バイク輸送準備作業その(1)

今朝も隙間時間を使ってバイク梱包作業をしました。
まとめてやろうとすると土日でたっぷり時間使うし
子供の相手しながらになって危ないからね( ̄▽ ̄;


ホイールはクイック抜いて、空気ちょっと抜いて、
スプロケを緩衝剤でカバーしておきます。




フロントも、と言う時に、大事なことを思い出しました。
前輪はタイヤ変えてからシーラントを入れてなかったのです。

どうしよう・・・入れると重くなるし、扱いも面倒になる・・・。
(空気入れる時にバルブの位置を気遣う必要があります)

パンクしてから入れればいいからってサドルバッグに入れている人もいますが
どう考えてもレース中にパンクしたらその冷静さはないなwww


ってことで、入れときました。転ばぬ先の杖、ね。



あと気になってたもう一つ、バルブエクステンダーのスペアがないのです。
折れたり抜けたりしたらレース続行不可能、
使うことはないだろうと思いつつ、その場でネット繋いでポチっておきました。


ホイールは自作のホイールカバーに入れてます。
だだーーっと縫っただけですけどw




さて、バイク本体です。
マーキングしてシートポストは抜きましたが、
あんまり抜いたり挿したりしたくないなって思いました。
抜き差しでしっかり削れてる感じです><


ハンドルを長いタイラップで何か所か固定。
フロントフォークのエンドはキャップをしておきます。



リアは輪行用のエンド保護金具を付けました。



これ、苦手(笑)
まあチェーンを絡めなければなんてことないんですが
チェーンを絡めると一気に作業の難易度が上がりませんか?(^-^;
やり方がおかしいのかな~?


ディレイラーやクランク、ブレーキを緩衝剤でくるんで保護。



リアディレイラーは外すべき、って方もいらっしゃると思いますが
外して短時間で取り付けられる自信がないので
今回は付けたまま行きます。
横から圧力がかからないように詰め方は注意します。



おー、シートポスト抜くとかなり余裕もって入れられますね。



サドル外すと水平調整とか超大変なので、
まだシートポスト抜く方が楽ですね。
でも、傷が気になるなあ~。まあ年1回なので大丈夫でしょうけど。。。


フレームも緩衝剤でカバーしたら本体はおしまい。
ダイソーで売ってるカット済みの緩衝剤が便利ですよ。
現地で同じように作業できるようにセロテープやタイラップもお忘れなく~。



さあ、明日はここにテトリスのように荷物を入れて行きますよ(笑)

ふふ~3回目の遠征準備、結構余裕でやれてます(笑)
人って成長しますね~(笑)


油断してシートポストやペダル忘れないようにしなきゃwww



ブログランキングに参加しております!
最初の年は梱包&組立のリハーサルもしました。
個人的には、「梱包も組立も自分でやれて一人前!」と思います。
不安なら、学ぶべし!練習すべし!
大丈夫、オバちゃんでもできてる!(笑)
頑張るオバちゃんをクリックで応援してください(*^_^*)
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
関連記事

コメント

オゥ(((((((・・;)日本語を読んでる気がしませんでした。 ムツカシイΣ(×_×;) リアて事は 後ろだよな?とか、そんなレベルで チンプンカンプンなのが哀しいです。 あ、私に出来ることは。。。レース前にチューブ交換の練習しなくっちゃ!!
今日は仕事休みなので、ウェット持って50mプール行ってきました。 おっそいのは まぁ置いといて、腕が疲れない泳ぎ方が 分かった気がします\(^-^)/ 脚はルミさんの言うとおり「浮かせておく」で、意識しない方が 泳ぎやすい事も分かりました\(^-^)/
あと10日ですねー!!!

Re:
◆まなこさん
できるだけ初心者の人にも分かるように(私もまだまだ初心者です)
専門用語は使わないようにしたいのだけど、
バイクの部品の名前ばっかりはどうしようもないので
教科書の名称一覧とかと照らし合わせて読んでください(笑)

ウェット、浮くよねー。
海だとさらに浮くからね〜。
ちゃんと水面を滑るように泳げてればめちゃくちゃ楽に進めるよ!
がんばってー!!

管理者のみに表示