【五島レポ】スイム編(1):慎重になりすぎた!

今日もまだしんどくて足もめちゃくちゃ浮腫んでます。
まあ去年もなったから今更驚きはしないけど、
やっぱりトライアスロンってのは凄いダメージなんだねえ。

たぶん健康にはよくないんだよねえwww


しんどかったけど、
頑張ってバイクをきれいにして注油しときました。

20150617195813079.jpg


また来月、今度はショートで頑張って貰わないといけないしね。

練習、できるかなあ(笑)
とりあえずまだ、練習したいという気持ちが湧いてきません。

明日はプール行こうかな(^^)



さて、レポのつづきです。
一日1個2個とは限りませんので付いてきてくださいねww
もしくはまとめてお読みください(笑)




スイムのコースは、富江港1周1900mを2周の3800m。
1周目がフローティングスタートの分短く、
実際には1周目1875m、2周目1925mくらいなのだと思います。
なので、1周目より2周目の方が約50m分長くなり、
100m2分ペースのイーブンなら1分長くかかります。たぶん、ですが(笑)

Goto2015SwimMap.jpg

まずはスタートダッシュ。
ダッシュってほどでもないのですが、
先頭から出ているので少しピッチを上げて泳がないと、
後ろの屈強なオニイサマ方にバチンバチン叩かれて乗られてしまうのでww

少し速いピッチで、毎回ヘッドアップして位置の確認をしながら進みました。
ヘッドアップと言っても第1ブイの場所を確認するというよりは、
周りの選手との間合いを測るような感じだったと思います。
いたずらに近づいてゴーグル外れたりなんて事態は避けたいので・・・。


先頭から出たおかげで、もみくちゃになることもなく、
ストロークが邪魔されない程度の接触状況で第1ブイ350m手前まで到達しました。
まあでも、数回はお兄さんを横に乗り越えるために止まったかな(笑)


ちなみに、①ブイはスタートから350mですが、
先頭の石橋選手はもうすでに独泳です。

swim1-1.jpg

ここに写ってるので15人くらいでしょうか。
リザルト見ると全員60分以内ですね。
皆さん綺麗に最短距離、縦一列でドラフティング。

ここを目指したいなあ・・・。


その頃まだ後ろではこうなってるわけです。

swimstart.jpg

コワイヨー(笑)


去年より今年の方が、明らかに最初350mのバトルが少なかったです。
人数増えてるのに。
ガーミン見ると、去年は最初がだいたい1'55ペースでスタートしてるのに対し、
今年は250mくらいまでは1'30ペースで速めに泳いでるんですね。
これくらいだと乗られたりつつかれたりすることなく、
スムースに前に出られるんだなってことが分かりました。



最初の①ブイは去年最も混雑して大変だったので、
少し様子を見ながら、バトルに突っ込まずに開いてる隙間に入りました。
ゆっくりでしたが、激しい衝突もなく、うまく回れたと思います。


次の②ブイまでは200m。
まだまだ前後左右にたくさんいるので特にヘッドアップはしません。
流れに沿って泳ぐのみ。
たくさん泳いでいて流れも速いので楽に泳げました。


Goto2015SwimMap.jpg


②ブイから③ブイは540mあり、ブイの確認は難しいことは去年で分かっていたので
もう無理にヘッドアップでの方向確認はしませんでした。
たまに斜め右を見て③ブイの手前のブイを確認する程度。

むしろ周りの選手のうち誰の後ろにつくか探したり
ついてた選手がペースを変えたら落としたり、
後ろからつついてくる選手をどう振り払うかに気を取られていた気がします。
まだまだ混雑していました。


③ブイに近づいてからは頻繁にヘッドアップしてブイの位置を確認し、
細かく方向を修正しながら泳ぎました。



③ブイを曲がってすぐに④ブイ。
見るからに混雑していたので、また様子を見ながら隙間を抜けます。
特に当たりもせずスムースに抜けられたと思います。

④ブイを回ってからは復路。
ここまではロープが右側にあったのですが、ここからは左側になります。
ここのために左ブレスして左ロープを確認しながら泳ぐって作戦もあったのだけど
結局左ブレスが上達せず諦めました(笑)

ここも距離が長くてしばらくブイが確認できないのは分かっていたので、
ブイ確認のためのヘッドアップはせず。
ほぼ右の視認と間合い確認の斜めヘッドアップのみです。

物凄く身体の大きいお兄さんが前を泳いでたので後ろで楽をしようとついてみたのですが
キックが激しすぎて断念しましたwww
この浮きまくりの海であれだけ激しいキックができるのは
相当筋力があるんだろうなあ。。。

あ、わたくし今回ほぼノーキックでした(笑)



1周目最後、⑤ブイを回ったスタート地点へ戻ります。
ここもあくまでも最短距離を行くために、左のロープを確認しながら。
ただし幅は細くなってくるので、あまりロープ際際にいると選手とロープに挟まれる(笑

1周目できるだけギリギリまで泳いで上陸。
あまり早く上がると脚がめちゃくちゃ張るのは西内真紀プロに教えてもらった。

まあまあじゃないかな~。目標タイム通りで泳げていると思うのだけど、
だから、34分以内のはず!

ガーミンを見る、、、なんと、36分を超えていた!

えええええええ???
そんなバカな!!!!

やばい、慎重に行きすぎたんだ!
これじゃ68分どころか70分も切れない!!
後半の方が長いのに!!!

一応水を取って給水はしたけど、すぐに走ってもう一度入水しました。



なお、ガーミンを1分前にスタートさせていることはこの時気付いてません(笑)


続きます。


ブログランキングに参加しております~。
おおおおお、「スポーツブログ」でフィギュアスケートの超人気ブログより上にいる~~~!!(笑)
せっかくの機会なので、一般の人にもトライアスロンの楽しさを知ってほしい!
なので是非クリックして総合順位アップさせてくださーーい!(笑)
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
関連記事

コメント

ノーキック
ちがうよ。
キックをそれだけ打ってもオカンさんと変わらないスピードって言うことは筋力があると感心するのではなく、泳ぎがヘタッピととらえましょう(笑)
トライアスロンのスイムは技術と効率と脚力温存。
オカンさんのノーキックが正解。
と、ここは優越感に浸りましょう(*´艸`)
Re: ノーキック
◆ハルさん

そっかそっか(笑)
そうですよね!キックあれだけして一緒のペースってことは
プルの技術は私が上なんだー!(笑)

去年はちょっとはキックしたんですが
今年はほんとに完全にノーキックでした(笑)
まあ、だから予定より遅かったのかもしんないですけど・・・^^;
普段キックに頼ってるところはあるので、
もっとプルだけでもガンガン進めるようにならなきゃなあ。

そしてまたさらにギャクサンへ・・・(苦笑)

管理者のみに表示