2016年09月08日の記事 (1/1)

中途半端な自分を受け入れる?

今日のトレーニング、4時半起き5時スタート。
起床時心拍44。

今朝は特に何も決めてなくて、
昨日の朝夕のスピード練習の疲れが残ってるかどうかで決めようと思ってました。
あと天気と。最近ものっすごい不安定やねんもん^^;



起きた感じだと脚や腰に痛みや疲労感はなし。
やっぱり10秒10本くらいだとそんなに残んないんだな。(ラン)

でも全身倦怠感はしっかり残ってるwww
やっぱり20秒24本(しかもレスト10秒以内)は残るんだよwww(スイム)
やっぱレストの長さだよな~~><;


ちょっと迷ったけど、天気は持ちそうだったんで、ランに。
ジョグ90分にしました(^^)

20160908114233890.jpg


走り始めから思いっきり身体が重く、息苦しい。
心拍はゾーン1からなかなか出ず、
心臓がまだ寝てるな~~って感じ。
脚や腕に酸素が行き渡らず動きがわる~~い(--;

ま、昨日ちょっと夜更かししたしな。。。


5㎞くらい走ってやっとちょっと楽になってきた。
意識して腕も振って、脚も後ろに伸ばして、着地も気を付けて。
ピッチはピッチ音185を聞いてユルく合わせて大きく走る。


動かんなあ。
バイク70㎞の後の方がよっぽど動くわ・・・と思いながら
のそのそ走りました(笑)

まあ心拍数見てもジョグ範囲だったと思うけど、
ちょっと後半上がり過ぎですね。
こう湿度が高いと熱を逃がしてくれないからしょうがないと思うんだけどw

20160908114259703.jpg



走りながら、「ああ、そろそろマラソンのことも考えないとなあ」って。

12月23日の加古川マラソンにエントリーしたので、
イワタ終わったらもう3か月切ってるのね~。

なんだかんだ言って走力は例年と変わらない気がするんで(現時点では)
ここから頑張れば自己ベストも難しくはないと思うのだけど、
果たしてまたマラソン向けの練習をする気に、なるかな?って。


来年の五島に向けた練習は1月からでもちょうどいいくらいなので
あと3か月をマラソンに捧げてもなんら問題はない。

でもやっぱりせっかく伸びてきてるスイムはこのまま伸ばしたいし
11月に鈴鹿もあってバイク休む気にはなれないしなあ、って

結局、中途半端に3種目やって、少しラン増やして、月間150㎞くらいで、
はい今年もサブフォーできましたー、ってお茶濁して終わりそうな気がして。



我ながら、中途半端だよなあ、と気が重くなっちゃう(-_-;



バイクは仲間の力や女子エントリーが少ないって運も重なって
鈴鹿で表彰台の一番上に立てた。
それはもちろんめちゃくちゃ嬉しいんだけど、

ランはそうはいかないよなあ。
中途半端な練習してたらやっぱり中途半端な結果しか出ないんだろなあと。


あっ、バイクが中途半端な練習で勝てるって言ってるわけじゃないよ!(笑)
ただ、アマ女子は戦場を選べばチャンスはあるってことで。
特に私の好きな平地のTTは、女子少ないからねー。
クリテじゃ全然勝てないよ(^_^;



この前紹介した、八田さんの寄稿文の中に、
「トライアスロンはそれ自体、中途半端を享受するスポーツだ」というような記述があった。
1種目練習すれば、その時間は後の2種の成長を捨てることになる。

それを読んで、「ああ、それでいいんだ」と救われた気分になったのだけど
(八田さんがそのようなつもりで書いているかはともかくとして)

じゃあ自分がそのそれぞれの種目に中途半端であることを受け入れて
トライアスロンとしての完成度を上げていくことに迷いなく過ごせるか?と
言われると、うんとは言えないのよねー(笑)


マラソンも楽しいし、できたら速くなっていつか3時間半切りたいし、
ロードバイクもかっこよくてレースも大好きだしいい加減カテゴリ上げたいしw
スイムなんて大人になってから始めたのにどんどん速くなって楽しくて
出られる競泳かOWSの大会ないかな?って探してたりするし、

それぞれ楽しいし上に行きたいものー。
練習レースだなんて割り切れないものー。



ってなことを考えながら、90分のんびり走ったのでしたw


結論は、ない(笑)<ないんかい



まあイワタ終わってからどうするか考えまーす(^^;



ブログランキングに参加しております。
「トライアスロンやりながらマラソンの成績も上げたい」という悩みは
ラン出身のトライアスリートは100%持ってると思うのよね~。
実際できている人もいるし、自分の覚悟が足りないだけかな?とも思う。

欲張りだねえ~^^;

トライアスリートはみな欲張りなのデス。
だから3つもやるのです(笑)
どうぞ応援宜しくお願い致します^^
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ