【五島レポ1】選手受付、そして皆の想いを届けに

無事帰宅し、シャワーを浴びて出勤しました(^^)

息子の登校には間に合いませんでしたが、
心配してたプールの用意も持って行ってくれてました。
ふ~~出発前に水着セット用意しといてよかったよ~~><;


会社の方も遅刻せず出勤できました。
お土産とゴール写真を持って報告に行ったら、
すでに入賞したことを知られていて
わ~っと集まってお祝いしてくれました。
嬉しかった~~(*^^*)


ブルゴーニュさんが「超ロングレースの後は軽い記憶障害になる」と
書いていた通り、
http://blogs.yahoo.co.jp/kus110/65913735.html
なんでもないルーチンワークの事務処理手順が思い出せず
書類を前に数分ぼーっとしてしまいました。

ロング後はそうなることを見越して、
出発前に仕事の手順をメモしていくといいかもしれません(笑)

こうしてブログを書いていても、言葉がすんなり出てこず気持ち悪いです(^^;



では五島トライアスロンのレポを書いていきます。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(1) 大阪~五島入り

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

4時に起き、息子と旦那に無事の帰宅を約束して出発です。

最寄駅から天王寺まで出て伊丹空港行きバスに乗るのですが、
バス乗り場に到着したらなんと残席1席!!!
私が乗ったら出発予定時刻を待たずに出発しました。

満席だったら次のバスを10分待たないといけなくて
空港での搭乗手続きがギリギリになるところでした。
来年からもう一本早い電車にしなくちゃ!!焦った~~~!



空港に着いたら、いるわいるわ過去のフィニッシャーポロシャツ(笑)

かく言う私も去年の完走ポロシャツで移動です。
おめかし(死語)していったのなんか最初の年だけ!(笑)

アドバイス貰ったとおり、コンプレッションタイツを履いておきました。
特に小さいプロペラ機で足元はほとんど動かせないので・・・
コンプレッションのおかげで全くだるくならずよかったです。


予定通り離陸して福岡着。
乗り換えて10分遅れ程度で五島に着陸です。



この飛行機にマッチも乗ってたらしいです!!!!


気付かなかったーw



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(2) 宿到着~バイク組立~会場へ自走して受付、バイク預託

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

民泊のお母さんと息子さんのお迎えの車で宿へ。
急いでバイクの組立です。

今年はステムを緩めてハンドルを倒しただけなので組み立ても簡単。
ただハンドルもカーボンなのでトルクレンチで作業です。

トップチューブに目標タイムなどを書いたメモを両面テープで貼り、
粘着が弱くなっている肘置きパッドもテープで補強。
雨予報なのでエアは低めに前7後ろ7.5にしました。(普段7.5、8)

20分程度で作業完了。



リュックに受付とランバッグの中身を詰め、
受付会場の福江文化会館まで約6.5km、自走で移動です。
今年は全く迷わず行けました(笑)

会場に着いたらCEEPOの田中社長がすぐさま見つけて声をかけて下さいました。
「お!CEEPOライダー!写真撮ろうよ!」

ぴよぴよさん(仮名)からお借りしているのだと説明、
メンテナンスしてあげるよ~と快く預かって下さいました。



その間に選手受付です。

免許証、JTUカード、宿の住所などをお見せして、
ゼッケン等一式を受け取ります。

その場で内容確認。
毎年頂く小学生からの応援メッセージ、力になります。
しっかりした字を書く子だなぁ(^^)




バイクの元へ戻ってバイクとヘルメットにゼッケンを付けます。



CEEPOブースでバイクをチェックして頂いたら、
リアブレーキが随分傷んでいて、できたら交換した方がいいとのこと。
ただ、ローターのクランクを外す工具がないとのことで、
随分あれこれと考えて下さいました。



もともとリアブレーキはさほど使わないので、
リスクを承知の上で、今回はそのまま行くことにしました。
バイクの本当のオーナーでもないのに、ご親切に対応頂き嬉しかったです。


CEEPOさんは各地の大会会場にブースを立てています。
会場でこうしてメンテナンスして頂けるメリットは大きい!
もし買うならCEEPOか・・・うん・・・もし買うなら、ね(笑)


検車を済ませ、バイク預託。
ランバッグの中身も最後もう一度チェックをして、
受付に戻って預託しました。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(3) 応援メッセージを届けたい

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


CEEPOブースでかぼすさんにお会いできました。
ご挨拶して、ある物をお渡しします。




2016年五島トライアスロンが開催される2か月前に起こった
熊本を中心とする甚大な地震。
ご自宅に大変な被害を受けたり、余震で眠れぬ日々を過ごしたり、
十分に練習もできなかったであろう、熊本や大分の選手たち。

そんな皆さんを励まそうと、関東バラキン会のNさんが発起人となって、
フェイスブックで今回出場選手を集めてグループが作られました。

熊本大分の選手に元気になってもらおう!と様々な企画が起こりました。
応援のシールを作ったり、横断幕を作ったり、各自ウェアに応援メッセージを付けたり。




私も企画を一つ提案。
皆でメッセージを書いてお渡ししようと、メッセージ集めと編集作業を担当しました。
Nさんと一緒に直前までかかって作った、みんなの応援の想い。




かぼすさんなら大分の選手はたくさんご存知だろうと、
まとめて託そうと思っていたのです。
主旨をご説明して、選手リストを確認して頂き、11名分お渡ししました。


熊本の選手には、金曜日入りしていたNさんから、
シフォンさん主催の交流会にご出席の選手経由で15名分お渡し済み。

熊本の選手32名、大分の選手23名、それぞれ半分。
あとはもう探していくしかない。
会場で説明会をお待ちの方に一人一人声をかけて、
熊本か大分からお見えではないかと聞いて回って該当の方にお渡ししました。



熊本・大分からお越しだった選手の皆様、
応援メッセージ、お読み頂けたでしょうか。


そこにある通り、全国からたくさんのトライアスリートが
皆さんのことを応援しています。

一日も早く、安心できる日が来ることを心からお祈りしています。
頑張ろう、熊本!頑張ろう、大分!



全員の方にはお渡しすることができませんでした。
もしここをご覧になっている熊本や大分の選手の方で
受け取っていない方がいらっしゃったら、
郵送なり電子データなりでお渡しさせて頂きたいと存じます。
是非コメントやメッセージでご連絡ください。




そして、熊本で余震に苦しみながら、
苦労して工夫して練習を続ける姿をブログに書き続け、
逆に私たちに勇気を与えてくれた、熊本のハルさん!
会場でお会いできました。
ご出張で来阪の際にお会いして以来、半年ぶりの再会です!

ハルさんと、Tさん、大分のYさん、
3年前に偶然同じ宿になって以来、ずっと同じ宿です。
今年もまた楽しい時間が過ごせます(^^)

Tさんは地震のせいで宮古島に出場できませんでした。
お会いして思わず抱きしめてしまった(笑)



御三方とご一緒させて頂いて、競技説明会へ。



3度目ではありますが油断しないように。
コースの注意点などをしっかり聞いて頭に置いておきました。




続きます。


ブログ応援クリック頂けると嬉しいです(*^^*)
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
関連記事

コメント

出ました、例のプロペラ機(笑)

マッチさんは普段はオーラを消してるらしいですよ^o^

続き楽しみにしてます(^o^)
No title
やりましたね❕
任務完遂、ガッチリですね❕
私もトライアスロンに出てみることにします。減量はすごく順調です。

バイク教えてね(笑)
Re: タイトルなし
◆Hiroさん
もう驚かへんで!!(笑)

しかし、この子は濃霧によわかった・・・(--;

今年は降りるときは何にも心配なかったけど、
帰りが大変だったなあ。
今度から帰りはジェットフォイルで長崎まで帰ることにしようかな・・・。
Re: No title
◆Nobuさん
やったね!(^^)

楽しかった~~~!!!です。ほんと。
辛い時間もあったけど、ほとんど楽しかった。
幸せだったなあ。

出ますか!もうエントリーしたのかな?
バイク、、、は男性に教えることなど何もないわいっ(笑)
すぐ速くなっちゃうから空しいねんw

管理者のみに表示