身体の声を聞いて練習は調整するが、枠は決めておきたい

今朝はトレーニング休みました。

ジョグ40分程度の予定だったんですけど、
昨晩寝室へと階段を上がる脚が重くて、こりゃ一晩寝ても治らんな、とw

5時前には起きて起床時心拍48で普通。一瞬迷いましたが寝たった(笑)


昨日書いた記事、読んで頂けましたでしょうか~o((^-^))o
長いからちょっと躊躇するかとは思いますがww
でもよくまとまってると思うので(自画自賛w)、宜しければご一読下さい(^^)
「持久力を伸ばす」練習内容と効果についての考察(前編)
「持久力を伸ばす」練習内容と効果についての考察(後編)


後編で、「回復しないうちにまた使えば筋持久力は落ちて行く」てなことを自分で書きながら
私ちっともこれに沿った練習できてないなあ、休ませてないなあ、って反省しました。

こうして知識や情報をまとめていく過程でいろいろと再確認ができたので、
これからはちゃんと今朝みたいに休むことができるかな、と思います。


でも、いつも行き当たりばったりで練習していると全体的なバランスが悪くなって
練習が偏ってしまうので、やはり練習メニューという枠は必要(私はね)。
どの練習がどの目的でやっていて重視すべきことはなにか、
目的どおりやれたら想定されるダメージはこれくらいだから休養はこれくらい、と
予測して練習メニューを作って行こうと思います!



私のロングトライアスロン練習メニューの歴史(笑)を紐解いていくと、

2013年宮古島トライアスロン
何も考えずマラソン練習を継続しつつスイムバイク練習をそのまま積んだ1年目。
 →体調不良の連続。こんなん毎年できるかい、と思った。

2014年五島トライアスロンA
練習を控え目にはしたものの、まだ「ロングトライアスロンはロング練習が命」と
距離や時間を短くすることはしなかった。
距離慣れにとウルトラマラソンも200㎞ブルべにもとますます距離志向に。
 →五島直前にぶっ倒れて入院。怪我の功名、休んだおかげで大会はうまくいった。

2015年五島トライアスロンA
トライアスリート・トレーニング・バイブルを隅から隅まで読んで、
練習スケジュールも練習メニューもほぼバイブルに沿って実行。
 →体調不良に陥ることなく順調に練習できたが量と強度の高さにストレスは感じていた。
   大会自体は気象状況にうまく順応できず倒れてギリギリ完走。

2016年五島トライアスロンA
トライアスリートトレーニングバイブルをベースにしながらも、
昨年の実施状況から少し量を減らしてメニューを作成。
心拍ゾーンもほぼ厳密に守ってトレーニング。技術面では西内プロのオンライン指導を受け始めた。
 →相当順調に練習が進み、成長も感じられて日々楽しかった。
   大会も、スイムとバイクは目標以上の結果を出すことができた。


そして来シーズン、
もちろんメインは五島トライアスロン!(6月)
そしてその先のカナダ世界選手権!(8月)

練習の練習を今やっていて、感じたことや調べ直したことで頭を整理できたから
それを反映させていいメニューを作れたらいいな~と思います(^^)♪
メニュー作成だいすき(^^)♪



ブログランキングに参加しております。

そろそろカナダの仮申し込み始まるかな~。
来月頭には五島の申し込みも始まるな~。あ、JTU登録しとかなきゃ。

うーん、シーズンオフって、一瞬だねwwwww
頭のシーズンオフは、私にはないみたい(笑)

毎日楽しいオカンですwどうぞ応援してやってください♪
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
関連記事

コメント


管理者のみに表示