2013年07月23日の記事 (1/1)

調子づいたスイムを反省する

フゥ~~~~~~~~~~~~~(;-_-) =3

実は舞洲トライアスロンと時を同じくして、うちに大事件が起こってまして。

こここここれは丹後とか神戸とか宮古島とか言ってないで
旦那を支えなければガクガクブルブル((((;゚Д゚))))
って事態だったんですが、

無事収まりいい方向に向かいそうで一安心です。


旦那に、

「オレはお母さんと一緒になって本当によかったよ・・・(;´Д`)」

って言ってもらえたからよかったよ(^-^)夫婦の結束が強まった。

むーん、あたしも最高の旦那だと思ってるぜー!!


はい、ノロケ終わり(笑)



さて、昨日はさすがにランは休みまして、
のーーんびりとリカバリースイムだけ。

張りが強い部分(内転筋、ハムストリングス、大腿四頭筋、広背筋、臀筋全体)を
ほぐすことを意識して30分ほど水に入ってました。
プルブイ挟んで700m、ゆるゆるの板キック300m、スイム200m、かな。

実施内容:スイム(リカバリー) 30分 1.2km


ゆるゆる板キックはいいですね!
まるで一時期流行った「ワンコインブルブル機(w」に乗ってるみたいに
張ってる筋肉が揺れてマッサージされるような感じ。
いつものスローマダムにも追いつかれるほどのスピードです(笑)


いくつか確認をしながら、水の中で反省をしていました。

◆キックのダメージについて
試しに25m、本番と同じように泳いだら内転筋と膝上に痛みが。
やっぱりキックで脚をだいぶ使っていたように思います。

キックを2ビートに変えてから、心肺的には楽にスイスイ進むようになって
「極力脚は使わずプルで泳ぐ」というトライアスロンスイムの基本を
すっかり忘れてしまっていました。
プルは進まないから嫌、と練習の中心がスイムになっていたほどです。

鍛えられた脚なら1500mくらいなんともないのかもしれませんが、
海中で30分間蹴り続けたダメージは、私の脚にはかなり大きなものでした。

初心に戻り(初心者のくせに><)、
キックを封印してちゃんと上半身を鍛えていこうと思います。


◆入水角度について
ウェットがフルスーツだとどうしても腕がだるくなるので
斜めに楔を打ち込むようにスッと入水するのがよい、と
どこかのサイトで読んで実践していたのですが、
まあ当たり前なんですけど、進まないんですよね。
プルが半分くらいになってすぐプッシュになるわけで。

それでもプールでウエットで泳いだ時には進んでいたんですが
海だと波やうねりの力に負けてしまって、進む距離は明らかに落ちました。

もちろん腕にかかる力は減り楽にはなるのですが
結局はストロークが多くなりしんどくなってしまうのでは?と思いました。


◆やっぱりプールと海は違う!
リカバリースイム、とプルブイ挟んでゆーーーっくり泳いでも、
50m1分2秒です。
本番泳いだ「1500m30分30秒」とほぼ同じペース。

でも使ってる力も、しんどさも、強度も、ぜーーーんぜん違う。
やっぱりプールと海は違う!!と改めて思いました。


「ウエット着れば浮くから速くなる」は、

波、バトル、蛇行による距離増、ヘッドアップによる抵抗増で、かき消される。

プールと同じ時間で泳げると思ったら大間違いだ!!!と思いました。


となると、今回の30分30秒というタイムは、
明らかに私にはオーバーペースだったと思います。


スイム出身でもなく、スクールに通っているわけでもなく、
週2回、30分程度、低強度で泳いでいるだけの私にとって、
海の1.5km30分台はできすぎ。というか、やりすぎ。
その分、大きなツケが回って来たわけです。バイクに><


しばらくはトライアスロンがないのでスイムはランのリカバリーのみにしますが、
来シーズンに向けて、練習内容を見直したり、
ペース感覚や強度感覚を磨く必要があるな、と思いました。


スイム9分短縮が招いた、バイク11分超。

次は同じ失敗をしないよう、気をつけよう。

本当に、毎回が、勉強ですね(>_<)
最後にトライアスロンを止めるその時まで、きっとずっと勉強なのだろうな(笑)


ブログランキングに参加しております。
長い勉強人生の一歩を踏み出したオカンに、是非応援のクリックをお願い致します。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ