人に教えたことは出来てるのかい?の確認

昨日のスイム。

すんごい混んでた。なんじゃこりゃ~~ってくらい。

競泳団体がずっとずーっとキック練をしてて、、、、
まあそれはいいんだけど(追い付いちゃうけど速いのは速い)、
壁を完全に埋めるのよ~~(笑)
ターンできないよう(笑)


う、うーん、、、、


まあいいけど(・ε・)←よくない顔だろ!w



アップ、キック、プル、フォームで1000
メイン 50*5*4
ダウン 200

フォーム練習。
47-45-43-42、2分サークルで最後だけ2:15サークル。




昨日HIROZOさんに教えたポイント、
果たして自分はできてるんかい!?と(笑)
いうのを意識して延々フォーム意識集中で泳ぎました。

HIROZOさん、メモに使ってください(笑)

・キック
2キックなんだけど空を切ってしっかり泡を含んでしまっていたので
水面ギリギリまでしか上げないと説明しました。
それには板キック(バタ足、ドルフィン)練習をしっかりやって掴むしかない。
四頭筋がキツイと言っていたので、膝が伸びすぎなのと腸腰筋のしなりを
使えていないと思います。

私も最近キックは成長してません(^^;
ドルフィンキックで52秒くらい、バタ足は53秒くらいです。
申し訳程度にしかやってないからなあ・・・
年末年始はガッツリキック練習しようっと。

そういやお友達のFB投稿でキック50m20本のタイムを測って有酸素能力のテストをするのをやってました。
1'30サークルで。50m20本は凄いな~。
組み合わせて一人煩悩スイムやろかな。


・グライド
ズバッと沈めてましたので、水面近くで保つように説明しました。
さらにそれができてきたら、ローリングしてそのグライドの手に体重を乗せる感覚を説明しました。
手のひらは平行。指が真っすぐかほんの少し上がった方が乗りやすいかは人によるかな~。

これ、私も疲れてきたり他のことに意識が行っていると下がるのです。
ので、昨日はとにかく上肢をサーフボードにする意識で浮かせ&乗り続けました。
するとやっぱり推進力が落ちないんですねー!

ちなみに試しにローリングをあまりしないで乗った感じにするとどうなるかと思って
やってみたら、肩の位置が高くなってボディポジションが上がり凄く速くなりました。
でもそれは一時的なもので、すぐに逆側の肩がリカバリーで上がらなくなり
結果逆側の肩が沈んで遅くなるという結果に。
荻野選手のような柔軟性がなければこういう泳ぎは無理なんだろな~と思いました。


・キャッチ
肩甲骨を使う感覚が分からないとのことだったので、肘の旋回を説明しました。
でもこれもやってるうちに意識しないで動かせるようになるよーと言ったら
数回泳ぐ間にもう旋回させなくても肩が出る感じが掴めてたので
スゲー!と思ったのです(笑)

私は右はできているのですが左がまだできてない(肩甲骨が使えてない)。
ので、一度肘の旋回の意識に戻ってやってみようと思いました。
(書いてる時に思い出したので昨日はやれてない)


・プル
最初はかなり腕がストレートなまま深いところをかいてましたので、
手のひらの軌道(速い時とゆっくりな時で違うことも説明)と、
その時肘の位置がどうなるのかを説明しました。

この辺は他の人がワニさんとかズゴック(?)とか書いてるのに繋がるのかな?


これも疲れてくると左がダメなのです(+_+)
伸びたり引いたりしてしまう。
まだまだ肘を残す意識を常にしてないとダメな感じです。
もっと集中して覚え込ませないとな。あと柔軟と。


・プッシュ~フィニッシュ
同じく手のひらの軌道と肘の位置を説明したと思います。
あと、フィニッシュの時は親指が腿に当たって、ポケットからスッと抜く動きです、と。
水を上にかきあげないようにと説明しました。

私はスピードによってこれはやったりやらなかったりです。
ゆっくりの時は超ゆるいS字で腿までかいて上げてますが
速い時はプッシュしきる筋力がないので当てるまでいけないです。

なお、プッシュの動きは肩甲骨周りではなく上腕三頭筋なので疲れやすいと思います。
上腕に筋力ある人は武器になると思いますが私は抜いちゃいます。

どちらにしろ、スッと抜く感じには毎回はできてないです(^^;
速くなるとかきあげてる~~><
ので、ここも私の課題です。


・リカバリー
後ろには固そうでした。上がり切ってなくて水面に近い感じだったかな。
グライドの手が沈んでるのとも関係してると思いますが。
リカバリーはちゃんとリカバらないとリカバリーじゃないんだよ、って話をして
フッと抜く感覚を説明しました。
何度か「リカバれました!」って言って目がキラキラしてたのが面白かったです(笑)

はいっ、これ私もできてませんっ(笑)
この前ハルさんにも「抜けてない」ってご指摘頂きましたっ(笑)

ポイントはまずフィニッシュにあると思います。
かきあげたらその水の重さで筋肉が収縮してしまうのでそこから抜くのは難しい。
まずはスッと抜く感覚を覚えて再現できるようにすること。
あとは肩甲骨回りの筋肉の柔軟性、可動域。
と、自分の今の柔軟性にあった肘の高さと角度を掴むことかなと思います。

これは昨日相当意識してやったので、泳ぎ終わりの肩の重さが全然違いました。


あとはターン。脚の引付けがなく身体が立ったままだったので、そこを直してもらいました。
あと伏し浮きやりました。どうしても脚が沈むので、一度ひたすらやって身体のどこに重心をおけば
平行を維持できるのか感覚をつかむといいよーと説明したと思います。


これくらいだったでしょうか??

説明しながら、「これ私もできてないねんな~ww」と思うことがいくつもあったので
昨日はみっちりやってきました。
まだまだ技術的にも柔軟性も伸びしろがあると思うので、
週2回はこうやってフォーム練習をしようと思います。



なお、ほぼハルさんと西内さんに教わったことを説明しているだけですが、
やはり読んだ理解と目の前で聞いてすぐ試せるのでは違うようで
HIROZOさんもいくつか発見があったようでした。
ハルさんを捕まえるのは大変だと思いますがww、
西内さんはたまにレッスンもやってるしパーソナルもやってるので
機会があればお願いしてみるといいと思いますよ(^^)


ブログランキングに参加しております。
人に説明すると自分も発見がたくさんあるので、
たまにはいいなぁ~と思いました。
HIROZOさん、また2カ月後くらいに出張してくださいw

応援宜しくお願いします(^^)
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
関連記事

コメント


管理者のみに表示