自分が思うより疲労は大きかったorz...ポイント練習失敗

今朝のトレーニング、ラン60分。

15㎞走るつもりで4時40分に起き、起床時心拍44で平常時に戻ったのを確認。
脚の張りももうさほどなく、2日休足したからむしろ軽いくらい。

こりゃいけるな、と思ってビルドアップ走を決行しました。


が!


走り始めから異常に高い心拍数・・・
足は動くのにとにかく呼吸が苦しい。
鈴鹿で高い心拍を維持し続けたのが響いてるのか・・・

1段目の最初2㎞はアップに使おうと決めていたのでペース無視。
いつも通り500mで止まって動的ストレッチも入れる。

3km目からちゃんと1段目スタート。目標レースペース5’20で。


・・・30秒でゾーン4に入るwwwwwちょwww


ああ、これは明らかにあれだ、「疲労が抜けてない」ってやつだ><;

とりあえず3㎞走れば一旦落とせるから、1段目を走り終えよう。


休憩しリカバリー心拍まで落とし、脚の感じもチェック。
脚はやっぱり重くもなくて動くので、このペースでは張りもしない。
問題は心拍。めちゃくちゃ高いぞ・・・。

心拍が高いとジワジワ脚や腕にも響いてきて動かなくなってくるだろうなあ。
まあでも、自然にあげられるところまで上げてみよう、と2段目スタート。


・・・30秒でゾーン5に入るorz

だめだ、これはアカンやつや・・・・。
ペースも5’10には上げられていなかったので、どうするかな~と迷いながら走ってると
1.5㎞くらいでついに心拍ゾーン5.6に到達(心拍179)。
これはあかんな、とそこでストップ。

でもさすがにまだ6.5㎞。ちょっと探り探り走ってみよう、と
いったん歩いて負荷を下げ、また走り出す往生際の悪い練習(笑)
途中霧雨に遭遇し冷えてお腹も痛くなりトイレに駆け込んだりと
集中力も完全に切れてしまった。

20161115152514505.jpg


結局2段目として走ったのは3kmだけであとはペースも落としてジョグ。
15㎞予定も10㎞になり、ペースも上がらずといいとこなしの練習でした。

20161115152543239.jpg


1段目で終わっとけばまだダメージも少なかっただろうに、
脚は重くない、とか変な理由を付けて走り続けてしまったがために
ゾーン5が25分オーバー、
リカバリータイム54時間を示されてしまいました。

20161115152727398.jpg


自分が思っているより鈴鹿のダメージが大きかったようです。
今週は調子を取り戻すことに集中します。
スイムも強度上げていきたかったけどちょっと我慢しよう(;_;)



本当に疲労状態の管理は難しい!!!
自分では2日休んで筋肉疲労もほぼなく体調的に問題ないと思っていたけど・・・。
走り始めた感じで判断、とは言うものの、前回も走り始めは苦しかったし
2段目から調子が上がって来たので今回もそうかと思ったのだな~。

練習を切り上げる判断をもっと早めにしなければ。



私みたいな疲労状態に鈍い人間は、
TrainingPeaksを疲労管理に使うのは役立ちそうな気がする。

試しに2ヵ月分くらい入れて、過去の疲労状態を確認してみたら、
ずーっとCTL(体力)よりもATL(疲労)が上回っているし、
TSB(調子)は「ここより下がっちゃだめよ」の-30を割っていることが何日もあった。

TP01.jpg

あ、データを入れた期間が短いから、7日と42日の移動平均で差が出るだけか(笑)


まあまだシーズンオフだし気にしなくていいかと思っていたのだけど、
このままだと五島の練習が始まるまでに調子を崩してしまうかもしれないので
ちゃんと調整しますです><;

今週はレスト週にするっ(笑)



なお、TrainingPeaksでのPMC(パフォーマンス管理チャート)の基本的な見方について
ざっくりまとめましたので、宜しければご覧くださいです。

TrainingPeaksを活用したパフォーマンス&疲労管理


ブログランキングに参加しております。
もっともっともっと、中途半端にならなあかんな、って思いました。
鈴鹿終わった!さあ加古川マラソンや!ってすぐ切り替えたらアカンね。
ま、撃沈レースを楽しもうwwくらいの気分でいることにします(笑)

さぼりなさい!の応援クリック、宜しくお願いします(^^ゞ
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
いつも楽しく拝読させて頂いております。
きょうとのトライアスリートです。
TRANING PEAKSは毎月利用料が生じますが、同社のソフトWKO4でしたら導入時コスト150米ドル程度のみでPMCなどの利用が可能です。
計画の作成機能はありませんが、過去のトレーニングやレースの内容の分析、現在の体調管理(PMC)など、一度使うと手放せません。
ご検討ください。グラフ好きには堪りませんよ。
Re: タイトルなし
◆秘密コメントさん
いえ、それではないですね~。
ちゃんと濡らして出てますし、
静電気の時は200とか出ますからねー。
Re: タイトルなし
◆wangdyさん
ありがとうございます(^^)

WKO4も登録してみたんですが、まださっぱり分かりません(笑)
あの1秒、5秒、10秒、、、の数値の活かし方がまだ理解できてないんですよね~(^^;
もうちょと勉強してから触り倒して書きます。

PMCは見方が分かると本当に有用ですね!!!
こりゃCTL伸ばすオタクになるわwwwって思いました(笑)
何をどう組み立てればうまく疲労と溜め過ぎずCTLを伸ばせるか、研究してみたい~~!

計画作成機能も思っていたこと以上の管理ができるので、
せっかくなので使い倒してみようかなと思います(^^)
うひひひ、楽しみが増えました(笑)
1秒〜の短期間の数値は、主にロードレースのスプリンターやパンチャーが気にすべき指標であり、一定出力を刻むトライアスリートはあまり関係ないと認識しています。
特に、ドラフティング無しのレースでは、如何に一定出力で行くかが重要ですので、あくまでFTP向上のみを図れば良いと思います。(FTP向上のために、技術や筋力などの改善の為に短時間のインターバルは有効と思っています。)
TraningPeaksファンとして、トライアスリートに多大な影響を及ぼすこのブログで取り上げられたことが非常に嬉しく思います。
フリール先生のブログや、TrainingPeaksに協力しているHunterAllen氏の書籍"Training and Racing with Power Meter"も、理解を深めるのに役立ちました。
Re: タイトルなし
◆Wangdyさん
解説ありがとうございます!
ちょこちょこ調べてて、同じような結論に至ってました。
トップスピードが上がると自ずとレースペースも引き上がるわけなのでしょうから
トップスピードを上げる練習もまた有効なのだろうと思います。

多大な影響を及ぼしてるんですか!(笑)
いやいや、そんなことはないと思います(笑)

TrainingPeaks、すでに大ハマりしそうな予感がしておりますww
さっさと有料登録しようと思うんですが、無料版でどこまでできるかの情報が欲しいので
しばらく待っておりますw
これからもいっぱいネタにすると思うので、お気づきのことあればまた教えて下さると助かります(^^)
フリール先生のブログ、遡ってゴリゴリ読んでる最中です♪

管理者のみに表示