2016年09月27日の記事 (1/1)

【イワタレポ】スイム編:バトルで大ピンチ!!!

ミドルレース翌日は結構な疲労具合でした!!!(笑)

仕事中相当眠くて久しぶりにカフェイン剤投入。
目が霞んで何回もコンタクト洗いに行ったくらい。

筋肉痛の方は、大腿部4方全部、特にハム。
あと大臀筋が強いかな。
それに腰、背中、特に肩甲骨周り。
スイムよりバイクのせいだと思います。
肩から先と膝から先はなんともないです。

今日もう1日休もうかな。
夕方のスイムだけは行きまーす。



では、サンライズイワタAタイプ、レポ続きです。

前回はこちら。
【イワタレポ】スタート前編:水の透明度ゼロですがデビュー向きの海




8時30分、スタートのホーンを聞いてスタート!

最初はとにかく込み合うのでダッシュで抜け出したいところ。


が、後ろからの突き上げが酷く、ガンガンに頭を叩かれてまともに泳げない。


うわー、こりゃきついなー、と思った瞬間、左手首あたりに強い衝撃。

あ、やばい!ガーミンずれた!

すぐ察知して泳ぐのを止めて左手を上げて手首を確認すると



こうなってたwwwwwwwww



やっべえええええwwwwwwww

通常こうです。



90度回転で外れます。




あかん、このまま泳ぐと確実に4万円が海に消えるwww
Matsuさんの二の舞にwwww(Matsuさんごめんw


後ろの人には邪魔になって申し訳ないけど、完全に止まって確実に直す。
カチッと言う音を確認して、再び泳ぎ出しました。


ふ~~~、ガーミンのクイックリリースがバトルで外れたって話聞くけど、
自分がその状況に見舞われたのは初めてだったわ(笑)
やっぱり確実にウェットの袖の中に入れないとだめだね。
次からはスタート30秒前にスタート押してウェット被せようっと。



この数秒のロスで結構後ろに下がってしまったようで、
四方八方、視界には相当数の選手が。

早く抜け出したいのだけど、とにかくバトルが凄い!!
泳ぐどころかまともに手を沈めるところもなく、
自分のストロークは誰かに当たるわ、常に誰かのストロークが当たってるわで
さすがにちょっと怖かった。

でもまあ前に進めば確実に幅が広くなってばらけるし、
この状況では止まると逆効果。ずっともみくちゃになる。
もう少し前に進めば抜け出せると信じて前に進みました。


でも、通常毎回右呼吸できているところが3回呼吸できなかった時には相当怖かった。
やばい!と思いました。

まあ、冷静に考えれば6ストロークくらい呼吸しなくたってなんてことないんだけど
ちょっと苦しいってだけでも十分にパニックになる状況にあるもんね~。

ここは無理したらアカン、と思って、呼吸を最優先に。
具体的には右のリカバリーを大きく大きくゆっくり取って、
確実に口を全部出して、心ゆくまで吸った(笑)

あ、これ波がある時は逆効果かもしれませんのでご注意。


3回ほどちゃんと吸えたので一安心。
落ち着いてまたガシガシ進み始めました。


時間にして1分あったかなかったかだと思いますが、
この時間はトライアスロン始めてから過去最強のバトルでしたね~。
ああ怖かった(^^;;


ま、でもそれも第1ブイまで。(◎のブイ)



第1ブイをちょっと大きめに安全に曲がったら、もう周囲前後左右1mには誰もいなかったです。


ここまでで相当心拍が上がってまともに泳げてなかったので
ここからやっと自分の泳ぎスタート。
先にあるブイはしっかり確認できる大きさなので安心して
2回に1回か3回に1回のヘッドアップで進みます。

ロープ沿いインコースはまだそこそこ混んでいたので避けて、
数メートル大外をコースロープ沿いを泳ぐ選手を見ながら泳ぎました。
少しずーつ離れていくのを感じたので、たまに軌道修正。
五島でも感じたけど、やっぱり左に向かう癖があるなあ。
左呼吸の時は右に向かうので呼吸動作の時に軸がぶれてるんだろな。
これは意識して修正しないと。


1周目の半分終わる頃(500m)くらいでもう周りは同じくらいのペースの人ばかり。
ここからはドラフティングがしやすくなるけど、、、
視界がゼロで自分の手も見えない透明度なので
前の人との距離感が掴めない。
たまに6キックの人の細かい泡に身を埋めてみはするけれど
意識が前方に行ってしまって頭が上がりがちになるので止めた。
また外側1mほどを単独で進むことにしました。
どっちが速いんやろなあ・・・?


第4ブイを回ってスタート地点に戻る直線の頃(800mくらいか)で
ちょっと肩が重だるく。
心拍は全然落ち着いていてかなり強度は下がっていたし
どうもペース的には遅い感じがしたので上げたかったんですが、
なんだか練習の感じで泳げない。
1ストロークでぐわっと進むあの感じが得られない。
腕ばかり重くなっていく。

意識して呼吸時に反対の腰を沈めて強いキックを打とうと試みるものの、
ウェットの浮力のせいか膝下の打ち下ろしが弱くなってしまう。
ふーむ、やっぱり同じようにはできないか。

最近この強いキックに頼りがちでプルの比重が下がっていたと思うので
久しぶりに感じる強い腕肩への負荷に戸惑いました。
これからはレースの前だけはプル練習増やして慣れさせた方がいいかな?


と、いろいろ考えてるうちに1周目終了。
ほんとはレース本番でいろいろ考えるのはグルコース消費になってしまうので
よくないはずだけど、自分はこうして意識を配ってレース感覚を覚えていくようなので
五島の時のような「無」な感じにはせず、いろいろ考えたり変えたりして
数少ないウェット練習のつもりで泳ぎました。


2周目も同じ。もう全く誰とも当たらない(笑)
視界に入るのも右側に数人。
ブイ確認時に前方に数人、という感じ。

なんとなく、まあ50位くらいかなーと思う。

身体強度は低かったのでもっと攻めればよかったなと
終わった今は思うけど、
泳いでる最中はなかなかそんな気になれないもんですね(笑)
レース前は、突っ込んで撃沈でもいいやと思ってたのにな。
この辺が、レース経験の少なさかなって思います。


最後の直線。スイムアップ場所が壁沿いだから左側を進んでてもいいだろと思ったら
左に向かう癖がより酷くなり、かなり壁側を泳いでしまうことに。
途中障害物あって少し戻したりしたので、ちょっと無駄な動きだった。

コース取りは今回50点だなあ(^◇^;)
反省多し。


前方に階段確認。
右から来る人との距離感を確認しつつ、まっすぐ向かう。

1段目が高くなっていて身体が持ち上がらないのは分かっていたので、
素直にスタッフさんの手を借りて上げてもらう。

ありがとうございまーす!と言って無事スイムアップ。

10mほど先にある計測ラインを踏んで、
目の前の電光掲示板のタイムを見たら32分35秒でした。

お、32分台なら上出来かな、と思ったけど、
距離が短かったのね(笑)
後でガーミン見てガッカリしました(笑)


疲労感はなかったのでバイクまではちゃんと走ります。
ガーミン押すの忘れて30秒経過後くらいに押したかな。


スイム 2km、実際は1800mちょいっぽい。
データはスタート前20秒と、ラン30数秒30m分くらいを含みます。
ので、純粋な泳ぎタイムは1820m32分くらいですね。
1:45ペース。遅い!(T_T)



心拍取れず!
バイクの途中で心拍計が止まってしまってスイムデータも吹っ飛んだようです。
ざんねーん(´Д` )


スイム 32分33秒、全体順位47位、女子2位。

ちなみに女子1位は、静岡県強化選手の甘糟選手28分12秒!!(笑)
その差4分以上(^◇^;)こりゃ無理だw


んーーーーー、60点!
積極性足らず!
次出るときはもっと攻めたいです。


バイク編に続きます~。


ブログランキングに参加しております。
これで今年の海スイムは終了です。次はまた2017年の5月かな。
ちょっと悔いが残るラス泳ぎでした。

ここで満足せず、来シーズンもう一段二段上がりたいです!(`_´)ゞ

スイム出身選手に勝つのは容易じゃないけど・・・
女子1位目指して頑張りますので応援宜しくお願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村