2016年01月20日の記事 (1/1)

やっぱりレスト週を失敗したな

午前5時、

気温2度、風速8メートル!!!(笑)

さすがに外は走りませんでした(笑)

バイクに変更です(^◇^;)


5時起き5時半スタート。
バイク60分。ヒルインターバル。
負荷3、バイク前輪上げ。ハード3分レスト2分を8セット。




なんだかめちゃくちゃキツかった。
もちろんしんどいメニューではあるんだけど、
こんなにしんどかったかなー?

半分位でもうゾーン5に入っていた。。。
しかもスピードもえらく遅かったような?

と、4週前(基礎期1-1週目)のと比較してみると、
ばっちり下がっていた( ̄◇ ̄;)



3週前(基礎期1-2週目)と比較すると
その落ち方はかなりのもの。



2週前は(基礎期1-3週目)はさすがに疲れてきたのか速度は落ちてるけど
今日ほど心拍数が上がってない。




うーん、レスト週を挟んで調子が落ちているのだから、
こりゃレスト週が失敗してるってことですね。
疲労が抜けていないということだ。
やっぱり量を落とすだけじゃなく強度も落とさないといけないんですね。

まあ今朝の心拍数も高かったので、
昨日のスイムもちょっと効いてるんでしょう。


バイク終わりでリカバリータイム29時間と出てしまったので
明日はイージーにしよっと。
柔軟に柔軟に(^◇^;)


今日もちょっと泳ぎに行きたいけど
息子に拒否されてしまったので(寒すぎるってwww)
私一人で30分ほどイージースイム行ってきます(笑)
風が止んでればランもしたいな~。



ブログランキングに参加しております。
毎週同じメニューをやってると、
調子の上がり下がりが見えて面白いですね。
こうやって経験値を積んでいくのね(^◇^;)

とりあえず今日のところは布団から出た自分を褒める!(笑)
どうぞ応援クリックのほどw
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スピードを上げてもストローク数は変えない・・・?

一部の方には大好評!のスイムネタですw

昨日のスイム練習記録の記事を上げたら
ハル師匠よりコメントを頂きまして
(いつもありがとうございます!!そしてネタにしてすいません!w)

「脈が上がるのはピッチが速くなっているせいかな。
 理想はストローク数を変えずにスピードを上げる」


と!!!

これは私にとって非常に新鮮でした。
新鮮?いや、衝撃かな?(笑)

そういや以前ハルさんの泳ぎを見せて頂いた時、
100*4のディセンディングで1'30→1'10くらいに上げていくのに
1本目と4本目のピッチが変わらなくて
意味が分からんwwwと思ったことがあったんですが、

その時すでにヒントをもらってたのになあ(笑)
半年経ってから気付くダメな弟子ですいませんwww


こんな時のためにガーミンでスイムデータを取っているので、
データを紐解きつつ考えていきたいと思います。


昨日400*5で取ったペースとストローク数のデータに
過去のもうちょっと速いペースのものも足して、
ペース別のストローク距離とストロークタイムを出してみました。
ターン後5m引いてます。

swimdata1.jpg

ペースを上げようとするとき、どうしてもピッチを上げてしまうのですが、
それではダメなんですね。
あくまでもストローク数は変えずに(=1ストロークで進む距離は変えずに)、
ストロークの加速を上げて速くする。


そんな魔法みたいなことできるのかしらwww


目標としては、1:40ペース(25m25秒)を9str.にしたい。左右で18。
swimdata2.jpg

18str.ってのはそんなに無理な数字じゃないんだけど、
しっかりグライドタイムを取ってこそできる数字なので

いかに抵抗を減らしてグライドで失速しないか

がまず一つだな。
抵抗の少ないグライド姿勢が取れているか?
手が下がってないか?頭が上がってないか?足は伸びてるか?


あとストローク速度。
今1ストローク2.3秒のところを2.8秒に増やす。
一方で9str.で泳げてる1:50のペースからは
0.3秒早くしないといけない。でも進む距離は変えられない。

うーん、プッシュかな?
速くなるとハーフストローク気味に上げちゃってるのを
しっかりプッシュするということかな。

あともちろんしっかり水を捉えてスカスカのキャッチにならないように。
ピッチが速くなるとキャッチが適当になってるという自覚がある。
前、八田さんに言われた「入力が速い」ってやつ。

あと、やっぱり推進力を上げるということ。
キャッチからプルのスピードを上げて(上げても水は逃さないで)
加速力を上げるということかな。ここは筋力がいりそう。



うん、こうして見るとやっぱり、技術なんやなぁ。
より多くの水を運ぶパワーじゃなくて、
いかに隅々まで意識をピンと集中して抵抗をなくし泳ぐかって、技術。

基本中の基本やけど、できてないんやな。
よし、今日は徹底的に抵抗減らすのに集中する!!


とりあえずお昼休みの残り時間はハルさんの2キックスイム動画をガン見しますwww


あと、ハル先生教科書を読み返す(笑)
省エネ2キックスイム講座 ストリームライン
省エネ2キック講座 腰の位置とローリング

ぐあんばります!


ブログランキングに参加しております。
こんなに教科書にしっかり書いてたのに!とがっかりしますが
上達してきたからこそ理解できることも増える!と思って
何度も何度も読み返します。
あっ、教科書ページに移る前に応援クリックしてってくださいw
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
もちろん教科書ページでもクリックしてね(笑)
そしたらもっと講座を書いてくれるかも~~~(笑)

いかに今までサボっていたか、だ

夕方スイム。

ハルさんの教科書を読み込んで、
ポイントをピックアップしてメモして、

何ができてて何ができてないか、
やってないことをやってみたらどうなるか、を確認してきました。


《抵抗を減らすポイント》

・上肢のストリームライン
ゆっくりの時はできてる。手のひらも平行、落ちてもない。
でも疲れてきたり強い泳ぎになるとすぐ落ちることが分かった。


・腰が落ちてないか
これもゆっくりなら全然落ちてない。
それは単にローリングが甘いから。
ローリングが強くなると、落ちてる!!

サイドキックを左右100mずつやってみた。
25mくらいは平気だけど長くなるとどんどん落ちて
身体が沈み呼吸動作も危なくなるほど。

サイドプランクは2日に1回やってるんだけどな~。
毎日にするか(^◇^;)


・キック後の足がばらけてないか
これはまあ、できてる。
でも毎回できてるかってーと怪しいな(笑)


この3点はこれから毎練習で絶対に意識し続けること。
サイドキックのドリルは毎回やること。



《推進力を上げるポイント》

・手の泡を切る
これは、できてる。
ピッチを上げた時は多分残ってるんだな。


・肩より前で掌から前腕を垂直に
これはできてないと思う。
しようという意識はある(笑)
でも肘がそこまで高い位置には維持できてない。


・プルからキャッチを速く、重く
ここが一番のポイントだと思う。
これができてない。ずっとゆっくりかいてる(笑)
重い水を、速く運ぶ。
これができれば、1ストロークで進む距離は伸びるはず。


・プルとキャッチのタイミングを合わせる
これはできるようになった。


・太ももまでプッシュ
全然できてない(笑)意識すらしてなかった。
太ももの外側に親指当ててスッと抜く。


・肩甲骨を動かしてキャッチ
意識していればできるようになった。
意識しすぎて息継ぎ忘れることあるけどwww
これを毎回やらないと。



いきなり全部は無理なので、
・上肢のストリームライン
・足を揃える
・肩甲骨から伸びてキャッチ
を意識して100m3本(2:00)DES。

速くなってもピッチ上げずに、水中動作を速くしてグライドタイム伸ばす、を
意識して。

結果、
1:42、ストローク8、
1:36、ストローク9、
1:32、ストローク9。


やったらできるやないかい!!!!(笑)

ただ、全然楽ではない(笑)めっちゃ重たいししんどいから
長くは続けられない。


でもよく分かった。
これがストローク練習だってことが。
意識ポイントを絞り込んで出来ていないところをできるようにする、
これこそが技術練習。
今までいかにサボっていたかってことね。


いい勉強になりました( ̄◇ ̄;)


なお、その後25秒を7ストロークってのができました(笑)
これを毎回やりてーなーーーーーー(笑)



そうそう、今日は思わぬ出会い!
なんとラブトライアスロンのキャップをかぶった男性が!!

声かけちゃった(笑)

近所の大学の学生さんでした。
歳半分だな(笑)


某有名スクール生だそうです。あそこね(笑)
さすがに綺麗に泳いでたな~。
1本だけ後ろ着かせてもらったけど、
1:30の1:45サークルを涼しい顔して泳いでたよ~。


メニューちゃんと書いてビート板に貼って
一人で黙々と練習してる姿に、
おばちゃんしっかり刺激を貰いました(笑)

私も毎回ちゃんと意識ポイントとメニューを書いてプールに持って行こう。



ブログランキングに参加しております。
スイムおもしれええええええええええwww
明日もガッツリ集中して頑張ります!!!
ぜってえはやくなってやるううううううう!!!!
応援してくださああああああい!!!!
↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村