
前の人がどれくらい近くにいるか、全く分からんな。。。


10:05、第一ウェーブスタート。
第三ウェーブの先頭から出たかったので、第二ウェーブの人のすぐ後に入水。
第二ウェーブの真後ろで浮いて待つ。

第二ウェーブスタートと同時に位置どり。
うまく右寄り先頭を取れました。


10:09、カウントダウンなど何もないままスタートホーン。アワアワとスタート。
そうか、時計を持ってないとやっぱり気持ち悪いな。
ウェットの脱ぎやすさが全然違うけど、やっぱり時計はしておくべきだわ。。。

第三ウェーブは、50代以上男子、女子全員、リレー。
リレーや男子の速い人がまず飛び出すけど、無理にはついて行かない。
位置どりがよかったのか、ほぼバトルなしで最初の350mを泳げた。


ところが最初のブイでもう黄色キャップ(第二ウェーブ)に追いついてしまい、
ブイ周辺がかなりの混雑。
平泳ぎで回る人も多く、突然飛んでくる手や足にビビりながらも、
うまくかわせたと思う。

帰りの350mもさほど苦しくなく、蛇行もせずに進めた。
黄色だけじゃなく、赤キャップ(第一ウェーブ)も見えたので、
これはかなり速いぞ、と思った。30分目標、いけるかも。


2周目、さすがにフルスーツなので腕がだるくなってきた。
入水角度を変えて入水の抵抗を少なくするようにした。
そのせいか、ひとかきで進む距離は落ちたように思った。

この350mは相当流された自信がある(笑)
顔を上げたら左を向いてて焦って戻すこと数回。
ヘッドアップを頻繁にするが、それでも流される。
周りに人も多かったので、かなり体力を消耗してしまった。


でも最後の350mが一番辛かった。
かなり大きな波がきて、ちっとも前に進まない。
去年もこうだったなあ(笑)なんで2周目だけ波があるのかな?
救助ボートの波なんだろうか??

波に加えて、同じ人(だと思う)に3回も足首を掴まれた。
明らかにわざと。なんでそんなことするんだろう??
理解できない。


最後のブイが見えたらつい早く上がりたくて頑張ってしまった。
これが今日の敗因の一つ。

陸に上がってもすぐには走れず、ウェットを脱ぎながら歩いて進んだ。


【トランジット1 (スイム→バイク)】
迷わずバイクに到着。まだ結構かかってるぞ!!速い!

すぐにヘルメットを被るが、うまく被れない。
どうやら髪を縛っている位置が高すぎてヘルメットが当たっているらしい。
ぐいっと髪を引っ張って被り直す。

給水ボトルを取って飲むも、お湯になっている。
飲まないよりはマシと流し込む。

ウェットの下は今回はうまく脱げた。足で踏む、がポイントだわー。
シューズも補給もまあスムーズだったので、及第点かと。

バイクを降ろしてスタートラインへ走る。


【バイクパート】
乗車してすぐ、ちょっとした坂になっている。
そこですでに「アレ?」と思った。足が物凄く重い。
軽いギアなのに、重い。

スイムでキックし過ぎたか!?


一周目の橋の登り、さっそく内転筋が攣る!!!!
あああああああああ(>_<)

慌ててインナーに落とすが、全く回す力が湧いてこない。

しまった!!!スイム頑張りすぎた!!!!!

時すでに遅し。ものすごい勢いでたくさんのバイクに抜かれて行く。


なんとか頂点にまで上がったが、動揺していたようで
前の人の進路変更に対応できずタイヤが接触。
バイクが大きく左に傾いた。

倒れる!!!と思った瞬間に左足が外れたので完全に落車せずに済んだが、
ガードレールに肩を打ちつけた。
痛かったけど、左で良かった。。。右だったら後ろを巻き込んでたわ。。。


気を取り直して下って直線へ。・・・・進めない。全然進まない。
いつものギアと回転数が全然踏めない。どうしたことか。
さっきの衝撃でブレーキでも接触しているのかと思ったけど触れてない。
単に身体の問題らしい。
まだ一周目なのに。登りどころか平地もだめなのか。


Uターンは去年よりはうまくなった。怖くなくなった。
でも練習したように再加速ができない。1周目で既に脚が動かない。


もう頭が真っ白でした。


2周目の登り、もう攣りたくないのでさっさとインナーに落とす。
ところが、頂点でアウターに戻そうとした時、
押し込みが足らずチェーンが落ちてしまった!!

後ろを確認して降車。いそいでチェーンをはめる。
まさか2周連続で降車とは・・・。

でも降車のストップタイムが気にならないほど、走っているスピードが遅い(苦笑)
ちょっと向かい風なだけで25km/hくらいに落ち、
追い風でも30km/h程度。


頭の中ぐるぐる。
何がいけなかった?何のせい?
スイムのせいだけではないのだろうな。
調整不足?練習不足?どっちもか。
夏の疲れを甘くみるなということか。
冬と同じ調整ではだめなんだな。


3-4周目、記憶なし。何とか足戻れと祈るばかり。
5-6周目、少しだけペース上がるも、もう一回脚攣り。
7周目、やっと終われる!!!!!
もう後ろにはほとんどいない気がした。
一体何百人抜かれたのか。

なお、足を冷やす用に持っていた水ボトルの水は、
完全にお湯になっていたので役を果たしませんでした(笑)


【トランジション2 バイク→ラン】
バイクをラックにかけてヘルメットを脱ぎサンバイザーに。

シューズはスムーズに履き替えられたものの、
即スタートできる状態ではなかった。完全に身体に熱が籠もっていた。

身体を冷やしたいけれど、手元にあるものは全てお湯。
諦めてスポドリを手に持ってスタートしたが、
温かいスポドリなんて飲む気にはならず、すぐに捨てた。


【ランパート】
ランスタートすぐにエイドが!
止まって大量に水をかける。

なんとここで失態。ガーミンでランのオートストップが切れておらず
勝手にストップされてしまった。
さすがに走りながらは直せないので最後まで止まったり動きだしたり。
なんと爪の甘いことか(>_<)


走り出すもやはり脚が重い。
5'40くらいまでは上がるのだが、目標ペースの5'15には到底上がらず。
まあもうそのペースで走っても3時間は切れないのだけども。

ここでまた誤算が。熱が篭った身体にはそのペースでも速かったようで、
2キロほど走っただけで頭がクラクラした。
エイドではしっかり止まって水を被って飲むものの全然楽にならない。

飲みすぎたら吐き気がくるぞ!と分かっているのに飲むのを我慢できない。
さっそく上り坂で吐き気がきたので、かなりペースを落として走った。


暑い。気持ち悪い。暑い。
死ぬ気で走りたい気持ちはあるのだけど、
歩かないだけで精一杯だった。


2周目に入って最初の登り、ついに歩いた。
歩きたい、歩きたくない、走りたい、走りたくない。
情けないけど、今思い返してもやっぱりあれが精一杯でした。
とにかく涼しいところで横になりたかった。


最後1-2キロくらいのところで、一人倒れて介抱されていた。
今日はたくさん倒れただろうな。
私も倒れそうなくらいクラクラだけど、なんとかゴールはしたい。
みっともない、きっと見直すのも嫌なタイムだけど、
リタイアはしたくない。


最後の力を振り絞って、ゴール。
そんな気分ではないけど、ガッツポーズもした。


なんとか歩いてカバンを取って木陰に。
吐き気を我慢しながらBCAAを飲んで、横になった。

ケータイを見る元気もない。
ただ目をつぶって横になっていた。


20分ほどして少し落ち着いたので、ストレッチ。
やっとガーミンを見る。
バイクからの計測なのと、ランで勝手にストップされているので
正確な時間は全然わからない。でも多分3時間20分くらいだと思う。

何が3時間を切るだ。。。大口叩いてみっともない。
わざわざ応援にきてくれた人もいるのにふがいない姿を見せて
内容も目標以前の問題だわ…。


しばらく意気消沈状態でまともに口が開けなかった。
声をかけに来てくださった方、本当にすみませんでした。


旦那が迎えにきてくれるまで、会場近くで休んでました。
会場では着替える元気がなく、家までトライスーツのまま。


帰って着替えたら、こんなことに。
DSC_0072.jpg
最強レベルの日焼け止めも、今日の日差しには効かず。
ここも体力消耗の一因でしょうか。
でもアームカバーやレッグカバーしてる人はほとんどいなかったわ。



こんなことでは、あかん。
甘い。自分に甘い。
今回ばかりは、本気で反省した。

走って身体を絞ろう。コアトレもちゃんと毎日するんや。


丹後では無事完走できるように、あと1ヶ月ちょい、頑張ります。
しばらくバイクはお休みします。


長い反省文、読んでくださってありがとうございました(-人-)

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


リザルト出ました。

完走者335人/スタート378人(完走率88.6%)

総合  3:18:56 264位
スイム 0:30:34 104位
バイク 1:42:23 282位
ラン  1:05:59 279位

女子 12位
30代女子6位(女子1位2位除くため実質8位)


スイム9分短縮、バイク11分オーバー、ラン10分オーバーです。
まあ、スイムを33分くらいにしとけばバイク頑張れたかってーとそうでもないと思いますがw

また女子は半分以内に入れませんでした。
弱いなあ。頑張ります。頑張ります。