クエン酸が疲労回復にもダイエットにもいい理由を推測

研究室の方に、クエン酸の回復効果についてあげましたけど、
回復効果を実感できるクエン酸の飲み方

なんで回復効果があるの?ってことについては分かってないんです。

もちろん記事書く前にかなり調べましたし、
こうであろう、という説もいくつか見つけました。

・ATPサイクル促進説
・乳酸代謝説
・脳刺激説
・糖分解抑制説

しかし、どれも自信を持って人様に説明できるほど理解できなかったので
「実際飲んでみて効果を実感できた」という内容にとどめているわけです。


しかし、そこは知りたい、ってな性格なので、
やっぱりちょっと調べ直して考えてみることにしましたw


ATPサイクル促進説、についてはこういうものです。

「疲労とは活性酸素による酸化ストレスで細胞がダメージを受けた状態。
ダメージを受けた細胞を修復するためには、アデノシン三リン酸(ATP)というエネルギー源が必要。
このATPを産生しているのはATPサイクル(クエン酸回路)という働きですが、
このATPサイクルを活性化するのにクエン酸が役立っていると考えられています。」

これは書きだしたらどう考えても昼休みでは終わらないのと、
今回の結論には無関係のものなのでこれ以上は割愛させて頂きます。
私の理解もまだまだ足りないので、勉強中です。



乳酸代謝促進説、については、もうだいぶ古い説のようでした。
乳酸=疲労物質、という間違った説に基づいています。
よって、これについても割愛します。



脳刺激説、は酸の「酸っぱい!」という刺激が脳に伝わり
それによって疲労感を軽減させるというもの。
これについては、八田さんも「クエン酸と塩でまずいドリンクを作ってその刺激が効く」というようなことを
書いてらっしゃいますし、あながちあり得ない話ではないかなと思います。

しかし、そうだとすると、カプセルで飲んでしまうのはその効果をあえて省いている訳で
本当は味が分かる状態で飲むべき、ということになります。

直接飲める方はいいのですが、私はどうも喉にひっかかるようで苦手です。
キレートレモンはどうしてあんなに飲みやすく作れるのでしょう??
キレートレモンを自作できれば、毎日飲めるのに。

また後日記事にしようと思っていたのですが、
最近、クエン酸と重曹で炭酸水を作って飲んでいます。
炭酸水大好きなんですけど、結構高くつくんで調べてたら自分で作れた(笑)
しかもクエン酸、家にいっぱいあるしwww

で、クエン酸を使って炭酸水を作ってそこにレモン果汁と砂糖を入れれば
あーら不思議、キレートレモン(に近い物)に!(笑)

しかしこんなオタクな作業は誰も興味がないだろうと書かなかったのです。
(まあもっとオタクなこと書いてるって指摘もありますが)

重曹と混ぜて炭酸水にしてしまった場合にクエン酸の効果が果たして残るのかという疑問もありますが
「おいしく飲めるクエン酸」という研究をしてまた記事にしたいと思います。
需要があるかどうかは知らん(笑)あたしの趣味だ(笑)




最後、糖分解抑制説、これが最も有力な説かなと思っています。
石橋さんもこの説です。

運動前にクエン酸を飲めば、糖の利用を抑制して脂肪で動くようになるため、バテにくい。
というのはこれまでに何度もご説明して、多くの方が効果を実感されています。
バテない魔法の白い粒!クエン酸の飲み方をまとめておくよ!

実は回復についてもここなのではないかと。

運動して疲労する、というのは、筋の損傷などもありますが、
疲労感・倦怠感については「筋のエネルギー切れ」と考えられます。
筋肉が動くためのエネルギーを使い果たしてしまい、動けない状態。
難しく言えば「筋グリコーゲンが枯渇した」状態なわけです。

運動後には回復するために「30分以内の糖摂取」が有効と言われていますが
これは、身体が失った筋グリコーゲンを回復しようと待ち構えている状態で
摂取が早ければ早いほど素早く吸収してくれるようです。
これは、多く実験結果もあるので疑う余地はないでしょう。


この運動後30分以内に関わらず、
クエン酸を飲むことで、「糖をエネルギー利用させずに筋グリコーゲンの補充に回す」
ことができるのではないかというわけです。
確かに、同じ量の糖を摂って、それがエネルギーに使われるのと筋肉に補充されるのでは
疲労回復に差がでそうです。

これは有効な説ではないでしょうか?



表題で、「ダイエットにも」と書いたのもこの延長です。
「糖の利用を抑制する」ということは「脂肪を利用して活動する」と同時に、
「血糖値を下げにくくお腹がすきにくい」という効果があると思うのです。
これははっきり実感しています。

日常的にクエン酸を飲むことは、ダイエット(脂肪減少)に効果がある、と思います。



しかし何事も過ぎたるは及ばざるがごとし。
ラットを使った研究では、体重1gあたり3000㎎のクエン酸摂取で半数のラットが死亡したそうです。
人間に当てはめると、体重60㎏の人なら180g。
500gボトルの3分の一を一気に体内に入れたら死に至る可能性があるということです。

そんな極端な例はともかく、強い酸を身体に入れることに依る副作用や、
身体がアルカリ性に傾きすぎてしまう危険性も考えられます。

適正量と言われているのは1日15g程度まで、しかも一度にではなく小まめに分けて。
少しずつ様子を見ながら、無理のない範囲で取り入れていってください。

そして、こんな飲み方しています、こんな効果がありました、
みたいな情報を是非フィードバックして下さいね~。



ブログランキングに参加しております。
何言うてるか分からんwwwって方、すいません(笑)
とりあえず、クエン酸はいいんだな、って思ってもらって、
ちょっと試そうかな→試した!よかった!となればそれで十分ですw

学生時代より確実に勉強しているオカンに、
これからもどうぞ応援のクリック下さい(笑)
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ


関連記事

コメント

No title
クエン酸愛好家です。

クエン酸回路がどうとか・・・
調べても今一つ理解が難しいですよねぇ。

疲れにくくなったというのを体感できているのでそれでいいかという感じで飲み続けています。
あと中性脂肪値も下がりますね(笑)
No title
クエン酸いいね
むかしむかし・・・・30km走なんてやってた頃は走る前と途中にクエン酸を飲んでた。
飲むのと飲まないのじゃバテ方が違ってたよ。
なんでかと言われたらわからんけどw

ドラッグストアとかに売ってる酸っぱ美味しいやつね。
ついにキレートレモンの密造に成功してたのですね?
キレートレモンは好きなので、ぜひ真似してみたいです。
でも、いつかオカンが法に触れるものを作らないか、少し不安です🎵
Re: No title
◆zakiさん
愛好家www
そう、クエン酸回路とクエン酸は関係ない!と書いてるサイトもあります。

効果実感できますよね~。
ほんとおいしく飲めたら常に飲み物に入れるんだけどな~。

中性脂肪も下がるの!?旦那にのませなきゃ!(笑)
Re: No title
◆ヨッチさん
あら久しぶり(^^)

あのきゅーってくる酸っぱさは走ってる途中に効くよね!!
キレートレモンとかメダリストとかああいうの。
む、あれベースでエネルギージェル作ってみようかな~。
Re: タイトルなし
◆かずきちさん
密造って言わないでwww
ま、まあ若干作ってる姿は怪しいけど・・・w

お砂糖が溶けにくいので、ガムシロップとレモンですね~。

大丈夫!売ってる物しか作らない!(笑)
植えたりはしない!(笑)

管理者のみに表示