是非お読みください「スポーツと勉強の両立法」

昨日は朝からバイクとランで負荷をかけたので
午後はできるだけゆったり過ごし、
1時間くらいかけてみっちり筋膜リリースもやりました。


が、朝起きたらしっかり疲労が(;_;)
会社の階段で息切れwww


リカバリータイムはラン終わりで35時間だったので
翌日の今日はまだ休んどけってことなんでしょうけど、
ちょーっとばかし強いトレーニングをやっちゃうとこうだからなあ~。

どれくらいまでなら回復が間に合うのかっていう感覚が身についてない私には
漸進性過負荷を守るためには計画的トレーニングをするしかないのかなと思えます^^;

まあシーズンオフなんだから普段やらない無理もして、
しんどければたっぷり休めばいいと思うんですけどね。
身体は動かしたいんだよなあ^^; 運動中毒w



さてさて、今日は記事のご紹介です。
この週末に八田さんが書かれた記事が素晴らしく、食い入るように読んでしまいました。

メモも取りながら読み、旦那にも読ませました(笑)

トライアスリートの皆さんはもうご覧になった方も多いでしょうが、
当ブログの読者さんは幅広いので、ご紹介させて頂きます。


八田益之公式:考えるトライアスロン「スポーツと勉強の両立法」

水泳をやっている子の保護者さん向けにお話しされた内容を
非常に簡潔に分かりやすくまとめて下さっています。
子供の親として、だけではなく、
<時間と疲労のマネジメント>についてはまさに我ら市民アスリートに当てはまり
親という立場でない方にも非常に参考になる内容です。

いやあ、読んでで心拍数が上がりました(笑)
半年に1回くらい読み返してベクトルが合ってるか確認しようかな。。。



えーと、ご本人隠してらっしゃらないと思いますが、書いていいのかな?(笑)
八田さん、東京大学ご出身です。

「僕は田舎の公立中高で3年まで運動部を続けながら現役合格」ですから、
これほど説得力のある内容はないかと。

ブログよりも主にFacebookで発信なさっているので、
ご興味を持たれた方はアクセスなさってみては。
http://www.facebook.com/Masuyuki.HATTA


感動したので紹介してみました(笑)

あっ、腕振りの記事とかも熟読してちゃんとやってみてるんですよ!(笑)
更新のたびに(よっぽど難しい記事じゃなければ)何度も読んで
考えさせられたり考え直させられたり感心したり尊敬しなおしたりしていますw

でもあんまり毎回紹介したらただのファンみたいだからwwwいや、ファンだけどw
神々しすぎて会ってもまともに話せる気がしないwww



ブログランキングに参加しております~。
五島で「緊張してまともに話せなかった」と後で言って頂いた方がいるんですが、
オカンは八田さんと違って完全に「その辺におるオバチャン」ですから
どうぞお気軽にお声掛け下さいw

応援も宜しくお願いしますw
↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

コメント

まともに話せる気がしないとは大阪人おもしろいジョークをおっしゃいます(ΦωΦ)フフフ…
内容自体は、よく言われてることです。

ただ、親が未経験だったりすると、不安から、あれもこれも、となりがち。不安から頑張るのはおすすめできないのは、トライアスロンと同じ。

そこで、必要にして十分なラインはここ、と身をもって語ることに意味があるかな、とお話した内容です。

知って損はないでしょうね(どうでもいい腕振り論とちがいww
No title
これね!

私も、既に読んでいてウチの息子(就職試験中)にも今朝電話でURLを教えたところです。

ちなみに息子は運動は全くしませんが、社会人になっても中々ためになる内容だと思います。

こんなのをブログで読めるとはすばらしい!
Re: まともに話せる気がしないとは大阪人おもしろいジョークをおっしゃいます(ΦωΦ)フフフ…
◆八田さん
いやああああほんとですよwww
いつお会いできるか楽しみでもあり、怖くもありw
会ったらサイン下さい(笑)

今このような内容を知る機会を与えて下さって感謝感謝です。
いつかのタイミングでは調べようとしたかもしれませんが
その時にはすでに悪い方向に向かっていたかもしれませんので。
「成績が落ちるから部活は止めなさい」とは言わないでしょうが、
ハルさんとこのご長男くらい毎日泳ぐようになると
さすがに親として「どっちを優先させるのか」という考えが浮かんでしまうと思います。
そうではなく、毎日放課後に水泳をやっているからこそ授業に集中できるように
親もサポートしていかねばと。
いやあ、めちゃくちゃ参考になります。いつもありがとうございます。

腕振り論ももう一回見直しますwww
Re: No title
◆Derikaさん
ねー!そう、ブログで読めるとはってことですよ。
この情報を探り当てる手間や時間、はたまたその機会すらもなかったかもしれないのに
こうしてトライアスロンのブログで出会うことになるとは。
いやあトライアスロンやっててよかったwww
その時にはすでに悪い方向に向かっていたかもしれません
ありがちですね。その原因は授業中にあるはずで、それを部活とかのせいにしはじめると、本当の問題から遠ざかります。

腕振りは、おおげさな動きに振り切ってから、適正なのに戻すとよかろう。


◆Derikaさん :ブログで読めないのも出してくのでよろしくです
Re: その時にはすでに悪い方向に向かっていたかもしれません
◆八田さん
私自身、成績が落ち始めた中学3年のとき、
授業を聞かず塾の問題集ばっかやってましたからね〜。
まあ授業を聞かなかったのは深夜ラジオにはまって起きていられなかったからですが(笑)

うちの子は知的好奇心は非常に強いようですが、今のところ「お勉強」以外のところで発揮しております(笑)
まあ、楽しく見守っております。

今後不安になりそうなところを先に知られて良かったです。
定期的に読み直します!
救われました
オカンさん、久しぶりの投稿です。

八田さんの記事紹介して頂いてありがとうございます!

トライアスロンをはじめてから知的好奇心が溢れすぎたのか、今年の4月から学校に通い始めてたんです。前期がようやく終わり、赤点を取らず何とかクリアーできましたが、その分今年のレースは全然だめで、ちょっと凹んでました。。。今の調子でトレーニング続けても来年もだめだし、もう辞め・・・まで考えちゃいました。

もちろん辞めることはないですが、オカンさんのブログを読んで(一時読まなくなってしまってましたスミマセン)モチベーションにします!


Re: 救われました
◆ランブルさん
なんと(笑)
研究熱心な方だと思ってましたが、
そこまでとは(笑)

いやあ、私も時間と金さえ許せば学校行きたいですもん。
まあその気になれば完全独学でも学べるでしょうが。。。

うちも旦那が勉強をしているので、
この記事には影響を受けたようでした。

私ももっと真剣に時間と疲労のマネジメントをしないと
長く続けていけないんだろうなあ、と考えさせられた記事でした。

管理者のみに表示