2014年03月01日の記事 (1/1)

今中大介さんのヒルクライム講座に行ってきました

今中大介さんの実践ヒルクライム講座に参加してきました!

ああ、イケメン(*´∇`*)


午前が座学、午後が近くの坂で一人一人フォームチェック。

協賛のグリコさんから山ほど土産をもらうわ
ジャンケン大会でインターマッスクスのキャップ当たるわ


1000円でこんなに充実してて、いいのーーー!?って
感じの内容でした。

とりあえず明日は確実に筋肉痛wwwwww
しっかり激坂お見舞いされたwwwwww

内容はまた明日にでも( ´ ▽ ` )



でも帰りが雨でね。。。

帰り道がドロドロでね。。。

バイクも
20140301191959972.jpg

背中やお尻も
201403011910389dc.jpg

うえーん(つд⊂)


いやー、とっても参考に&刺激になりましたーーー!!!
登りまくろうという気になりました(笑)


ブログランキングに参加しております。
泥だらけのオカンに応援クリックを・・・
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

ヒルクライム講座のメモ

今中大介さんの実践ヒルクライム講座メモ。
すみません、完全自分用で編集なしの箇条書きです(^◇^;)


フォーム
・サドル高く、ハンドル低く
・最初はきつい。でもその理にかなったフォームに合わせて筋肉を作って行く。

ヒルクライムで速くなるための練習
・登りの途中で、間の3分だけ全力。それを5分、10分と延ばして行く。
・とにかく山をのぼる
・とにかく距離をふむ

ペダリング
・意識してスムーズなペダリングを
・1時から踏み始めて3時で最大に、6時には脱力
・重いギアで回して滑らかなペダリングを習得する練習を。
・引き足は足の甲を意識
・急勾配は引き足を2割くらい使う
・高ケイデンスは週二回、アップのあとギアを軽くして120で20秒を6本


・呼吸は深く。ペダリングのタイミングとあわせない。

・普段から10%の坂を登って慣れる
・低回転での力の使い方に慣れる、筋肉を慣らす


心拍数管理をした方がいい。
・10-40分140-150を維持
・それが出来てきたら、1分170、休んで120まで落としてまた1分を繰り返す
・さらに、5分170、休んでまた5分を数セット

とにかくメリハリが大事。一回の練習でも、一週間の組み立てでも。

睡眠は重要、ロードレースの選手レベルだと9時間10時間寝ないと回復しない。
少しでも睡眠を長くできるように。


シーズンオフに筋トレして筋肉をつける。
シーズンインしたら乗り込んで筋肉を維持しつつ、使わない筋肉を落として軽くする。


<栄養講座>
エネルギーはATPから作られる。
1モルのブドウ糖で最大38ATP作れる。
ATPの数を増やすには電子伝達系を発達させること。
そのためにはヘム鉄とコエンザイムQ10

エネルギーは早め早めに。
乳酸がたまり出す前にクエン酸を摂取。




脂肪を減らしたいなら
朝食やエネルギー補給はむしろしっかり摂りトレーニング。
夕食でコントロールする。脂質を除き、軽い食事を。


<実践編>
フォームチェックで言われたこと
1本目:普通にシッティングで
・体感がしっかりしている
・ペダリングも綺麗
2本目:重いギアで
・いいフォームできれいに乗れている
3本目:ダンシング
・キレイに乗れています。問題なし。



一番得られたことは、
登ることで登るための筋肉がつき登るスキルが磨かれる。
練習あるのみ、登ろう!と思えたことです。

あと、電子伝達系サプリ、ちょっと試そうかなって(笑)<営業に弱い


超おっそいけど、登るよーー!!!\(^o^)/
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ