2014年06月17日の記事 (1/1)

【五島レポ】前日の下見編

無事帰宅し、息子といーーーーーっぱいギューしました!!!

旦那の実家にお土産持って迎えに行ったら、


おかあああさああああああああああああん!!!!

って玄関まで飛んできて抱きつかれました(´;ω;`)
しばらくひっついて離れませんでした(´;ω;`)
おかあさんすごいねだいすきだいすきって(´;ω;`)
いっぱいギューしてくれたよ(´;ω;`)

なによりのご褒美でした(*^_^*)
あー幸せw



たくさんのコメント本当に本当に嬉しく思ってます!!
今回は初めて「あたしってすごいじゃん!やっと自慢できるかも!?」って
思える内容で帰って来れたので、
誉めてもらって嬉しくてしょうがない(笑)


お返事はレポと並行して書いて行きますが、
しばらく気長にお待ちくださいね(^^)
随時、いつのまで書いたよ!ってお知らせします♪

※前日までの記事のお返事書きました^^


では、ちょっとずつレポを書いて行きます。




大会前日の午後からです。


ブログを通してやりとりのあったハルさんが、
レンタカーでコースの下見をするので乗りませんか?と
誘ってくださったので、
お言葉に甘えてご一緒させていただくことにしました。

文化会館で合流し、ランコースとスイムスタート会場をチェック。
20140614184843035.jpg

バイクギアバッグの自分の場所も脳にしっかりインプット!
201406141849384b7.jpg

当日朝だと焦るでしょうから、前日ゆっくり確認しておけて助かりました!

バイクラックに午前に預託したバイクを確認に行きます。
2014061418493962c.jpg

741のバイクはすぐ近くにありました。
見つけやすいから焦らなくていいかな。

ただ、バイク乗車位置はバイクラックの一番奥なので、
その分バイクを押して走る距離が長くなります。


そういった流れもゆっくり時間をかけて確認できたので
本当によかったです。
初めて参加される方は是非下見の時間を作っておくことをお勧めします!



その後バイクコースへ。
全然写真も撮っていないんですが、一枚だけ。

これなんだと思います?
20140617054214f19.jpg

下りからの急カーブの場所に置いてある、
衝突しても守ってくれる畳の壁ですwwwwwwwwwwwww
こえええええwwwwwwwwwwww

コース上に何箇所か設置してあったんですが、
1か所異常に畳の枚数が多い場所があって、
「あれ絶対後ろ絶壁だぜwww」って走っていくと、
案の定、断崖絶壁になってて海にダイブな感じの場所でしたwwwwww
絶対に減速しようwwwwwwwwwww


バイクコースはとにかく上がってるか下がってるかで
車で回ってるだけでウンザリするほど。
ヽ(´Д`;)ノウヘェってなってきたので、コース流しながら
おしゃべりドライブを楽しみました(笑)
楽しかったなあああああああ。



ふと泊っている宿の話をすると、

なんと、同じ宿であったことが発覚wwwwww
ちょwwwなんたる偶然www
ホテルならともかく、3組しか取ってない民泊の2組かいな(笑)


一緒に宿に帰った時、ご主人びっくりしてらしたなあ(笑)



晩御飯にはたっくさんのお刺身(≧∇≦)
20140617052904221.jpg


お味噌汁にはご主人が獲ってきた蟹!
2014061705290514e.jpg


もうお腹のことなど気にせず旨い物を食うのだと決めてたので
バックバク食べましたしw

楽しかったなあ。
とてもレース前日なんて思えないほど、くつろいでました。
みんなありがとう。
DVC00086.jpg

※顔出しちゃイヤンな人は教えてね^^;



翌朝はスタート会場まで送ってくださると言うし、
早朝4時から朝ごはんや補給用のおにぎりまでご用意してくださるし、
なんていいお宿なんだと大感激。

もう五島では毎回ここに来ようと心に決めて、
部屋に帰って最後の準備と確認。
枕元に着替えや朝食のカステラを置いて消灯しました。


一日動き回って疲れたのかな?
民泊だから家で寝ているような感覚で落ち着いたからかな?
宮古島の時のように眠れなくて苦しむこともなく、
21:30、コテっと寝てしまいました。


続きます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

【五島レポ】当日朝、スタート前編

レース当日の朝は4:00起床の予定でしたが、
目が覚めたら3:30だったのでもう起きました。

「エア五島トライアスロン」を印刷したものを見ながら準備(笑)

ワンコさんお勧めの雲泉堂のカステラ、めっちゃくちゃ美味かったです!
すごくしっとりして、ザラメの量がちょうど良く。
レース前食にお取り寄せしようかしら??(笑)


化粧は日焼け止めとベースメークは念入りですが、
書くのは眉と口紅のみです。
アイメイクが目に入ったら辛いもんなぁ(~_~;)
ゴール後ほぼスッピンになって皆さんにお会いするのが
アラフォーには厳しいところなんですがww


ファイテンのテープで腰と臀部をテーピング。
膝は不安もないので貼るのをやめました。


擦れそうなところにしっかりワセリンやシャーミークリームを塗り
勝負ウェアに着替えます。


スイム用品一式と、
バイクギアバックと、
バイクのドリンクを持ち、
5:20宿を出発してスタート地点に向かいました。

20140617123856dec.jpg

天気は曇り、風もなく海は凪。
全く波はなく、めちゃくちゃ泳ぎやすそう!!

腕にナンバリング。ふくらはぎにカテゴリW35と書かれます。
201406171238314a6.jpg

アンクルバンドを受け取って、バイクへ。


昨日作っておいた特製ドリンクをボトルにセットし、
バイクの準備はOKです。
20140617124023906.jpg


バイクギアバッグをラックにかけ、
2014061712404456a.jpg

ウェットを着用しました。

キャップをかぶり、ゴーグルを頭につけて、
それ以外のものを全部「プレスイムバッグ」に入れて預けます。


さあ、もうあとは、前を向いて頑張るだけ。

そう、自分を信じて。

201406171242327c3.jpg


6:30(スタート30分前)、入水開始。
まずウェットの中に海水を入れて、馴染ませます。

水温はだいぶ低く感じました。

スタートブイ辺りまでアップがてらゆっくり泳ぎます。

うーん、とにかく波がない!!!
海水プールのようでした(笑)
もちろん人が作る波はできるだろうけど、
これは楽そうだなあ~と、スイムの不安がちょっと薄れました。


一旦陸に上がり、給水。


知ってる人を見つけて何人かとエール交換。
これから始まる、長い長い一日の健闘を祈り、
硬く握手して、時間を待ちました。


6:50、再び入水し、ブイへ移動。
そんなに前に行くつもりはなかったのですが、結局ほとんど先頭に。
乗られることも覚悟して、前から出て見ることにしました。


隣にいたシフォンさんが、誰か頑張るぞ言わないかな?ってつぶやいたので、
そういうの大好きオカンは躊躇せず叫びましたwww

「頑張るぞーーー!!!!」

何百人もの「オーーーーー!!!!」
それに応えてくれます。



続いてシフォンさんも、

「ギバッぞーーーー!!!!」
(ぎばる=五島弁でがんばる)

「オーーーーーーーーー!!!!」



また誰かが続きます。

「絶対完走するぞーーーーー!!!」

みんな力一杯の「オーーーーー!!!!!」



続いて聞こえた女性の声が、

「誰か嫁にもらってーーーー!!!!」

ちょwwwwww待てwwwwww

もちろん皆大笑い(笑)

和みましたwwwどなたか存じませんが、ありがとうwww


1分前、司会の方がカウントを始め、
緊張が走ります。

最後にシフォンさんと「頑張りましょう!」と言って、


2014年6月15日、朝7時、


フォーーーーーーーーーー


スタートホーンの音で、長いレースが始まりました。



続きます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

スミマセン!一部の方コメント返信飛ばしてました!><
たぶん前日までは全部お返ししたと思います~^^

【五島レポ】スイム編前半

ホーンの音とともにスイムスタート。


スイムのコースはこのようになっています。
1周1900mを2周。

201406171330378a2.jpg


まずは最初のブイまで350mまっすぐ泳ぎます。


650人が一斉スタートですから、
最初はそれはそれは地獄のよう(笑)

前も後ろも右も左も、とにかく人がびっちり。
当たる、とかじゃない、「常に当たってる」(笑)
手を動かそうにも、どこにも入水する場所がありません。


乗ったり乗られたりの繰り返し。
乗られてもあまり無理に抵抗せず、できた隙間に逃げたり、
左右ピタッと挟まれたときはお尻を乗り越えたり。

頑張って前に進もうと思ったら抵抗だらけでしんどかったけど、
この、人が作っている流れに乗ればいいんだ、って思えば
無理に泳がなくていいかwって冷静になれて、
そんなに混乱はしなかったです。
ただ前にほんのちょっとだけ見える黄色いブイを目指して、
じわりじわりと進んでいくだけでした。



徐々に人がばらけて泳ぎやすくなったかな、と思ったのもつかの間、
第一ブイを回る時がまさに地獄でした。


誰かのかく手で肩を沈められる
足をがっしり掴まれる
平泳ぎのキックに蹴られる
完全に全身乗っかられる


うっひょwwwwwwwwwwwww


これはwwwこれはアカンwwww
そう思って、さすがにここはピッチを上げて抜け出しました。



そのバトルを抜けたら、そこからは幅も広くなって泳ぎやすくなりました。
時折誰かの手や足が当たりはするものの、
乗ったり乗られたりはもうありませんでした。



第2ブイから第3ブイは500m以上あります。
ちょっとくらい頭を上げただけでは、
人の頭で隠れてブイが確認できませんでした。

何度か大きくヘッドアップをしてみるのですが、
無駄に体力を消耗しそうなので止めました。
これだけの人が同じ方向に泳いでいて囲まれていて、
波もなく流れも速くないので横に流されはしないだろうと(笑)


長い直線を泳ぎ終わった後、
第3ブイを回ってすぐ第4ブイ、そこから折返しです。


ここでちょっと大回りしてしまいました。
いつの間にか左側のロープに沿うほど近づいていました。
周りにもあまり人がいません。

あれ?戻った方がいいかな?とちょっと右に戻るのですが
気付けばまた左に。

もしかしたら、先ほどの長い直線を泳いでいる人たちが作る波が
折返し側に流れを作っていたのかもしれません。
無理に戻ろうとしても蛇行するだけなので、
第5ブイを見ながらまっすぐ泳ぐことにしました。
周りにあまり人がいなかったので泳ぎやすかったです。


波はないし、プールで泳いでいるよう。
ウェットスーツでプカプカ浮くし、
腕もそんなにだるくならず、
のーーんびり、ゆーーーたり、気持ちよく泳げました。


第5ブイを左に回ると、最後スタート地点までほんの320mです。
幅が狭くなるので少し人が近い感じにはなったのですが、
逆に真後ろにつくことができて楽になりました。
この区間が一番楽に泳げたかも?

陸に沿って泳ぐので、応援の声や太鼓の音がしっかり聞こえました。
まだ一周、焦って速くならないように、同じリズムで泳ぐのを心がけました。


陸に上がり、
さあ1周終わり!どれくらいで泳げたかな?目標は42分。

ガーミンをチェック。


35分20秒



はえええええwwwwwwwwwww



超びっくり。
全然ガツガツ泳いでもいないし、むしろいつもより楽に泳いでるくらい。

最初にバトルで30秒くらい停滞してたことを考えると、
だいたい100m1分50秒ペースで泳げていたようです。

連続で長い距離を泳ぐときはプールだと1分55秒ペースなので
それよりもだいぶ速く泳げました。
ウェットのおかげですね。
なにより、波がなかったからな。



陸に上がって一旦ゴーグルをあげて気分転換。
スポーツドリンクを一杯もらって飲んで、

さあ後半戦!
2周目、入水しました。



続きます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ