2014年06月07日の記事 (1/1)

バイク輸送箱比較(2)梱包完了

朝からバイクをバラして梱包しました。

現地での調整が大変なので、できるだけ外さず行きたいですが
ハンドルかDHバーどっちかは外さないと入らないので
ハンドルを外しました。
DHバーの方が調整大変だったので(^▽^;)

あとペダルも外してます。

ホイールは前後とも外して、クイック抜いてカバーをかけました。
エンドは前後とも金具で保護、
できる限りプチプチで保護しました。


さあ入れていきます。


ダンボールだと幅はぴったりで端が余るので、
2014060710502187b.jpg

そこにホイールを入れられるんですが、
20140607105020062.jpg

それ以外があんまり入らない・・・。
高さもあるので上は余ってるんで軽いものならいくらでも乗るんですけど
ちょっと重いものになると気になるなあ。
まああくまでもバイクを送るもので、荷物は入れにくいですね。
あと、底に不安が(笑)ブスって音がした(笑)


バイクガードはダンボールより幅がある分、
本体の横にホイールを入れられます。
20140607105157aef.jpg

端にある程度のスペースもできて底がみえるので
ウェットやフロアポンプ、工具などの重い物を底に入れられます。
2014060710515847d.jpg

うん、やっぱこっちだな。
そりゃそーよね、2万くらい出して買ってんだから
ダンボールより使えんかったら泣くわ(笑)


全部入れてこんな感じ。
20140607104914a10.jpg

蓋を閉めてガムテで止めましたが、
やっぱりちょっと膨らむな(笑)
80サイズオーバーは覚悟せねば(笑)
201406071049128dd.jpg

カバーをかけて完了。
20140607104911a2f.jpg

このカバーが凄くいいんですよ。
持ちやすい運びやすい。
今回民泊にお世話になりますので、
できるだけ扱いやすい形態のほうがいいでしょうしね。

今回は使いませんが、キャスターが付けられるので
持ち込み可能な飛行機なら持って行くことも可能ですね。
実際これを勧めてくれた人は持って行ってるそうです。


はー、なんだかんだで1時間半くらいかかっちゃいました。
うまく隙間に詰めるのがテトリスっぽいですよね(笑)
まあでもハンドルとペダルしか外してないので
現地での作業は楽だと思います。
しかもほとんど中に入れちゃいましたので、
手持ちの荷物は機内持ち込みサイズにできるかも〜(´∀`)



66kgサイズで取ってもらえました!
保険30万付けて(300円)3700円前後でした(´∀`)ヨシヨシ!



ブログランキングに参加しております。
遠征タイヘーン(笑)
応援クリック頂けると嬉しいです\(^o^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ


使ったのはこれです。