「世界で戦うためのロードバイクトレーニング」

5時起床、起床時心拍55!高い!!

しかも左ハムに違和感あり。
どうする?休むか、緩くバイク乗って温めるか???


休みを選択しました。

旦那の低周波治療器借りて弱い電流でちょっと動かしておきました。
シーズン前に故障してる場合じゃない(~_~;)


でも睡眠は十分取れたので、起きて朝活。

スマートコーチの動画編集したのと、
読書一冊。


買ってあったこれをやっと読めました。
世界の土井ちゃんの著書。

20161130063105884.jpg

面白かった!!!
今まで読んだどのサイクリスト本とも違う、
リアルな情報がいっぱい書いてあります。
自転車レースに出てる人なら参考になる部分がたくさんあると思う。

20161130063421332.jpg



TSSについて分かりやすく書いてると教えてもらって買ったので
そこの部分だけちょっと解説。

パワーメーター付けてる人はガーミンのログにTSSが出るから
参考にしてる人もいると思いますが、
なんじゃこりゃ?って思ってる人も多いと思います(笑)


TSSはトレーニングストレススコア。
トレーニングによって身体にかかった負荷を点数で表したものです。
LT(FTP)で1時間乗ると100です。

TSSの計算は、IFと乗った時間から算出されます。
IFは強度。FTPが1.0です。
そのトレーニングのNP(標準化パワー)がFTPの何割か。
テンポ走なら0.8、E2なら0.7、LSDなら0.5くらいで出てると思います。

TSSはIFの二乗×時間(1時間が100)になるので、
テンポ走だと0.8*0.8で0.64となり、1時間乗っても64です。80にはなりません。
LSDだと0.5*0.5で0.25になるので、1時間乗っても25。
100TSSを積もうと思うと4時間乗らないといけません。
逆に、FTP以上で乗るとTSSは一気に上がります。


レースが決まっていてそこに向けて体力を上げていくときに、
このTSSをいかに積んでいくかで考えるという計算方法です。

これなら、単に何時間乗ったとか何キロ乗ったとかよりも
強度を反映した管理ができますからね。

カテゴリにもよると思いますが、
週に600-700TSSあたりが目安になるかと思います。


で、土井さんの著書では週間TSSではなくて700TSSを1サイクルとして
それを何日で消化するかって考え方をしてます。
700TSSでいったんレスト。休んで回復させます。
プロのレーサーなら1週間で2回回せるそうです。
仕事を持ってる市民レーサーなら1週間で1回まわせたら優秀。


ガーミンに数値は出てると思いますので、
一度何日で700TSS積めてるか見てみてはいかがでしょうか。


昨日あっちのサイトでTrainingPeaksのネタを書いてTSSの積み上げについて書きましたが
TrainingPeaksを使うと管理が簡単にできますよー。
ただし有料版なら、です。無料版はほぼ意味なしw
TrainingPeaks(有料版)を使ったトレーニング計画の作り方

TrainingPeaksはこれからどんどん解説していきますので、
ぜひチェックしてみてください♪( ´▽`)



ブログランキングに参加しております。
緩いトレーニングが主だと、TSSは全然積めません(笑)
でも緩くもしないとかけたストレスに身体が順応してくれませんからね。
ってことで休んで正解と言い聞かせるのでした(笑)

正解正解!と応援のクリックをよろしくお願いします(^ ^)
↓↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
関連記事