レースのトレーニングとしての効果

朝ラン、ジョグ10キロ。
5時起床、5時半スタート。


氷点下2℃(笑)

私のすんでる地域はめったに氷点下にならないのでさすがにビビりました。



しかしファイントラックのベースレイヤーを重ね着して走り出したら、
ちーとも寒くない不思議(笑)


風がなくて、足元に雪がなければ、
気温的にはまだまだ低くても走れそうですね。

自転車はそうはいかんでしょうけどww


練習目的:回復、有酸素能力維持
メニュー:E1(ゾーン1一定)、S1(ウインドスプリント)*5本

距離: 10.01km
タイム: 59:55
平均ペース: 5:59min/km
カロリー: 395C
平均心拍: 129bpm
トレーニング効果 : 2.3


うっひょーい、なんと6分ペースでもゾーン1前半になっちゃったわよ。
心拍120台。ありえんww
ジョグでも150を超えることがしばしばあるのにwww


それもそのはず、本日の起床時心拍45!
今年の、いや今シーズンの最低値です。


こりゃあれですねー。
日曜に大阪ハーフマラソンで2時間近く心拍170オーバーでいたもんだから
心臓が対応してくれちゃったわけですね。

もっと一拍で酸素送らんと間に合わんwwwと(笑)


そう考えると、やっぱりレースは最高のトレーニングですね。
自分一人じゃあんな強度で21キロ走れないもんなぁ。


もちろん、ダメージが残らなければ、って話ですが。
もう筋肉痛もないし、故障っぽい痛みも一切ないので大丈夫でしょう。
これがフルになるとそうはいかないんでしょうね。


あとメリットとしてはもちろん、レース経験を積めるってことですね。

人の避け方、給水の取り方、取ったコップが空だった時の対処法(笑)、
足攣りの対処、気象条件とウェア選択、レース前の食事の選択。

踏ん張りどころで人より頑張れたってところで自信をつけ、
踏ん張りどころで人より遅れたってところで甘さを知る。


普段ボッチで練習してる身としてはなかなかいい経験となりました。
8000円の価値はあったかな(笑)


エントリー費用もですが、
日曜日に家を空けてばっかりじゃあかんので厳選しないといけませんけど
たまにはこうして練習レースを入れてみようと思います。


ブログランキングに参加しております。
さあ、泉州マラソンをどう走ろうか、と悩み中のオカンに
応援のクリックをお願い致します~。
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村
関連記事

コメント


管理者のみに表示