FC2ブログ

大阪のオカンがトライアスロンするブログ

小学生のオカンがトライアスロンを楽しむ日々を書き連ねておりまする。

 

幼児プールで泳ぎの撮影w

妖怪ウォッチのイベントが終わって、
今度は家族で近所の屋外プールへ。

8月末までなので今日が最後かな。来週は赤穂に家族旅行だしね。

2014082321383463b.jpg

50mプール、すいてました。
しかも遊んでる中高生はほとんどいなくて、みんな泳いでた!
20140823213835e12.jpg

30分ちょいもらって、いざ練習~、と泳ぎだそうとしますが、

「時計禁止になりました~」

とプールガードからまさかのガーミン外してねのお願い。
えええええ><
ここが禁止されたらもう私ガーミン着けて泳げるプールないです(;_;)

しょーがない、時計見て・・・と場内の時計を見ると、
秒針ないやんけwwwwwwww

これはあきません。
もう今年は来ないけど、来年ベースクロック置いてもらわないと。
改善要求、出しておこう。


なんとな~~く、15:50ちょうどかな~~ってところから始めて(笑)、
1500m泳ぎ終わったところで見たら、16:17くらいかな~~~ってwww
秒針ないとさすがにきついわwwwwww

まあだいたい27分くらいだと思います。28分は行ってない。
前回ロングジョンで28分だったんで、やっぱり1分速いですね。

でも25mプールより1分以上遅い。
海だともうちょっと遅くなっちゃうだろなあ><


ハルさん水泳講座から学んで、今日新しく試してみたこと。
・太ももまでプッシュ
・キックしたら素早く足を戻して重ねる
・グライド中は指ピーン

えーと、太ももまでプッシュはすぐ諦めましたwwww
上腕二頭筋がパンパンwwwwwww
いや~、フルウェットではさすがに無理でした。
まず生腕で練習してからにします(笑)

キックして重ねる、も難しかった~~~~!
そこを意識してたらキック遅れます(笑)
まずは重ねようとするのではなく、すぐ戻すってことからですね。
これは毎練習徹底しますぞ。

グライドの指ピーンは、、、できてるときとできてないときと(笑)


いや~もうそれどころじゃなくて、疲れちゃって(笑)
だって朝から結構な強度でバイク乗って、暑い中ランして、
19kgを肩に乗せて妖怪体操でしょ~~?(笑)

だめだ、これ以上もう動けない(笑)


まあそんな状態でも27分で泳げたからいいかって思ったわw



旦那と息子が遊ぶ幼児プールに戻って旦那とバトンタッチ。
さすがに競泳水着じゃ浮くので、上にラッシュガードを着てましたが、
コンタクトレンズなのでゴーグルがないと思いっきり遊べないんですよね・・・。

なので、シリコンキャップとゴーグル姿で遊びました(笑)
鬼ごっこしたり、水中から息子の伏し浮きチェックしたり、楽しかった~。
やっぱりゴーグルしてないと本気で遊べんww
怪しいかもしれんけど、構わんwwwww


クローズ時間が近づいて、ほとんど泳いでる人がいなくなったので、
旦那にお願いして泳ぎを撮って貰いました。
ほんとは50mプールで撮ってほしかったんですけど、
そうもいかなかったので幼児プールでwwww水深80cmですwww
なんとも水が軽いこと軽いことwww



いつもの泳ぎではないかもしれないですが、
その分悪いところがよく分かりました。

・キック、自分では水中でできてると思ってましたが、しっかり出てましたwwwwドボーンwwwww
・足開いてるな~~~(^-^;;膝曲がってるな~(^-^;;
・やっぱりブレス中の左手が深く沈んでます。
・ローリングしてないです。まあこれは状況が状況なので。
・頭の位置が高いかな?

追記)ハル先生のご指摘♪(´ε` )
・左が肘引いてる
・膝下だけでキックしている
・ローリングを戻すのが速い

いやいや~こりゃたまに撮った方がいいですね!!!
キックはほんとショックでした(笑)ドボーンwwwwww
左の肘引きを治すのが最優先かな?
しばらく毎日でも泳ぎたいくらい!!!



ふい~今日はなんだかんだで3種やってしまいました。
さすがに疲れた~!明日はジョグくらいにしとこ。


来週はもうしーーーっかり軽くして、レースに備えます(^^)


明日はアイアンマーーーーン!!!!!!!!
鈴鹿ロードも!!!!珠洲も!!!!
各地でレースの皆さん、ふぁいとです!!!!!!!


オカンもおつかれちゃーん!の応援クリックお願いします(^人^)
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
関連記事

Theme : トライアスロン * Genre : スポーツ * Category : スイム

* Comment : (4)

No title * by ちょーみん
ありがとうございますね♪

全然分からない言葉だらけです(笑)

泳ぎもですが走るのもビデオで録って貰う方が良いですね…

故障の原因とか分かるかもですね(*^^*)


自分も行ってる所は時計ダメなんですよね(^_^;)
そして壁に掛けてる時計は秒針無し

泳いでいても黙々と泳ぐだけで張り合いが無いんですよね~

まぁ自分の場合は張り合いですがね(笑)

自分で分からなくて困れば、
見て貰う事が有るかも知れませんが、その時はよろしくね(*^^*)

ありがとうね♪

Re: No title * by RUMIOKAN
◆ちょーみんさん
スイムの用語はほんと分からない!!!(笑)
私も全然分からなくって、ちょとずつ覚えました。
いまだに略は全然分かんない。IM?Fr?


淡々と泳いでるだけでも距離は伸びていくんですけど
速くはならなかったですね~。
私トライアスロン始めた頃は月2回くらい淡々と泳ぐだけだったんですが
それを週2回、内容もドリルとフォーム確認とインターバルって組立てにしたら
どんどん上達しました。

でも何より、上手い人の泳ぎと自分の泳ぎがどこが違うのかの気付きと
それを改善するためにはどうしたらいいかの意識だと思います。
私も毎回毎回カイゼンばっかり><
でも楽しいですよ!!頑張って~^^


No title * by shinichiro
今晩は。

なんか、楽しそうな事やってますね。
ハルさんのブログすごいですね、あんな解析動画や写真が、もっと気軽に撮れる施設があるといいのですが。

2キックとか2キック半(足を重ねる動作あり)は、私が学生の頃は長距離を泳ぐ選手はスタンダードでした、6キックでも、推進力になるのは2回だけなのでそこだけアクセントを付けて打っていました。

ローリングを付けるポイントですが、ハルさんがおっしゃっているように、ストリームラインを崩さずに、広背筋など体幹部の筋肉を発動する事にポイントがあります。
ハルさんの言うように、手のひらを水面と平行を保ちながら、ローリングをすると肩胛骨が背骨の方にグーッと寄せられます。これが広背筋を発動するポイントになります。
さらには、腕が沈まずハイエルボーを作るポイントにもなります。
ルミオカンさんは、呼吸を入れる際に肩胛骨を寄せられずに開いているため、肩ごと沈んでしまっているようです。
腕は肩胛骨まで含めて腕であると言う意識が大事です。

フラットな泳法では、体軸を回転させずに、肩胛骨だけを動かすので、平泳ぎやバタフライのように、肩胛骨を回しながら若干外に、プレスする動作が入ります。どうしても外に動かす為、ストリームラインが崩れる感じになりますね。
どっちが良いのかは、意見が分かれる所です。

この辺の省エネ泳法は、中高年の方にエクササイズとして水泳をやるかたに教える泳法でもあり、心拍が100位でのんびり泳ぐおじいちゃんを見ていると、水泳でLSDも有りではなんて思っております。

おっと、また長くなりまいたね、失礼!

Re: No title * by RUMIOKAN
◆shinichiroさん
へへ~、撮影しちゃいました(^皿^)
幼児プールですけどもww
さすがに水中写真は撮れませんでしたが、
上からでもアラはいっぱい見つかりました(笑)

>6キックでも、推進力になるのは2回だけ
あ、そうなんですね!ハルさんとこにも書いてたなあ。
私もうたまにしか6キックやらないですけど、
完全にずっと同じ強さ同じリズムです。
今度やってみようっと!

>肩胛骨が背骨の方にグーッと寄せられます。これが広背筋を発動するポイントになります。

肩甲骨を寄せる!それ忘れてました。
広背筋を使っている感覚はあったのですが、
ぐっと寄せる意識はしてなかったです。

>ルミオカンさんは、呼吸を入れる際に肩胛骨を寄せられずに開いているため、肩ごと沈んでしまっているようです。

なるほどなるほどなるほど!!!
陸上でやって理解できました!分かりやすくご説明ありがとうございます!
まさに肩からずぼっと沈めてましたしそれでいいと思ってました。
そうか、ローリングそのものの認識が間違っていたようです。
次意識してやってみます。

あ~意識することが多すぎて覚えられません~><;


水泳でLSDか~気持ちよさそうですね~(*^-^*)
プールサイドに水分が置けて、詰まったり詰まられたりしない環境なら
3時間くらいはやってもいいなあ~。

ほんとにいつもありがとうございます。
shinichiroさんのおかげで、ランは動きが軽やかになってきたと思います!
まだ長い距離走っていないので、涼しくなってきたら
少しずつ距離を伸ばして身体を作っていきます~~!

コメント









管理者にだけ表示を許可する

No title
ありがとうございますね♪

全然分からない言葉だらけです(笑)

泳ぎもですが走るのもビデオで録って貰う方が良いですね…

故障の原因とか分かるかもですね(*^^*)


自分も行ってる所は時計ダメなんですよね(^_^;)
そして壁に掛けてる時計は秒針無し

泳いでいても黙々と泳ぐだけで張り合いが無いんですよね~

まぁ自分の場合は張り合いですがね(笑)

自分で分からなくて困れば、
見て貰う事が有るかも知れませんが、その時はよろしくね(*^^*)

ありがとうね♪
2014-08-24 * ちょーみん [ 編集 ]

Re: No title
◆ちょーみんさん
スイムの用語はほんと分からない!!!(笑)
私も全然分からなくって、ちょとずつ覚えました。
いまだに略は全然分かんない。IM?Fr?


淡々と泳いでるだけでも距離は伸びていくんですけど
速くはならなかったですね~。
私トライアスロン始めた頃は月2回くらい淡々と泳ぐだけだったんですが
それを週2回、内容もドリルとフォーム確認とインターバルって組立てにしたら
どんどん上達しました。

でも何より、上手い人の泳ぎと自分の泳ぎがどこが違うのかの気付きと
それを改善するためにはどうしたらいいかの意識だと思います。
私も毎回毎回カイゼンばっかり><
でも楽しいですよ!!頑張って~^^

2014-08-24 * RUMIOKAN [ 編集 ]

No title
今晩は。

なんか、楽しそうな事やってますね。
ハルさんのブログすごいですね、あんな解析動画や写真が、もっと気軽に撮れる施設があるといいのですが。

2キックとか2キック半(足を重ねる動作あり)は、私が学生の頃は長距離を泳ぐ選手はスタンダードでした、6キックでも、推進力になるのは2回だけなのでそこだけアクセントを付けて打っていました。

ローリングを付けるポイントですが、ハルさんがおっしゃっているように、ストリームラインを崩さずに、広背筋など体幹部の筋肉を発動する事にポイントがあります。
ハルさんの言うように、手のひらを水面と平行を保ちながら、ローリングをすると肩胛骨が背骨の方にグーッと寄せられます。これが広背筋を発動するポイントになります。
さらには、腕が沈まずハイエルボーを作るポイントにもなります。
ルミオカンさんは、呼吸を入れる際に肩胛骨を寄せられずに開いているため、肩ごと沈んでしまっているようです。
腕は肩胛骨まで含めて腕であると言う意識が大事です。

フラットな泳法では、体軸を回転させずに、肩胛骨だけを動かすので、平泳ぎやバタフライのように、肩胛骨を回しながら若干外に、プレスする動作が入ります。どうしても外に動かす為、ストリームラインが崩れる感じになりますね。
どっちが良いのかは、意見が分かれる所です。

この辺の省エネ泳法は、中高年の方にエクササイズとして水泳をやるかたに教える泳法でもあり、心拍が100位でのんびり泳ぐおじいちゃんを見ていると、水泳でLSDも有りではなんて思っております。

おっと、また長くなりまいたね、失礼!
2014-08-24 * shinichiro [ 編集 ]

Re: No title
◆shinichiroさん
へへ~、撮影しちゃいました(^皿^)
幼児プールですけどもww
さすがに水中写真は撮れませんでしたが、
上からでもアラはいっぱい見つかりました(笑)

>6キックでも、推進力になるのは2回だけ
あ、そうなんですね!ハルさんとこにも書いてたなあ。
私もうたまにしか6キックやらないですけど、
完全にずっと同じ強さ同じリズムです。
今度やってみようっと!

>肩胛骨が背骨の方にグーッと寄せられます。これが広背筋を発動するポイントになります。

肩甲骨を寄せる!それ忘れてました。
広背筋を使っている感覚はあったのですが、
ぐっと寄せる意識はしてなかったです。

>ルミオカンさんは、呼吸を入れる際に肩胛骨を寄せられずに開いているため、肩ごと沈んでしまっているようです。

なるほどなるほどなるほど!!!
陸上でやって理解できました!分かりやすくご説明ありがとうございます!
まさに肩からずぼっと沈めてましたしそれでいいと思ってました。
そうか、ローリングそのものの認識が間違っていたようです。
次意識してやってみます。

あ~意識することが多すぎて覚えられません~><;


水泳でLSDか~気持ちよさそうですね~(*^-^*)
プールサイドに水分が置けて、詰まったり詰まられたりしない環境なら
3時間くらいはやってもいいなあ~。

ほんとにいつもありがとうございます。
shinichiroさんのおかげで、ランは動きが軽やかになってきたと思います!
まだ長い距離走っていないので、涼しくなってきたら
少しずつ距離を伸ばして身体を作っていきます~~!
2014-08-25 * RUMIOKAN [ 編集 ]