高効率動作、スイム編の実践

バイク編かじっただけなのにスイム編もww
もう常に頭がいっぱいいっぱいなのだがwww

本当は一つずつ潰していきたいのですが、
そうもいかないのがトライアスロンw
他の種目もやらねばならんw


ってことでスイム編です。
今日はもうみっちり技術練のみやってきました。



西内プロの講義から拾ったことを試していきます。


(1)初動は手でも前腕でもなく、身体!

入水して伸びてからのキャッチの初動は、
指や手首や肘の屈曲ではなく「上体をかがませる」こと!
それだけで手の位置は何度か傾きます。

小さい筋肉でパワーを出そうとするのではなく、
初動の力のいるところを大きい筋肉(体幹)を使う!


あの、これ、めっちゃキツいんですけどwww


やってみたら分かりますけど、水に対して屈む、ってめっちゃ力いります。
背中を曲げようとしたって曲がりません。
要はこれ、腹直筋の収縮動作なんですね!

約1秒に1回の腹直筋の収縮・・・(^◇^;)キツくないわけないw


↑【追記】このへんはどうも違うようです!(笑)
継続して試してみるので参考になさらぬよう~


泳ぎ終わって、こんなにみぞおちが痛いのは初めてですwww
そうかー、それで水泳選手の腹筋はあんなに綺麗なのね!!!

これはなんとなく掴めました。
確かに上腕から肩にかけての疲れが出にくかった。
あとはこの動きを維持できる筋力をつける事ですね。

これかな。


寝る前にやろ。

いや、でもこれ明日絶対腹筋バキバキwww

この本いいです。ちょこちょこ参考にしてます。




(2)水を捉える

いまさら説明不要かとw

なお、毎回のドリルには必ず、
スカーリング→イヌカキ→プルを2~4セット入れています。
これをやるとやらないではだいぶ違うなあと思います。



(3)水をかくのではなく、身体を前に運ぶ

これもいいですかね。
これができるようになると大きな背中になると思います(^^;

これの習得には時間がかかりましたが、
高橋さんの本とDVDを繰り返し見てイメージできるようになりました。





(4)呼吸は首を回さず身体と頭を一緒に動かす

これねー!私以前は首を回していたのでよく分かりますw
大人しい丁寧なお嬢様クロールなら横向くだけでよくても、
リカバリーから入水の動きを使って伸びるパワフルな動きができないし、
第一、海じゃ横向くだけじゃ波に勝てんw


とまあ、えらそうに言ってますが、
左呼吸はまだ身体と頭の動きがバラバラです^^;;



(5)水中では息を止める。吐くと力が抜ける。

さあ来たぞ、やってることと反対の事が(笑)
過去書いたこともありますが、私この水中息止めが苦手です。
苦しくなっちゃうんですよね~><

でも前述の高橋先生もやっぱり水中は息止め。
再チャレンジしてみるか、と今日はやってみました。


「肺の中の空気の、2割だけを入れ替える」イメージだそうです。
パッと吐いて、パッと吸う。

強度が高くなければしんどくないですが、
どんどん苦しくなってくるんですよね~。
レース強度でもいけるようになるかな~><
でも呼吸動作そのものは、息止めの方が絶対うまく出来ると思います。
だらだらならず、パッと吐いてパッと吸うから。

継続研究していきます。



(6)呼吸は2ストロークに1回。左右とも練習を。

(5)とも関連しますが、
レースではやはり得意な方のみ2回に1回の呼吸が効率的とのこと。

最近2-1から3-1の交互に変えて一気に速く&楽になった私としては
ちょっと戻したくないなぁ~(笑)

なお、片方ばかりやっていると身体のバランスも悪くなってしまうので、
練習では行き25mを右、帰り25mを左、のように
両方同じようにやりましょうとのことでした。



ということで、主に(1)と(5)を試して、
アップ含め50mを50本泳いできました~。

アップ SKPS 400(50*8)
ドリル 400(50*8)

メイン 技術練習(1')
 50*10 キャッチの研究
 50*10 呼吸の研究(水中息止め)
 50*10 両方踏まえて

ダウン200


みぞおちが痛い(笑)


スイムはこれ以上パワーを付けて泳ぐのは厳しいかなと思っていて、
こまかーい技術をブラッシュアップしていきたいと思うのです。
なので、細かく具体的にヒントを頂けてとてもいい機会でした!
継続して技術練習ガンバリマス!


あとはレース適用ね^^; OWSめっぽう遅いので・・・。

来年こそ、スイムラップ65分~~!
まっすぐ泳げばできるはずなんだけど~~(笑)


ブログランキングに参加しております。
半年間、メラメラしながら頑張るでえええwww
応援して下さいー!
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
関連記事

コメント


管理者のみに表示