FC2ブログ

大阪のオカンがトライアスロンするブログ

小学生のオカンがトライアスロンを楽しむ日々を書き連ねておりまする。

 

【五島レポ】ラン編(2):諦めなければ奇跡は起きる

続きです。


1周目の折り返し10.5kmを出発し、
次はハーフを目指して走ります。

まさかこんなことになるなんて思ってもみなかったので、
ハーフの関門時間が分かりません。
でも取り敢えず走れるギリギリのペースで行くしかない。
ゴール15時間、22時まであと5時間弱。
キロ9分なら行けるはず。

ガーミンのペース表示は8分台と9分台を行ったり来たり。
決して余裕があるわけではないのは分かっていました。
なので、きつい上りも絶対に歩きませんでした。


意識や視界の状態は変わっておらず、
相変わらず朦朧として、濃い霧の中にいるようです。



反対方向から、
オカン!オカンどうした!オカンがんばれ!!と
大きな声で呼んでくれる人がいました。
知り合いではないようだったので、読者さんなのでしょう。

目が半分しか開かないような顔で、
あ、はい、ありがとうございます、と頷き返すのが精一杯でした。

自分もレース中なのに、きっとしんどいはずなのに、
あんなに力強いエールをくれる。
それに対して自分はなんだ。
出せるだろう、声。挙げられるだろう、手も。
なのに、頷くだけしかしなかった。

情けない。情けない。
尊敬しています、参考にしています、たくさんの人に言ってもらったけど、
そんな資格なんかない。そんな価値などない。
情けない。
涙がこぼれた。



またテレビカメラが来た。

もう反応もしたくない。見たくもない。
でも、そんな無責任な自分も嫌だった。

「分からないです。ギリギリです。。。」

そう伝えて、後はもう意識から消した。




後ろから、フェイスブックで友達になってる同じエイジの子が来た。
実力のある人だけど、体調が悪かったのか後ろにいたようだ。

私が歩くようなペースで走っているのを見つけて、
「オカン何やってるの!?走らんか!!連れてったるわ!!」
と手を引いてくれた。

「あかんねん、おかしいねん、、、ごめん、ありがとう、、」
そう答えて、手を離した。

彼女は、先に行き振り返りながら、
諦めんな!行ける!頑張れ!何度も言ってくれた。

悔しかった、悔しかった。
ほんとは彼女と入賞争いをするつもりだった。
悔しい、悔しい。

歯を食いしばり、声を上げて泣いた。

しっかり、カメラが撮っていたけど、
声を上げて泣いた。




また後ろから1人、
「オカン頑張ろう、完走しましょう」
声をかけてくれた。

前からも、オカン頑張れ!の声。
声を振り絞って、ありがとうと答える。


この15kmくらいの間、いったい何人の人に声をかけてもらっただろう。
その多くは知らない人で、きっとブログを読んでくれている人だ。

五島のランコースは21kmの2周。
速くてもゆっくりでも、多くの人とすれ違うことができる。
それが楽しみの一つだった。
エール交換しましょう、声かけて下さい、そうたくさんの人に言った。
なのに、エールは貰ってばかり、私からはお礼を返すのが精一杯で、
一度も頑張ってと言えなかった。


あの時、頑張れと言ってくれた皆さん、ありがとう。
お返しできずすみません。
皆さんのおかげで、気持ちを切らさず前に進むことができました。
次は元気に前を向いて走っている姿をお見せしたいです。




17kmくらいまで来た。

ふと、意識がはっきりしている事に気付いた。
目も見えている。

効いてきたのかもしれない。
塩が、回ってきたのかもしれない。

時間はギリギリだけど、このまま走れるなら、
止めなくていい。止めることを選ばなくていい。
もう一周、走っていいんだ。

いけるかもしれない。

ハーフでのリタイアが頭にあったので、
自分の身体に起こった奇跡が嬉しかった。

諦めなくてよかった。
あそこで立ち上がってよかった。
諦めず進んできてよかった。
まだ、繋がってる。続けられる。




中間地点までもう少し。
多くの人が2周目で、そのままゴールに向かう。
ゴールの外濠公園からは、MCのおめでとうの声がひっきりなしに聞こえる。

私もその声に呼んでもらえるだろうか。
たとえギリギリでもあのゲートをくぐれるだろうか。



ハーフのラインを越えたあと、横に書いてあった関門時間を見た。
あと35分あった。

ああ、まだだいぶあったんだ、よかった。

でも、ギリギリなのはなんら変わらない。
全然気は抜けない。


それでも、1時間前とは全く違う体の感覚に、



行ける。



そう確信した。





続きます。



ブログランキングに参加しております。
最後まで是非、応援クリックお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ



関連記事

Theme : トライアスロン * Genre : スポーツ * Category : 大会・イベント

* Comment : (4)

何か勝算があるのだろう * by まや
この時、Webで速報を見てて
ハーフで3時間以上かかったのを知った時に
「何があったんだろう?」
って、全然分からなかった。
でも、残り3時間で走ればなんとか間に合う。
いけるんか?体調は?
でも、本当にアウトならDNFの表示が出てるはず。
ということは、何か勝算があるのだろう。
そう思って、時間内に帰ってくるのを信じて
21時過ぎからパソコンの前で待ってました。


応援 * by Strangeman
結果は分かっているのに引き込まれてしまう、何なんでしょう?リアルなドラマを見ているようです。ゴールまでもう少し頑張れオカン!また言っています。
ドキュメント本にしましょう!

Re: 何か勝算があるのだろう * by RUMIOKAN
◆まやさん
そっか、そうだよね。
フルマラソン6時間かかる人でも
ハーフを3時間超えるってのは考えにくいよね。
ハーフが3時間以上かかるのにそこから上げていくなんて
普通は考えられないね・・・。

それでもよく、信じて待っててくれたね。
本当にありがとう。
姿を見せられて、よかったです。
ありがとう、

舞洲終わったら打上げしよっ(^3^)-☆

Re: 応援 * by RUMIOKAN
◆Strangeman さん
ありがとうございます(^m^)
決して大げさには書いてないんですよ~脚色もしてないし。
単にあたしの感情の起伏が大きいんでしょうね(笑)
いっぱい感動した~~><、

コメント









管理者にだけ表示を許可する

何か勝算があるのだろう
この時、Webで速報を見てて
ハーフで3時間以上かかったのを知った時に
「何があったんだろう?」
って、全然分からなかった。
でも、残り3時間で走ればなんとか間に合う。
いけるんか?体調は?
でも、本当にアウトならDNFの表示が出てるはず。
ということは、何か勝算があるのだろう。
そう思って、時間内に帰ってくるのを信じて
21時過ぎからパソコンの前で待ってました。

2015-06-21 * まや [ 編集 ]

応援
結果は分かっているのに引き込まれてしまう、何なんでしょう?リアルなドラマを見ているようです。ゴールまでもう少し頑張れオカン!また言っています。
ドキュメント本にしましょう!
2015-06-21 * Strangeman [ 編集 ]

Re: 何か勝算があるのだろう
◆まやさん
そっか、そうだよね。
フルマラソン6時間かかる人でも
ハーフを3時間超えるってのは考えにくいよね。
ハーフが3時間以上かかるのにそこから上げていくなんて
普通は考えられないね・・・。

それでもよく、信じて待っててくれたね。
本当にありがとう。
姿を見せられて、よかったです。
ありがとう、

舞洲終わったら打上げしよっ(^3^)-☆
2015-06-21 * RUMIOKAN [ 編集 ]

Re: 応援
◆Strangeman さん
ありがとうございます(^m^)
決して大げさには書いてないんですよ~脚色もしてないし。
単にあたしの感情の起伏が大きいんでしょうね(笑)
いっぱい感動した~~><、
2015-06-21 * RUMIOKAN [ 編集 ]