○kg減量で○分速くなる、を計算してみたww

今朝のトレーニング、
4時45分起き、
コアトレ20分、バイク40分、ラン30分。

メニュー)バイクE2、ランE2

バイク:
さほど疲労感も感じなかったので少し負荷アップ。
ゾーン2、3、4と上げて4で2セット。

fc2blog_201511100835123d7.jpg

最後に試しにトップに上げて1分回してみようと思ったんだけど
重すぎて回転を上げるには脚の力が足りず不安定になってしまってグラグラにww
怖くて20秒で終了www

ラスト1分上げるならギアそのままで回転数上げるようにしないと無理っぽいw
めうさんみたいに80km/h出すには何回転しないといけないんだろうwww


ラン5㎞:
ジョグをしたい。ジョグをしたいのだが!!!
(だいたい6分15秒くらいでゾーン2で走りたい)

fc2blog_20151110083550708.jpg


膝を前に出す、を意識していると6分台で走るのはかなり難しい・・・

fc2blog_20151110083709c81.jpg


従来のジョグのデータを見て見ると、
ピッチ190、ストライド0.85くらいなので
ストライドを10㎝伸ばしていることになる。

このストライドで同じように6分ちょいで走るには
ピッチを170まで落とさないといけないけど、
170なんてピッチで走らないから、急にはできん(笑)

そして心拍数もめちゃ高い(笑)

慣れるまで負荷高そうだな・・・
疲労貯めないように注意しないとな~。



さてさて~~、金曜の実験データを頂きましたので
いろいろ見て研究しております(^^)

2つテーマとして浮かびましたのでちょっと掘り下げてみようと思います。

(1)体重を落とすとどれだけ速くなるか
(2)脂質代謝化の要因やメリット


今回は(1)、いわゆる「1㎏落とすとフルマラソン3分速くなる」のかを
計算してみたいと思いますwww


ちゃんと計算して頂いたら、Vo2MAXは52.1でした。
ほぼ52ですね。

体重は出したくないので隠します^^;


計算式は省きますが、
単純に最大酸素摂取量を減量後の体重で割っただけです。
フルマラソン強度は75%で計算しました。

vo2maxwight.jpg


現状(Vo2MAX:52.1)で3時間36分で走れてないので予想タイムは眉唾ですが
(しかも大阪マラソンの時は今より2㎏軽かったw)

だいたい5㎏落とせば20分短縮でサブ3.5が見えてきそうです(笑)


産後初フルが第1回の大阪マラソンで、3時間58分だったと思うのですが
その後受けたパーソナルレッスンで「3㎏落とせば40分台前半はいける」と言われました。
2㎏落として2か月後の泉州で3時間47分を出したので、
3㎏で15分、5㎏で20分はおかしな数字ではないかなと思います。


ただし!!!もちろんそんな簡単な話ではありませんwwww


そもそも最大酸素摂取量ってのは肺機能の評価値ではなく、
全身持久力の評価値ですから、
酸素を取り込める全身側のスペックが大きく関係するはず。
一番は筋肉量かと。
なので「筋肉量は保ったまま減量」してこその数値になるわけで。

計算してみましたとも(笑)体重は出せないけどw

wight.jpg

体脂肪率7%減。
おっそろしくストイックな食生活とトレーニングと筋トレを必死でやらないと
実現できないんじゃないかなあ(笑)


ってことで、実現可能かどうかはともかくとして、
ちょっと数字で遊んでみました(^^)


次は「脂質代謝化」について調べたり考えたりしてみたいと思います。



ブログランキングに参加しております。
ま、机上の空論だわな、とwwwwwwww
減らせん減らせん、くってりゃ減らせんwwwwww
でもまたお菓子止めようかという機会にはなったオカンに
応援のクリックをお願い致しますです~~(^^)
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
関連記事

コメント


管理者のみに表示