練習強度の疑問を解決できないまま

今期は結構真面目に心拍ゾーントレーニングをやっています。
この本の影響です。
トライアスリート・トレーニング・バイブル。



ランとバイクで別のゾーン表となっていて、
ランで心拍数が上がりやすい自分にも適応できたのが大きかったかな。
今までだと、ちょっとジョグしただけで「強度85%」って取られて
全部が全部高強度トレーニングにされてたし(笑)


期ごとに推奨されるトレーニングメニューには
心拍ゾーン、時間、インターバル、セット数が提示されていて、
ペースをさほど気にせず心拍数と時間だけ見ていればいいので
分かりやすい。
調子が悪い時いい時あるからペースベースだと強度が大きくブレるけど
ゾーンベースだったら強度は一定に保ちやすい。

ガーミンには自分のゾーン設定をした上で常にゾーンを表示してる。
心拍数を表示してるより断然分かりやすい。
いくつがどのゾーンとか覚えてらんないし(笑)



先週一週間のトレーニングを見てみると、



一番多いのはゾーン3で、4時間半ほど。
うち1時間半は日曜のバイク。
レスト週なのでポイント練習的なものは抜いてるから
ゾーン4や5はほとんどない。

ゾーン3はきつい練習ではないけれど、
長時間続けるとそれなりにダメージがある。
ランだとペース走、バイクだとテンポ走と言われる練習で、
1時間くらいなら平気。
なので、1時間くらいの練習が多い私のメイン域になりがち。


が、果たしてそれでいいのか、っていう疑問が常にあるのね~。
だって、ロングディスタンスのレースではそんな強度で走らないもんなぁ。


バイブルにも、ゴール時間が8時間を超えるレースのトレーニングは
ほとんどがゾーン2で組み立てるべし、とある。



練習時間が長時間取れないから、
その分高めになってもいいんじゃないか、とか、

高めにやってればレースでは余裕度が上がるんじゃないかとか、

去年はまさに低強度長時間のトレーニングだったけど、
よく体調も崩したじゃないかとか、

いやでもやっぱりロングレースの練習は低強度で長くが
セオリーなんじゃないの、ああ時間取れない焦る焦る、とか



もやもやしている、レース3ヶ月前のおかんでありました(笑)


そして今週から基礎期3。
ゾーン4が入ってくるのでまた組み立てに苦慮しそうです。
む?4と2で組めばいいのか。



あ、ごちゃごちゃ考えてるのも好きなんですよ(笑)



ブログランキングに参加しております~。
「基本的に緩いトレーニングは好きじゃない」もあるあるかな(笑)
今日もどうぞポチッと応援お願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

練習強度ね
30km走が練習のメインだけど、去年30kmで終了したとか
30km走と20km走とジョグしかやってないけど、スピードは大丈夫かとか
常に強い不安がある
それでも色々試さないのも性格w
Re: タイトルなし
◆季節外れさん
そっか、今気づいた。

何をやっても不安は消えないってことに(笑)
きっと距離を踏むだけでも不安だし、バンバンスピード練習やっても不安なんだよ(笑)
ありがとう、季節外れさん(笑)

毎年が実験だから、今年はこの実験でいこうっと~。

管理者のみに表示