血糖値実験終了~糖の性質によって使い分ける

昨日やった血糖値実験の結果をまとめておきます。


前々回まで:
血糖値を大きく変動させず安定して走れる量は、
1時間当たり糖30gと確定。
より血糖値を上げにくいマルトデキストリンを使っていましたが、
摂取開始から吸収に時間がかかるようで、
運動後60分~120分でパワーダウンしていました。

前回:
糖30gの内訳を、マルトデキストリン15g、ブドウ糖(グルコース)15gに変えて実験。
血糖値は激しく上がりました。
パワーアップする感じもありましたが、さすがに上がり過ぎて
その後の急降下や脂質代謝抑制が心配。

今回:
糖30gの内訳を、マルトデキストリン25g、ブドウ糖(グルコース)5gにしました。


結果です。
60分までは補給なしなので関係ありません。
注目すべきは90分と120分です。(時間はちょっとずれてますが)

16031301.jpg

上がり過ぎることなく、また低血糖値に下がることなく、理想的な数値です。

16031302.jpg


2時間しか測っていないので正確に比較はできませんが、
糖30gにしてからの5回の中では最も60分から120分のパワーが出ました。
(パワー計測している訳ではなく主観と速度差ですが。アベレージ29.5km/h→33km/h)

16031303.jpg

これで、中だるみも防げて、血糖値を安定もさせられるかなと思います。
最初に摂る内容はこれで確定します。


じゃあ、果たしてブドウ糖を摂りつづけるのか、ですね。
マルトデキストリンも結果的にはグルコースを供給するので、
その反応が速いか遅いかだけなのであれば、最初だけでいいかなとも思うんですが。

ブドウ糖のタブレット(1個2g)を使ったんですが、これが溶けにくくてですねー(笑)
口に入れたら一瞬で溶けるのですが、水に溶かすには向いてない。
粉状の物を買い直すかと思いましたが、口にポンと入れるだけなんで
2個アルミホイルでトップチューブに貼りつけといて、30分に1個口に入れたらええかな、と。

あとはまあ、集中力が落ちてきたら口にする用に2~3個持っておこうかなと思います。
気軽に食べちゃわないように注意が必要ですがw



さ、これで補給関係はFIXです。

実験してきたことに自信を持って、
本番も失敗しないように準備していこうと思います。
(まだ3か月ありますがw



ブログランキングに参加しております。
初めて補給食にマルトデキストリンを使う人を見た時は
正直「マニアックやなー!!」と引きましたが、
さらに糖の混合までするようになった自分が怖いw(ウフフフフフ

変な人を見るように遠くから見守ってて下さいw
応援も宜しくお願いします(^^)
↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

コメント

結局最終的にブドウ糖として消費されるので、
摂取すぐのエネルギッシュとして単糖のグルコース
その後のゆっくり多糖マルトデキストリンが分解されるイメージなんですかね?
補給も色々考える必要があるんですね。

難しいことはさておき
あんパン美味しいですけどね。
Re:
◆四谷さん
そうそう、なので要はアンパンでいいんですよ(笑)
あんこの砂糖が血糖値をすぐ上げて、
パンがゆっくり効いてくれて、
小豆でアミノ酸も取れて(笑)

ただ運動しながら固形物がとれない軟弱な胃なんです(´д⊂)
ランに入って全く取れないと動けないし、最悪吐いちゃいますからね〜。
No title
バルクアップでマルトデキストリンを使ってましたがなるほど補給でもですか…

私は補給入れるほどロングライドをあまりしないのでする際は頭の片隅にオカンの人体実験の事を入れておきます><
ブツはあるので私も真似して魔配合しますw
Re: No title
◆ヤマさん
おお~いらっしゃいませ~(^^)

バルクアップ・・・・・・したくないwwwwwww
むしろ消えてくれこの上腕二頭筋wwww

補給はね、自転車だけならアンパンでいいと思うし、コンビニ寄ったらいいと思います(笑)
我ら、その後にランがあるから、胃の調子を整えておかないといけない。
だから液体にしているだけなんです。
もちろん、胃の強いトライアスリートは固形物を食べてますよ(^^)

マルトデキストリンがあれば自作ジェルは簡単です。
好きな飲み物に、必要な量入れるだけですからね~。
まあでもほのかな甘みとは言え甘いのは甘いので、
元から甘い飲み物に入れるのはお勧めできませんがww

あ、でも前200㎞のブルべに出た時は、いちごミルク牛乳に混ぜて「うめーうめー」って最後まで走り切りましたけどww

管理者のみに表示