2016年06月22日の記事 (1/1)

【五島レポ2】こんな幸せなブロガーいます?

おはようございます。

昨日は昼までは元気でしたが、徐々に体調がおかしくなり始め
午後3時以降は意識を保つのが精一杯。
良くないと分かっていつつも、カフェイン剤飲んでなんとか仕事をしました。

生爪剥がれた右足は触れる度に激痛、靴が履けない。
遅発性筋肉痛もジワジワきて、全ての動きが億劫に(笑)
しかし寝てはいられない、、、なんとか冷蔵庫にあるものでご飯を作って、
フラフラで学童のお迎えへ。

3日ぶりに会う息子の第一声は「お母さんおめでとう!」。
駆けてきて腰に抱きついてくれました。

帰り道、土日楽しかったことを一生懸命に話してくれて、
「でもお母さんがいなくて寂しかった」
「お母さんが苦しんでないか心配だった」
「笑ってゴールしてたね、良かったね!」
手をぎゅっと握ってくれた。


無事に帰れて、よかった。

改めて、そう思いました。




大会前日、続きです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(1)説明会会場での交流

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

説明会が終わり、同宿のハルさんたちのレンタカーで
一緒に行動させてもらうことにしました。

車を待つ間、たくさんの人達と再会や出会いを歓びます。


そのちゃん達、チームかぼすの面々。
とんでもなく強い人だらけなのに皆んな腰が低くてアッタカイ!


大阪ではずっと会えなかったのに遠く長崎で会えた関西の友達。
ずっとFBで友達だったのにやっとやっと会えた人。
友達の友達が繋がってどんどん仲間が増えていく。

おしゃべりがたまらなく楽しい!!\(^o^)/


今年は調子良さそうだね、楽しみだね、って
大丈夫、おかんならできるよって、みんな勇気付けてくれた。

会うのが1年ぶりだったり、
初めて会う人だったりするのに、
自分の日常や調子や目標や想いを知ってくれている。

全ては、このブログのおかげ。
毎日綴ってきた、このブログのおかげです。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(2)スタート会場で凄い数のおかん攻めにあう

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

車でスタート会場の下見とバイクのチェックに行くことに。

ベタ凪ーーーー!!




あれ?スタートゲートで写真を撮ってるグループのあの人?
!!!関東バラキン会のNさん!!!

「Nさーーーん、おかんですううううううう!!」

初めまして!のハグ!!!(笑)

熊本大分の選手へのメッセージ集を作るのに、
毎日毎日二人で昼夜問わずやりとりして
最初は仕事口調に丁寧だったメールの文がどんどんフレンドリーになって
最後の方はもう古くからの友達みたいな馴れ馴れしさになってた(笑)

会えたことがすごく嬉しくてつい抱き合う二人(笑)


その横から「おかんさん!?いつも読んでます!!!」と
感嘆の声を上げていただきみんなで写真。



ハルさんにも「熊本大分の選手を応援しようって会の発起人だよ」って
ご紹介して、、、こうしてまた仲間が繋がっていく。



さあ、自分のバイクはどこかな~?



だいたい女子のバイクの場所は毎年一緒なんですが、
今年は今までで一番遠かったかな?
でも一番取りやすい場所でした。




更衣テントからの行き方を確認して、
バイクに雨カバーをセットしていると、


「!!!ブログの人ですか!!!?いつも読んでます!!」
「握手してください!!!」
「るみおかんさんですか!?ブログいつも読んでます!!」
「おかん!!本物!!」
「え、あのおかんさん?知ってる知ってる、凄い!」

(誇張なしw)

まあーーー呼ばれるわ呼ばれるわ、おかんおかんおかんおかん(笑)

名前を付けていたわけでもないのに、
よく気付いて下さるもんだなあ~(笑)



ハルさんが「おかんに会いたいって人がいるから紹介する~」
ってお知り合いの方をご紹介頂いたり。
またお友達増えた(o^^o)

あとでFBで繋がったら、レースレポに
「るみおかんさん美人、しゃべらなければ」
って書いてくれてて
「しゃべらなければってなんやねん!!(笑)」って突っ込んどいたw


その後も写真撮ってくださいとか
持ち物リスト使いましたとか、
エア五島に助けられましたとか、

もうほんと芸能人ですかってくらい声かけられて
フワフワに浮き足立ってしまいましたよ(笑)
ほんと皆さん、ありがとうございます\(^o^)/


こんなに直接お礼を言われるブロガーっていますかね??
私めちゃくちゃ幸せですね!!!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(3) 今年も、3日間の五島の家族

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

一通り終わって宿へ。

バイクのドリンクを作って、
バイクバッグとスタートにいる物とを
作ってあるリストと照合して最終確認。


明日朝身につけるものを並べてセット完了。




夕食までのーーんびり。

まるで自分の家で過ごしているかのように、
めちゃくちゃリラックスしてた。


夕食は宿泊者みんなで。

ハルさんたち、あたし、
2年前ここで出会った佐賀のTちゃんとお友達、
去年ここで出会ったBタイプの女性。



もーおしゃべりがめちゃくちゃ楽しくて!!!
めっちゃ笑った笑った!!(笑)

明日レースだよね?って思うくらい
物凄くリラックス。ただの旅行の夜みたい(笑)


ご飯もいつもすんごく美味しくて、
胃に優しい物を揃えてくれる。



スモークチキン最高やった~!!


完全にリラックスして部屋に戻り、
20:30にベッドに横になって、
21:00には入眠してました。

レース前あんなに眠れなくて困ってたあたしが、
ここに来ると絶対寝られる。

ホテルじゃこうはいかない。
この民泊で、五島のお父さんお母さんの元に帰ってきて、
お兄ちゃんたちと一緒に和やかに過ごす
この1年で3日間だけの家族の家が、
心から落ちつかせてくれるから。



明日、絶対楽しめる。

そう確信してました。



続きます。


ブログランキング応援クリック宜しくお願いします(*´ω`*)
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

【五島レポ3】緊張一切なしのスタート前w

レース当日、スタートまでです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(1) 未明、恐ろしいほどの雨風

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

夜中、激しい雨の音で目が覚めます。
時計を見ると夜中1時くらい。

あまりに強い雨と風に、まず心配になったのはバイク。
カバーをかけてないバイクも半分くらいあったし、
この風だと落ちるバイクもあるんじゃないだろうか。

バイクラックではきっと何人かのスタッフの方が寝ずの番をしている。
この雨風ではテント倒壊の恐れもあるだろう。
大丈夫なんだろうか・・・。


雨雲レーダーをチェック。


まっかっかですけど・・・・・・・・・・・・・・・・・



夕方の予報よりは雨雲の流れが早いようで、
もしかしたらレース前にはあがってくれるかも?
でもこんな土砂崩れが起こってもおかしくない雨風が数時間前にあって
本当に無事にスタートできるの?
コースに何か物が飛んでいるんじゃないだろうか・・・。
計測地点のテントは無事なんだろうか・・・。


これは、運営の皆さんが、大変だ、、、、、


そう思いながら、もう少しだけ眠りにつきました。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(2) 緊張感一切なしの朝(笑)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

4時に目覚めて、予定通り準備を進めて行きます。

まずは食事。
最近ずっとグルテンフリーにしていたのでどうしようか迷ったんだけど、
過去2回雲泉堂のカステラで朝食は問題なかったし
(胃もたれとか空腹感とかがない)
とりあえず同じにしました。

来年は変えると思います。
グルテンフリーにしていると、小麦に反応しやすくなるようです。
ずっとなかったお腹の張りがバイク後半やっぱりあった。
来年はご飯にしよう。



クエン酸飲んで胃を動かしてトイレ。
この作戦でまず間違いなく成功します(笑)


しっかり日焼け止めとベースメイク。
目の周りは何も塗りません。ラインもマスカラもアイシャドウも。
少しでも目に入ったら視界が悪くなって危険なので。

なのでレース当日はいつも地味ーーな顔(笑)



着替えをして、上にTシャツ着て、準備完了。
5時15分、民泊の息子さんの運転でAの女子3人で冨江に向かいました。
もう、雨は上がってました。

もうこの車中が全く緊張感がないったら(笑)
キャッキャ言って女子トーク(笑)
男子の話で盛り上がりましたすいませんwww

バスだったらこうはいかないよねー喋れないよねー!って
もうめっちゃ楽しかった(笑)
緊張感一切なし(笑)



あっという間にスタート会場。まずはタグをもらって付けて、
邪魔なバイクバッグはもうかけちゃう。
場所もしっかり覚えました。




心配なバイクの元へ。
カバーはちょっとめくれてて、チェーンもだいぶ雨をかぶってしまったっぽい。
ウェットにしといた方がよかったかな~。


ドリンクや補給食バッグをセット。
エアは大丈夫だったのでそのままいきました。



と、準備をしている途中でもガンガン声をかけられるwwww

おかんおかんおかんおかんwwwww

さすがに3年目ともなると、現地で会う知り合いも増えてきますね(^^)


久しぶり~~!!の抱擁をしてるところがダイジェストに映ってました(笑)




西内プロともお会いして最後のアドバイスを頂きました。
トップチューブに貼っている目標を指さして、
危険な時はこんなの全部忘れて、と。

もうこの時点で西内さんの顔色は悪かったです。
その後お会いした真紀さんはもっと悪かったです・・・。
うちも夫婦揃って息子の嘔吐下痢貰ったことがあるのですが
運動どころか家から一歩も出ようと思えませんでした。
凄すぎる・・・。



6時25分、そろそろウェットを着ようかな。
去年はもっとピリピリしてたような?
今年はぜーんぜん。
気が抜けてるわけじゃないけど、ほんとリラックス。


ウェット着て、キャップしてゴーグルして、サンダル脱いで入れて、
携帯の電源切って(ゴール後充電ないと困るから)、
プレスイムバッグ預けてスタート地点へ向かう・・・・・


途中で思い出した!!!!!!!!!!

クエン酸飲んでない!!!!!!!!!(笑)



ひゃー!それダメ!絶対ダメ!(笑)
精神的にダメ(笑)


慌ててプレスイムバッグ開けさせてもらって3錠ごくん。

一安心してスタートゲートをくぐったのでした(笑)




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(3) リラックスしてスタート地点でその時を待つ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

入水。少しずつウェットに水を入れます。
水温は全然低いと感じない。ちょうどよさそう!

まずはアップ、とスタート地点まで泳いでみる。(100mくらい先)
もう、一部の人はスタート地点付近でぐるぐる泳いでアップしてる。
そっか、もう戻らないんだな~。


ストレッチできるなら私ももう戻らなくていいか、と
軽く立ち泳ぎしたまま腕肩のストレッチとローテーターカフのストレッチ。
三角筋や上腕揉んだり首ぐるぐるしたり。

ああ、足のストレッチだけできないか~。
まあ、いいか。ちょっとゆらゆらして動かしておこう。



左側大外の先頭に並ぶ人に声をかけてタイム目安を聞いてみる。
62分くらいとのこと。わ、速いな。
まあでもそれくらいの人が集まってたらここが楽だな。

よし、ここにしようっと!


後ろでレスキューボートにつかまってコースを確認してる人がいたので
先輩風吹かせてコース解説などしてみたり(笑)


あと10分か~。
長い1日始まるな~。
緊張なし。リラックスしてた。


5分前、そろそろコールしようかな。

「みんな~~がんばろうぉおおおおお~~~!!!」

「おーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!」



続いてそこらじゅうで上がる声。

「絶対完走するぞーーーーー!!」

「おーーーーーーーーーー!!!」




「頑張れ熊本ーーーーーーーーー!!!」

「おーーーーーーーーーーーーー!!!」



嫁にもらって、の彼女は今年は出てない。
闘病中。
また元気になって、嫁にもらってー!、って叫びに来てね。
いないとつまんないよ。



1分前、少し集中する。

ガーミンを時計表示にして、30秒前にスタートボタンを押した。



2016年6月19日、午前7時、

ファーーーーーーン!!!!


五島長崎国際トライアスロンAタイプ!


長い一日の始まりです!!



続きます。



ブログ応援のクリック宜しくお願いします(^^)
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

【五島レポ4】スイム1周目、バトルゼロ!

スイムパートの1周目です。


コース図貼っときます。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(1) フローティングスタートから、緊張の第一ブイまで

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Aタイプ800人が一斉にスタート。

まず350メートル先の黄色いブイを目指して泳ぎます。


過去2回とも先頭から出ているしそれよりも泳力が上がっているはずなので
もちろん先頭からスタートです。

去年は後から乗っかられるようなこともありましたが、
今年は一切ありませんでした。
前後左右がほぼ同じペースで、半身以上の間隔が空いていて、
ストロークの手が当たることすらない(笑)

なんじゃこりゃw

でもきっとペースを落とすと突かれるので、
周りが落ちてくるまではピッチを落とさないように気をつけて泳ぎました。
強度的にはダッシュまで行かず、少し負荷をかけているくらい。
たぶん1:25~1:30くらいのペースだろなと思います。



緊張の第一ブイ、去年は頭を叩かれたり足に乗られたりしました。
でも今年は空いてます。1人か2人しか回ってない。
これならこのまま回れる!
そう思い全く緩めることなく自然にカーブして回り込みました。

通り抜けても全く触られなかった!やった!!

きっと去年とは100mあたり数秒の泳力差に過ぎないと思うのですが、
それでもこんなにストレスなく泳げるものなのかとビックリしました。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(2) 第3ブイまで巡行

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ここからは少しペースを落として巡行ペース。
1:42-3くらいだと思いますが、去年もそう思って1:48くらいだったので
あんまり気を抜かずに(笑)

オレンジの第二ブイを目指して200m。
まだ周りはたくさんいますが、並走してるのは1-2人。
当たらないでいこうと思えば少しアウト寄りを泳げばいいだけ。

ここも全く当たらず泳げました。


第二ブイを曲がると、一番長い直線。540mあります。
どうせヘッドアップしても見えないので、ほぼしませんでした。
5回に1回くらい、ブイというよりは周りが遠くなっていないか
チェックする程度。

右側コースロープがずいぶん遠く感じたので嫌だったのですが、
右に寄るとそれなりに泳いでいる人がいるし、
マイペースで泳ぎたかったのでアウト寄りのまま行きました。


が、少しずつ遠くなっている気がするのです。

もしかしたら、自分は左に泳いでしまう癖があるのかもしれない。

目印なく真っ直ぐ泳げるかどうかは、プールでは確認できないし
目をつぶって泳ぐようなテストもしていません。
海練習で確認しておけばよかったなあ。

できるだけ右側寄りに進む意識をして泳いだら、
少しずつコースロープよりの選手が近づいてきました。
いい距離まで来たら、その選手との間合いをチェックしながら泳ぎます。
つまり選手をコースロープ代わりに(笑)

そこからは、大きく膨らむような感じはなかったので
いい作戦だったのだと思います。


なお、ここまではあまりドラフティングせず。
ちょうどいい速さの人がいなかったのです。
3ストローク連続で足を触ってしまうなどしたので、
お互い気持ちよくないので離れました。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(3) 折り返し~第5ブイまで

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

第3ブイを回り、またすぐ前に第4ブイ。
去年は緊張して大外に出たりペースを調整した所ですが
今年は全く緊張なし。

だって全然誰もいなかったんだもん(笑)
もちろん平泳ぎする人なんて一人もいません。


計画通り第4ブイを回ってからは左側コースロープ近くまで寄ったのですが
これはもったいないことをしたなと後で思いました。

一緒に泳いでいる人たちの泳力が安定しているのだから、
それに沿っていても問題なかった。
自分一人左側に寄って、水流の影響を受けられなかったわけなので
ちょっともったいなかったなあ。


左側にコースロープがあって真っ直ぐ泳げる利点はあるのですが、
あまり寄ると小さなブイに視界を邪魔されて
第5ブイが見えにくいのも一つデメリットでした。

2周目は斜めに最短距離を行こう、と思いながら泳いでました。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(4)第5ブイ~1周目アップまで

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

第5ブイを回ると少し幅が狭くなるので、手が当たることもでてきます。
それでも全然気にならず泳げるレベル。
そうか、この速さになると、スイムは安心安全なんだな(笑)


とは言え、いったいどれくらいで泳いでいるのか分かっているわけではないのです。
海練習の時よりだいぶ落ち着いたペースだったので、
1:45ペースくらいでもおかしくないなと思ってました。
とすると1周目1800mで31.5分です。(先に計算してあった)
30秒前にスタート押してるので、32分かな。


ギリギリまで泳いで立ちます。
すぐガーミンチェック。


31分15秒! よし!速い!!!


30分台で泳げてました。
しかも疲労感は一切なし。まだ上げられる余裕がありました。

給水も必要性を感じなかったのでパス。
すぐ横に女性がいたのも気になったので、
休憩せずすぐに2周目入水しました。


スイム1周目、31:07。
通過順位74位(リレー含む)、女子4位。




続きます。



ブログランキング、だいぶ上がってきました\(^o^)/
一年に一度だけの大ボーナス期間なので、
よろしければポチッとして行ってくださいっ!!(笑)

↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ