2017年04月06日の記事 (1/1)

アップで上げておくと心臓は反応してくれる♪

5時起床、起床時心拍はちゃんと測れず。
58とか54とかだったけど、全然そんな感じじゃなかったから
落ち着いて測ろうとしたら二度寝しそうだったから諦めた(笑)

ハムストの筋肉痛はちょっとあるけどまあ大丈夫そう。
土曜日から走ってないから走りたくてしょーがないw


まずはローラーでウォーミングアップ10分。
今の負荷だとちょっと100回転でも最初しんどいかな~と思って
負荷装置を外そうかと思ってみてみたら、


あっ、

負荷装置の負荷が、いつのまにか、3になってたwwww

20170406074117789.jpg


いやーどうりで速度でないな~と思ってたんだよね~~~www
まあローラーだから速度や距離どうでもいいんだけど、
体重2㎏くらい増えたからそのせいかなーと思ってたwww

負荷ローでだいたい実走と同じくらいの速度-パワーになるんで、
3になってりゃそりゃ速度出んわなw
まあその方が静かでいいんだけど。タイヤの減りも少ないだろうし。

とりあえずLにして10分間軽く回しておきました(^^ゞ

20170406074308376.jpg

うん、100wで25km/hくらいになってたwうん、そんなもんそんなもんw
(負荷3だと15km/hくらいになってたw)


良い感じに身体温まって、すぐランへ。
1㎞ほどまたガーミンをインターバルモードにするのを忘れて走ってしまう(笑)

バイクではそんなに心拍上げるまではいかなかったので、
ランのアップ2㎞で少し上げておく。150bpmくらいまで。

グラウンドについて軽く動的ストレッチしてスタート。
500mを8本、レストは200mのウォーク。

前回のデータを西内さんが見て下さって、
スピードを上げても上がってるのはピッチだけでストライドが変わってないことを
指摘して下さいました。後ろ脚が伸ばしてるだけになってて地面を押せてないだろうと。
今日はそこを意識して走りました。

ラップ、タイム、ペース、平均心拍、最大心拍、ピッチ、ストライド
1 、 2:26 、 4:52 、 148 、 157 、 190 、 108
2 、 2:24 、 4:46 、 151 、 161 、 192 、 111
3 、 2:20 、 4:39 、 155 、 164 、 193 、 112
4 、 2:17 、 4:34 、 159 、 169 、 197 、 113
5 、 2:14 、 4:28 、 163 、 173 、 198 、 113
6 、 2:11 、 4:21 、 164 、 176 、 199 、 117
7 、 2:10 、 4:20 、 165 、 177 、 202 、 116
8 、 2:06 、 4:11 、 169 、 179 、 204 、 119

よし拡がった!
前回は最後のラップ(@4:14)でもストライド115だったもんね~。
ピッチは211だったから、より大きな走りで同じくらいのペースで走れた。

でも心拍は今日の方がかなり高かったなぁ。
179まで上がったのは久しぶり!
やっぱりアップで上げておくと上がるね~(^^)

20170406081440680.jpg



前は心拍が上がる=消耗激しい、といいイメージではなかったけど、
スピード出して走る時は心拍が上がらない(=心臓が動かない)と筋肉が反応しないので
うまく走れないんだってことが分かってきた。
さらに、ピッチが速い=心拍が高い、とも限らないことも。
より筋出力を発揮できている時の方が心拍は高くなる。
だから大きな走りで、大きな筋肉を動員して走るとピッチが抑えめでも心拍は高くなる。

その高い心拍の状態でいかに筋肉の力を発揮し続けられるか、が高負荷トレーニングってことね。

今日は7本目8本目はかなり腸腰筋とハムストを使って走って
後半もちませんでした(笑)
7本目垂れちゃったもの(笑)8本目はラストだから気合で頑張ったけどw


面白かったです(^^)
この練習楽しい~。


さて大事なのが終わってからのダウンジョグ。
6分ペースくらいを意識して。

実際本番ではこのペースくらいで走ることになると思うから、
疲れた状態で、6分ペースをいかに上手く走れるかの研究になる。

スピード走の時と同じく、腕を大きく振って、胸を張って、後ろ脚で地面を押す。
心拍は下がらなくてずっとゾーン3になってしまったけど、
身体は楽に走れてた。うん、まあこの走り方なのかな。


いい練習だったと思います(^^)
また来週も同じパターンでいこう。


今晩から長雨みたいで週後半は走るの難しそうですね~(--;;
久しぶりにジムでも行ってトレッドミルかな?風邪ひくわけにいかないし。



ブログランキングに参加しております。
朝練派の人はうまく心臓を反応させるのが難しいですよね~(^^;
あんまり急に上げたら負担があるかなと思うし。
ローラーで10分早回し、お勧めです(^^)

朝から一人部活動、お疲れちーん、の応援クリック宜しくお願いします(^m^)
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

DHバー上のボトルを新調しました!(XLAB Torpedo Versa200)

ロングトライアスロンでは欠かせないDHバー付近のボトル。

去年まではこれを使ってました。
プロファイルデザインのアクアライト。とマウント。


これのいいところは、縦に長いのでスペースをそんなに使わないこと。
なので、DHバーが短い場合でも取り付けられるし、
握る部分を邪魔しません。

工夫すればバーの先の方にサイコンも付けられるし、
扱いやすい補給食バッグを自作して付けることもできました。


しかし問題点はその縦に長いこと。
ハンドルを低くしていると、タイヤと干渉してしまうのです。


今のポジションではアクアライトはちょっと厳しいみたい><;


ってことで、新しいのを買いました!
チームのメンバーが付けてたXLABのTORPEDOを借りて合わせてみたら行けそうだったので購入。
カーボンは高くて手が出ませんでしたのでアルミですが(^^;




さっそく取付け!
ベルクロ付けなので簡単です。




私かなりバーの幅狭いんですが付けられました。
相当カバー範囲は広いと思います。


これのいいところは、サイコンマウントがついてるとこ!
ガーミンマウントパーツになってるので、手持ちのガーミン-パイオニアの変換パーツをつけて
パイオニアサイコンを取り付けました。



吹っ飛んだら嫌なんでストラップ付けとかななー(笑)



位置的にはエクステンションバーの変速スイッチに重なりそうですが、
このマウント結構自由自在に角度が変えられます!ナイス!



見やすい、かつ、バーを握るのに邪魔にならない位置に付けられました♪



ドリンクは750mlくらい入ります。
横になっててボトルの中身全部飲めるのかな?

テスト。50mlだけ入れて吸ってみます。



吸口は噛んで吸うタイプなんでこぼれません。




素晴らしい(笑)ほとんど残さず飲めました(笑)




ストローはびろーんって伸びたままにならないように挟んでおくフックが付いてて、
左右どっちにも付けられます。




いやいやー、よくできてる!!!




このボトルは水分+電解質補給用に使います。
去年はエイドで水をもらって、適宜電解質パウダーかOS-1の粉を入れて
ストローで混ぜ混ぜして溶かしました。

それができるかどうかがポイントだなww

まあ中で水が揺れればある程度は溶けるでしょう。
今度試してみます。


ローラーなり実走なりで使ったらまた使い勝手を書きますね~。
とりあえずセッティング的には自由度高くてDHバーの幅とか長さには
適応力高そうでいい感じです!



問題はお値段。結構します。



うわ、Amazonたっか!!(笑)


Yahooでフリートさんが一番安いですね。14000円台。
XLAB TORPEDO VERSA200 エックスラボ トピード バーサ200 エアロバー ハイドレーションシステム アルミプレート

wiggleがダントツで安いけど欠品中~。
待てるならwiggleかな。
XLAB - Torpedo Versa 200 Aero ハイドレーションシステム



もっと安く済ませたいというかたはこれはどうでしょう?
竹谷さんがFBで投稿してて、これも気になってました。サイコンも付けられます。



私は極力出し入れしたくないのでストロータイプにしましたが、
気にならない方ならエイドでもらったボトルそのまま差し替えられるのでいいですね!



宮古島参加者の皆さんでまだハンドル回りが定まってない方~、
ボチボチ急がないとですよ(^^;
宮古島の現地メカニックさんところにもアクアライト置いてましたけど
さすがに事前に試しとかないとストローの長さとか調節しないとですしねw



とりあえず私は補給食とドリンク関係はフィックスです!
あとはウェア関係どうしよっかな~。



ブログランキングに参加しております~。
一つ一つが高い!!(笑)ですが、ロングトライアスロンは快適さが重要ですしね。
できるだけストレスなく給水・補給できるように工夫しましょ~。

レビューもちょこちょこやっていきます~。
ブログ応援クリック宜しくお願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ