舞洲レポ(3)ずっと心拍170以上、そしてボトルはお湯(笑)

えー、二か月連続、撃沈レースレポでポイントを稼ぐブロガー、
るみおかんです、こんにちは。

・・・

ソンナツモリジャナイノヨ・・・orz




続きです(笑)



失意のままバイクラックへ(笑)


ちょうど同時に上がってきた隣の方としゃべりながら作業を急ぎます。
この方エイジ一位でした。
バイクもランもめちゃくちゃ速かったです~!!

足拭いてシューズ履いてしっかり締めて、
ヘルメットかぶってサングラス、
バイク下ろして乗車ラインへ。

スイムの消耗は全然感じてなかったんですが、
どうも心拍高い感じがあったので
小さく小走りくらいでほぼ歩きました。
この時点で気温31℃くらいだったんで、それでかな。
五島の時はしっかり走ったんですけどね。

バイクトランジションタイム、2分15秒くらい。

あと15秒は全然縮められるなあ。
走ればいいだけだもの(笑)
ペダルにシューズ、は私はきっと一生やんないなあ^^;

でもね、今回エイジW40の上位4人中3人がシューズつけてたのです。
それによるタイム短縮がどれくらいかは分からないけど
それができるくらい安定して乗れている人達ってことなんだろうな。
うーん、世界が違う、と感じました。



ライン超えて慎重に乗車。
アウター3枚目くらいに軽くしてあったのでよかったです。
一昨年はもう一枚重くしてて最初こけそうになったんだなー。

まずはボトルから一口。はい、お湯!(笑)
しゃーないですね。
まあみんな氷は入れてなかったようなので一緒でしょう。


最初のちょっとした坂、
段差で落車相次いでるとのことでスロースローと言われました。
確かにあそこ登りきったとこでガタッとなってるねー。
去年も思ったけど、ああいう段差が大きい所ってうまい養生のしかたはないのかしらね?
その道のプロの方、大会本部にアドバイスされてはいかがかしら。

なお、今回選手として危険を感じた箇所に関しては
マーシャルをされていた方に個人的にお伝えさせて頂きました。
率直な意見も伝わらなければただの文句、適切に伝えれば対策に繋がります。
是非選手の皆さんも、ご意見を伝えられたらいかがでしょう。
選手と団体で協力して事故防止、です(^^)


一本目の橋の登り、軽くして淡々と登ります。
20kmhくらいでは登れてる、これなら前回より速くいけるかも!
と思ったけど、、、、
速度を見た時に心拍が目に入ってしまった。
心拍数182。

あーあー、、、こりゃあかんわ、、、、
そんなにバクバクはしてないねんけど、
怖いなあ。

まあでも行けるとこまで無理ない範囲で行こう。
脈とびがきたら、もうサイクリングにしよう、と決めて走ってました。


下りはアウタートップで駆け抜ける。55kmhくらい。
その後の直線も35kmhくらいで走り
落として慎重にUターン、立ち上がりダンシング、
すぐDHポジション、またすぐUターンなので
落としてブレーキ、ゆっくり回旋、立ち上がり、、、

もうずっと心臓がキッツい(笑)休むとこない(笑)
特に立ち上がりのダンシングがハアハアだったので
こりゃもうやめとこう、と以降シッティングのままにしました。


ぐるっと回ってまた橋の登り、キツいし抜かれっぱなし。
アウターローにはしたくないけど、
以前ここでチェーン落としてるしできればインナーにしたくない。
結局アウター二枚目くらいでほぼ押し切ったった(笑)
これがあかんのやろなあ。うまい変速の仕方も練習しないと。


50kmhからの周回終わりのヘアピンが一番狭くて、
十分に落としていてもギリギリまで膨らんだ。
多くの人が停止レベルまで減速していたので
何回か突っ込みそうになりました。
あの幅は怖い、怖いです、、、(-_-;)


最初の10km、29.2kmh。悪くない、けどこんなん持つわけない。
いつ失速するかと思いながら、加速と減速を繰り返します。
もうずっと心拍は170オーバー。
下りであってもずっとです。あかん、あかんでぇ><


暑さのせいもあるか。。。
ちびちび小まめに給水。どうせ2本目は全部飲まないので
半分はかけようと思ってたけど、
完全にお湯になってたので数回かけてやめました(笑)
それでもかけた方がよかったんかなあ。
風が当たったら冷えるもんね。


あの追い越し禁止ゾーン、ドラフティングしないことが難しい(笑)
斜めにずれてはいたけど、開けられても2mでした。
あれでドラフティング取られると痛いですが、
まあマーシャルさんもいなかったです。
取りようがないんですね。

まあでも、全体的に、10mとか8mとか開けられるコースではないですね。
ベタ付きだけはしまいと避けてはいましたけど、
瞬間瞬間では後ろについてしまってる時もありました。



速度は登り17-18、下り50-55、
直線フラット32-35、緩い登り28-30、緩い下り30-33、
まあそんなもんだったと思います。
下りと直線で抜いて、登りで激抜かれパターン(笑)

まあそれも3周半までかな。
暑さのためか、ずっと心拍170以上で来てさすがに消耗したのか、
4周目からはそれぞれ2kmh落ちていきました。

下りだけは絶対アウタートップにして55くらいまで上げるのは死守しましたけど(笑)



4周目くらいで一気に選手が減ります。
第1第2ウェーブが抜けていくんですね。

ええなあーーーーあたしも抜けたいーーーーー!!!って
本気で思いました(笑)

この暑さでは、後続ウェーブの方がちょっと不利ですよね・・・。
まあ女子はみな同じなんで関係ないですが、
男子はこの大会では40代が総合に上がるのは難しいんじゃないでしょうか?


5周目6周目はもう気力のみです。
とにかく直射日光がきつくて、ジリジリ焼けていく感じ。
できるだけ風を受けて身体を冷ましたいんですが、
上げられない。


ついに登りで一瞬一桁速度を見てしまいました(笑)
サブでつけてたガーミン910にオートストップされたwww
おかげで目が覚めて集中力が戻りましたが(笑)
やべーやべー、気抜いてたwwww



結局、平均時速27.0kmh、バイクタイム1時間20分かかってフィニッシュ。
(あ、この大会36.6㎞しかありません)

後半は少し下がりましたが、結局平均心拍168でした。
まあ、体調悪いのと高気温で心拍高い状態でも
まあまあそんなに悪くはなかったと思います。
後半2周をいかに落とさないかが課題ですね。
あと、やっぱり登り・・・orz



降車してバイクを押してラックへ。
もう3台かかってたので、この時点で4位です。
まあでも、今日はこれを気にしたらあかん。
そもそも10㎞走り切れるか分からん・・。


去年、足の裏を傷だらけにしてしばらく辛かったので、
今年はもう靴下履きました。
R×Lのメリノウール、タイトなので履きにくかったですが、
水浸しになってもマメも水ぶくれもできず、正解だったと思います。
できたら足首までのがあると履きやすくて嬉しいなあ~。


バイク横においていた魔法瓶ボトルの氷水を頭からかけて、
キャップをかぶり、ゼッケンを前に回しながらスタートしました。


ラントランジット、2分30秒くらい。
去年2分ちょいで出られてるので、靴下履いた分増えましたね(笑)


公式タイム:バイク 1:25:54(228位)
ここまでのタイム:1:57:29(189位)



続きます。



ブログランキングに参加しております。
体調が本当に悪い時は、私は拍動が大きくなります。
そういう身体のサインを知っておくと、重症にならずゴールできたり
棄権する判断材料になるのではないでしょうか。

ちなみに、疲労が溜まって免疫が落ちている時のサインは、水虫(笑)

そこは隠そうぜ、腐っても女子なんだから、と思ったらポチって下さいw
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

腐ってへんわ!(笑)
関連記事

コメント


管理者のみに表示