DHバー上のボトルを新調しました!(XLAB Torpedo Versa200)

ロングトライアスロンでは欠かせないDHバー付近のボトル。

去年まではこれを使ってました。
プロファイルデザインのアクアライト。とマウント。


これのいいところは、縦に長いのでスペースをそんなに使わないこと。
なので、DHバーが短い場合でも取り付けられるし、
握る部分を邪魔しません。

工夫すればバーの先の方にサイコンも付けられるし、
扱いやすい補給食バッグを自作して付けることもできました。


しかし問題点はその縦に長いこと。
ハンドルを低くしていると、タイヤと干渉してしまうのです。


今のポジションではアクアライトはちょっと厳しいみたい><;


ってことで、新しいのを買いました!
チームのメンバーが付けてたXLABのTORPEDOを借りて合わせてみたら行けそうだったので購入。
カーボンは高くて手が出ませんでしたのでアルミですが(^^;




さっそく取付け!
ベルクロ付けなので簡単です。




私かなりバーの幅狭いんですが付けられました。
相当カバー範囲は広いと思います。


これのいいところは、サイコンマウントがついてるとこ!
ガーミンマウントパーツになってるので、手持ちのガーミン-パイオニアの変換パーツをつけて
パイオニアサイコンを取り付けました。



吹っ飛んだら嫌なんでストラップ付けとかななー(笑)



位置的にはエクステンションバーの変速スイッチに重なりそうですが、
このマウント結構自由自在に角度が変えられます!ナイス!



見やすい、かつ、バーを握るのに邪魔にならない位置に付けられました♪



ドリンクは750mlくらい入ります。
横になっててボトルの中身全部飲めるのかな?

テスト。50mlだけ入れて吸ってみます。



吸口は噛んで吸うタイプなんでこぼれません。




素晴らしい(笑)ほとんど残さず飲めました(笑)




ストローはびろーんって伸びたままにならないように挟んでおくフックが付いてて、
左右どっちにも付けられます。




いやいやー、よくできてる!!!




このボトルは水分+電解質補給用に使います。
去年はエイドで水をもらって、適宜電解質パウダーかOS-1の粉を入れて
ストローで混ぜ混ぜして溶かしました。

それができるかどうかがポイントだなww

まあ中で水が揺れればある程度は溶けるでしょう。
今度試してみます。


ローラーなり実走なりで使ったらまた使い勝手を書きますね~。
とりあえずセッティング的には自由度高くてDHバーの幅とか長さには
適応力高そうでいい感じです!



問題はお値段。結構します。



うわ、Amazonたっか!!(笑)


Yahooでフリートさんが一番安いですね。14000円台。
XLAB TORPEDO VERSA200 エックスラボ トピード バーサ200 エアロバー ハイドレーションシステム アルミプレート

wiggleがダントツで安いけど欠品中~。
待てるならwiggleかな。
XLAB - Torpedo Versa 200 Aero ハイドレーションシステム



もっと安く済ませたいというかたはこれはどうでしょう?
竹谷さんがFBで投稿してて、これも気になってました。サイコンも付けられます。



私は極力出し入れしたくないのでストロータイプにしましたが、
気にならない方ならエイドでもらったボトルそのまま差し替えられるのでいいですね!



宮古島参加者の皆さんでまだハンドル回りが定まってない方~、
ボチボチ急がないとですよ(^^;
宮古島の現地メカニックさんところにもアクアライト置いてましたけど
さすがに事前に試しとかないとストローの長さとか調節しないとですしねw



とりあえず私は補給食とドリンク関係はフィックスです!
あとはウェア関係どうしよっかな~。



ブログランキングに参加しております~。
一つ一つが高い!!(笑)ですが、ロングトライアスロンは快適さが重要ですしね。
できるだけストレスなく給水・補給できるように工夫しましょ~。

レビューもちょこちょこやっていきます~。
ブログ応援クリック宜しくお願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
関連記事

コメント


管理者のみに表示