スイム→爆睡でスッキリ疲労回復

8月最初のスイムだん。疲労回復でゆるりゆるり。
メニュー:インターバル(バイク)
実施内容:スイム1200m (pm5:00スタート)
今日ね、めーーーっちゃくちゃ眠かったの、仕事中。
あたしの仕事、月の2日~4日が超忙しくて眠いとか言ってる暇皆無なんだけど、
それでももう眠くて眠くてしょうがなくって。

午前中に眠眠打破一本投入したんだけど眠気晴れず、
午後はもう死んだようにパソコンと伝票と闘いまして。きつかったーーーー!!

今朝回復走だったんで5時にしか起きてないし、6時間以上寝てるんだけどな・・・・・・。
疲労が溜まってるのかなあ・・・・。

ここ、迷いどころですよねぇー。
練習量落とすのか、このまま行って身体を慣れさせるのか。

まあそもそも「休養もしくは軽いジョグ」ってメニューの時に全部ジョグしてるのが悪いっつー噂もあるww
完休日作った方がいいのかな?
でも30分のゆるいジョギングなんて通勤で歩いてるのと変わらない強度だよなあ・・・。



明日スイムスクール行きたいけど保育園の保護者会あって行けないし、
週末バイク乗るから今日はスイムでもいいかなーと一応水着を持って出てたんで、
疲労回復にゆーっくり泳いできました。


うん、気持ちよかった!!
たった30分でしたが、水に入ってゆっくり身体を動かすとものすごくスッキリ。
やっぱりスイムは回復にいいのだなあ。
「休養もしくは軽いジョグ」の日、夕方スイムに変えるっつー手もあるな。。。


ただ、最寄のプール(スポーツジムのプール)は平日夕方は1レーンしか泳げないので
1人スローな方がいるだけで遠泳もダッシュもサークル練習も全くできないのです。

今日はかなり厳しかったですw
5人くらいレーンにいて、3人スローでした。
かえって「あ、今日は回復とドリルのみ!うん!」と開き直れてよかったですが(笑)



距離もガーミン任せでターン数も数えず、
コース上の超スローな背泳マダムにいらつくこともなく華麗にコース上でUターンし、のーんびり。

あんまりドリルの予習もしてなかったので、「呼吸」に絞って練習しました。
・2回に1回/3回に1回にしてみる
・出来る限り我慢してみる
・左呼吸の練習
・口全部出さずに半分で吸う練習してみたり
・水中で吐くか止めるか比較したり

ん~左呼吸難しい~~。ちょっと鼻に入った><
これは続けて練習しないと自然にはできそうにないなあ。毎回やろう。

いつも毎回かくたびに息継ぎしてたから、隣の人と当たってできなかったらすぐ怖くなったけど、
こうやって何回かに一回って練習しとけばいいんだね。

あと、息苦しく感じるまで呼吸できないとたちまち怖くなることが分かった。
まあ当たり前かw

水中の息、ちょっと調べたんですが・・・
「水中では止めて肺に空気を留めて浮く」
「水中で息は鼻から吐き切って、息つぎは吸うだけ」
「8割くらい水中で吐いて、残りを吐く・吸う」
えええ、どれですかwww

完全に止めると苦しいなあ。
吐く吸うを一気にやるのも難しい。
吐いても沈んでいく感覚はないから、自然にしとけばいいのだろうか?
むー、継続して調べる&聞く&練習して試します。



なんか、あの、、、ど素人な日記ですいません(^-^;
ランとバイクは何書こうかだいたい思い付くんですけど、
スイムってほんとに何も知らないので、、、
小さい頃からやってるのになあー。

まあ、予習してって→試してみて→感じたことを、書きますね。

まだまだ、速く泳ぐってレベルではないなぁー。
とりあえず海で1500m途中で止まらずに泳げるようになりたい><


【8月月間トレーニング距離】
スイム : 1.2km
バイク : 27km
ラン  : 20.7km



帰ってご飯作って食べて&食べさせて、
旦那のご飯も用意して、

息子がトミカでうひょうひょ遊んでる横で仮眠。

旦那帰って来て息子の相手してくれてたので、そのまま3時間ほど爆睡させてもらいました。
あーーーーーーーすっきり。

疲れたら、軽いスイム&深く短い睡眠、で乗り切ろうと思います♪

にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

関連記事

コメント

おつかれさまです〜

スイムの呼吸は、僕もできてないけど
ちょっとしたセオリーはあります。

が…ちょっと文章で書くには難しいので
またお会いした時にでも(^_-)
>まやさ~ん
あ、そうなんだ!
わ~今度教えて~~><

お借りしてるTIスイムの本とDVD、
見てはいるけどなかなか実践に結び付けられてないなあ。
よし、次回ちゃんと意識してやってみよっ。

またスイム練ご一緒させて下さいね(^^)

管理者のみに表示

トラックバック