2014年05月28日の記事 (1/1)

大会までの過ごし方を考える


ちょっと長く走ったら
一転して調子悪いっていう・・・。


こ、


こ、


この軟弱モンがぁあああ(''゚Д゚)ゴルァ!!



ε-(;-ω-`)ハァ・・・



昨日一日しっかり休みました。
10時間寝ました。

夕方もオフか軽めにしときます。




さて、五島、やっぱり完走目指して頑張るぞとは思っていますが、
もう18日しかないので、練習は頑張りません。
早い人ならもうテーパーに入ってますもんね・・・。



五島を完走するための絶対条件は、

「体調を万全にしておくこと」

だと思っています。



もう絶っ対に風邪をひいてはいけません!!!

体力を消耗し免疫力を落とすロング練習はもうしない。
ランは10㎞まで、バイクも50㎞程度までかな。

筋肉の状態なんか二の次(笑)
呼吸が万全にできることを最優先にo(`ω´)o




現状と今やるべきことを冷静に分析してみました。


【全体】
・呼吸器状態は悪くないので、これ以上悪くしない。
 マスク、うがい、手洗い、喉を守る、首を温める、
 暖かい飲み物、身体を冷やさない。

・以前より明らかに抵抗力・回復力が落ちている。
 平日は1回45分程度に抑え、直後の補給をしっかり摂る。
 睡眠は7時間以上。

・体重はベスト+1.5㎏。できたらちょっとだけ落としたい。
 食事は減らさないが、間食は止める。

・筋量と体脂肪率は入院前に戻った。
 ただ以前より腰が早く痛くなりやすいのでコアは戻ってないかも。
 大会3日前までコアトレちょっと増やして継続。

・胃腸の調子を壊さないように、脂ものや刺激物に気を付ける。

・持ち物リストの精査。事前送付物は5日までに準備・手配。

・出発から帰宅までのシミュレーション、レースシミュレーションを実施し
 準備に漏れがないか確認する。




【スイム】
3800mを80分程度で泳げる力はあると思う。
速くなる必要はない。

・スキル練習(ドリルとフォーム確認)に集中して維持する。

・ウェット、海、バトル、への対処に不安。
 6/1のOWS練習会を申し込んだので十分に練習し確認してくる。

・もし海で苦しくなったらどうすればいいか不安。
 OWS練習会で、浮いて落ち着く方法を確認する。
 ウェットの中に吸入器を挟んでおき、浮いて吸う方法を確認する。

・アームカバー、カーフガードをした状態でウェットを着ていない。
 違和感がないか、スムーズに脱げるか確認する。



【バイク】
登り基調のアップダウンコースで完走ペースを割っていたので
これは完走無理だなぁと思ったのだけれど、
平地部分もあるみたいだし、なんとか持ち直せるのでは?
であればギリギリ関門は通過できるはず!

・ローラーはペダリングドリルと、登り想定の重め遅め回転で丁寧に。

・週末は山に行く時間がもう取れないのでド早朝に堺浜2時間のみ。

・補給食(自作エネルギードリンク)の確定と準備。

・ペース表・関門時間表を印刷してフレームに貼れるように加工。
 補給やアミノ酸、薬のタイミングなども記入しておくこと。

・大阪→五島ヤマト便は3日とのこと。7日にはバラして発送。



【ラン】
もうできることはないんじゃない?(笑)
3日に1回軽く走って、走る筋肉を刺激しておくことくらいか。
ウインドスプリントとストレッチやって可動域維持と。

あと、補給と薬を確実に準備しておくこと!



まとめると、
・スキル中心の短時間練習
・体調を崩さないよう慎重に生活する
・シミュレーションをしっかりして準備ミスを無くす

ってことで行きます。


もう長い練習してもマイナスにしかなんない!!!
短くサッと終わるぞ!(言い聞かせている)



ブログランキングに参加しております。
ブログ村の皆さんがガッツリ練習しているのに釣られないよう
しっかり自制致します~(笑)
ブログランキング・にほんブログ村へ