スイムの「レースペース」の感覚を磨きたい

シーズンに2回だけやる超ロング練習の「ビッグデイ」、
ほんとは3種目続けてやるんですが、スイムだけはどうしても時間が取れないので
前日にやってしまいます。
今日のうちにスイムを。

去年と同じく500*6のつもりだけど、最近プールが混んでるからできないかもな~。
まあでも、やるつもりで準備して行こう。



「レースペース」で泳ぐ、わけなんだけど、

プールと海、ノンウェットとウェット着用でペースは変わるので
レースペースって何?って感じだよなぁ~^^;

でも、五島はベタ凪なのでほぼ波の影響はないし、
私はウェットスーツ着ても全然速くならないので、
基本的にはプラスマイナスゼロなのです。

まあ最近ちょっとプルが速くなってきてるから少し速くなるかもだけど、
それでもやっぱりしっかりキックが打てない(浮いちゃう)とちょっと落ちるかな?
だから結局プラスマイナスゼロ(笑)


そういや、去年やったビッグデイのデータと本番データを比較してみようと思って
ガーミンのデータを見てみました。


4月7日と4月23日にやってました。

1回目)
平均ペース1'45/100m、心拍低いので多分かなり抑え目。

20160407bigdayswim.jpg


2回目)
平均ペース1'41/100m、平均心拍145くらいなのでまあレース強度意識してたかな?

20160423bigdayswim.jpg



で、本番6月19日のデータがこいつ。途中で押したようで半分しか取れてないけど。

2016GOTO-swim.jpg


上陸タイム除いたのが平均移動ペースだと仮定すると1:41/100mペース。
ペースはドンピシャ。ほら、プラスマイナスゼロでしょwwwww

平均心拍154で高いのはまあレースなんだからしょうがないよね。
+10bpmくらいにはなると思ってたほうがよさそう。


ってことは、今日もそのつもりで抑えて泳がないとかな。
基本的には心拍160は超えたくないので、今日もできれば平均150bpmくらいにしときたい。
うーん、最近そんな抑えて泳いでないからちょっと分からんぞ(^^;;;


この「レース強度」ってのも困ったもので、
単独とドラフティング状態では違うんだよなぁ~~。
今年は極力ドラフティングしようと思っているので、
どっちかというとレース強度よりレースペースを一定にして、より楽に泳ぎたい。


でも本番はペースクロックがあるわけでないし、
ガーミンを見ながら泳げるわけでもない。
(ゴーグルにペースが映し出される機器の開発もそう先ではない気がするけど)

ピッチは自分でコントロールできるけど、
抵抗で同じピッチで何秒も変わるからそんなにあてになんない。
となると、身体が移動する感覚とか、目に見える水の移動スピードとか、そんなんかな。
んじゃその辺を意識して泳いでみよう。



じゃあ設定ペースは、と。

今年の目標は2分短縮の62分台。上陸時間引いて62分で計算すると
100mあたり1.63分。1分37秒~38秒ってとこか。
500mだと8分~8分10秒ってとこです。

うし、んじゃ今日はこれで6本揃うように泳いできます♪


とか計画しててプール激混みだったら全部水の泡ですけどww



ブログランキングに参加しております~。
シーズンに何回もやらないタイプのリハ練習には、練習にもリハや計画が必要なのですw
リハーサルのリハーサル(笑)

空いてて予定通り泳げるといいね~って応援クリックお願いします(^w^)
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
関連記事

コメント


管理者のみに表示