高効率動作スイムレッスンすげぇえ!(笑)

西内プロの高効率動作スイムレッスン、
受けてきました~。



いやああああ、楽しかった(笑)

めちゃくちゃ盛りだくさんでしたよ。
全部一気には無理wwwと思って、
とにかく全部覚えて帰ろうと思って必死に集中して聞いてました。

プールにメモ持ち込めないからね(笑)


他の地域でも開催あれば是非受けてください。
ヒントが山盛りです。



チョロチョロっと掻い摘んでご紹介。

・アップとストレッチとマッサージで解す
泳ぎ始めはどうしても固い。
まず少し泳いで柔らかくしてからストレッチとマッサージ。
泳いで解して泳いで解しての繰り返し。


うんうん、ハルさんがそう言ってた!(笑)
そうだよなあ、アップの時凄く重いもの。
アップの後のストレッチとマッサージ、やってみる!


・ストローク、動き解説

は、レッスンの肝なので内緒で(•ө•)♡


股関節のストレッチの時に、
「信号待ち、レジ待ちの時はストレッチすると決めときましょう。
生活の中で常にトライアスロンのことを考えて動く。」
と言われてたのが印象的でした。


足がつりやすい人は腹筋が緊張しっぱなし。腹筋はゆるめる。

あー、ワカルワカルwww
あたしこれです。足底がつりやすい。
浮こう、ストリームライン維持しよう、と
つい腹筋が緊張してしまうのです。
緩めるの下手くそだなあ。。



プッシュは肩甲骨を動員せず腕の力なのだそうです。
なので惰性で、頑張ってかききらないのもポイントと。
腿に当てたら肘から抜く。


リカバリーの肘!!!
オリンピアンに続き、あっ西内さんもオリンピアンだ!(笑)
またもや言われました肘!
ところが言われたことは逆でした。
松村さんには高いから下げましょう、
西内さんには低いから上げましょうと。

おそらく仰ってることは一緒で、
高いのは肘から先、低いのは肘ですね。

上がらない理由も教えてもらいました。
これは時間がかかるぞう(笑)



・キック
右手キャッチ、右手キックが同時。
慣れてきたらキックが若干先行。
プッシュ同時だと肩甲骨を使わないので体幹が動員できない。



これが前回の時に撮影してもらった動画を見てハルさんが1番直すべきと言ってくれたところです。
ここを約2ヶ月かけて修正してきました。
さあ、直ってるのか(笑)



・呼吸
呼吸は顔の半分だけ。
水面の目をつぶって水中が見えているように。
トライアスロンでは呼吸数は多いほうがいい。2回に1回。



右呼吸はちゃんと水中が見えましたが、
左呼吸はほぼ水上でしたwww
まだまだヘッタクソなんだなあ、左呼吸(笑)

秋くらいから3-1呼吸でやってきましたが、
やはり2-1がいいのだろうか。。。
だいぶタイム差があるのと、3-1の左右呼吸の方がかなりゆったり泳げるのです。
次回1度2-1で試してみて、タイムとストローク数と心拍数をチェックしてみます。



てなところでした。
もっといっっっぱいありますけど、
このヘンにしておきます。


最後に一人一人撮影してもらって終了。
水中と上からと2パターン。

水中は凄いですよ!!!
カメラ構えて待ってるんじゃなくて、
カメラ向けて片手クロールで泳いでペース合わせながら撮ってくれるんですよ!!(笑)
西内さん凄すぎでしょwww
50m36秒ペースまで対応できます♡って笑ってた西内さんが可愛すぎました(笑)


動画は無料で見られて、
別料金でフォームチェックを受けられます。

もちろん受けますとも\(^o^)/


始発で行った甲斐がありました!
絶対活かすぞ~~!!


ブログランキングに参加しております。
疲れる泳ぎしてますねって言われました(笑)
直したい!直したいーー!!!
オカンのジャンプアップを応援して下さいませ٩( 'ω' )و
↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

コメント


管理者のみに表示