ベックオンレポ)タイムトライアルの世界、熱い!!

ベックオンカップ個人タイムトライアルのレポ、レース編です。


7時50分にスタートラインに着きました。
女子1番から6番まで、
そのあと男子の選手が並びます。


後ろの女子選手、みんな速そう・・・。
15秒毎スタートなんで、時速1㎞差があれば刺されます。
先頭は前走者がなくて有利だけど、逆に言うと前に刺す目標がないので
完全に自分との勝負です。

持てる力の精一杯やるだけ。
でも、なんとか表彰台には上がりたい。



スタート時のクリートはどうするか聞いてなかったんですが、
当然のように3分前に「後ろ持ちます」と言われました。

「はい、お願いします」
左右のクリートはめて、後ろからサドルを持って支えてもらいます。

18196141_1908728889411817_529614099_o.jpg


私は過去何回かトラックレースに出て
持ってもらうスタートも出走機も経験がありましたので平気でしたが
 (というか、クリートキャッチミスがとても多いので助かりますw)
初めての人は怖いですよね~、これ(^^;

タイムトライアルやトロバラに出る方は事前に練習しておくといいと思います。


5秒前、3、2、1、GO!

18236501_1908728869411819_1627378063_o.jpg


最初はダンシングでガンガンスピード上げていきます。

18216034_1908728862745153_1423703253_o.jpg


ギア決めてそこでエアロポジション。
風はほぼなかったので、いつもと同じく180wで38km/hくらいでした。

計画では2周180w(FTP100%)、そこから200wに上げて、最後全力、でしたが
思っていたよりコーナーが急で、私のスキルだと落とさざるを得ないと思ったので
そこで強度が落ちる分ストレートはもう少し上を意識してました。

コーナーは減速(ブレーキングなしで身体起こすだけ)して、
アウトから外足荷重で大きく回りました。
結局レース中は一度もブレーキはかけていません。

コーナー立ち上がりはダンシングで一気に加速するのかシッティングのままか迷いましたが
強いパワーを出して後半持つか分からなかったのでほぼシッティングでした。
この辺が、普段の練習では全くやっていないことなので完全に手さぐり。



1周目帰ってきました。
スタートラインに並ぶ個人タイムトライアルの男子選手からたくさんの激が飛びます。

頑張れ!いけ!

18216346_1908728716078501_1503878038_o.jpg


これがめちゃくちゃ嬉しかった!
知り合いの声なのか知らない人なのかさっぱり分からないし
一瞥することすらできないけど、
なんだろう、仲間に入れてもらっているという気持ち。

男子のタイムトライアルからは全く比べ物にならないスピードだから、
横を通り過ぎるのがどこか恥ずかしかったのです。
でも、そうやって野太い声で応援してくれる声を聞いて、
女子も必死でやってるのを認めてもらったような、そんな気がして。

こういう熱いカンジ、短いレースならではな気がするんですよ。
トラックでもスタートでセイ、セイ、セイ!って掛け声かけてくれたり。
ああいうの、タマンナイ。



2周終わりくらいまでは予定通りストレートは185-190wを維持。

コーナーもちょっとコツが分かって来て
減速を遅らせても重心移動でスムーズに曲がれるようになってきた。

でもコーナーの立ち上がりがダメだ。
1秒でも速く巡航スピードに戻したいのに、ストレートをしばらく走らないと戻らない。
強いパワーを出すべきところで出せない。
そりゃ、そんな練習したことないもんな(笑)
練習でやってないことはできません(笑)



3周目前半、明らかに垂れた。まずい。
最初のコーナーを回ってから必死で回そうとするけど脚が言うことを効かない。
175wまで落ちる。

上がらないなら抵抗を下げるまで!とポジションを変えて上体を下げる。
前方に誰もいないことを確認し、ギリギリまで下げる。
目は上目でかろうじて前下方を確認できるレベル。

18216189_1908728696078503_837409517_o.jpg


いけーーー!!いけーーーー!!!!

また男子選手からの野太い激!

ラスト!ラスト1周!!!
上げたい、でもこれが精一杯!なんとか最終コーナーまで維持する。


最終コーナー、前走の選手とかぶって大回りせざるを得なかった。
しょうがない、これも運。
先頭出走の自分が一番恵まれてる。


最後の立ち上がりはダンシングでMAXまで上げて、
すぐに背中まっ平にして最後のラインを超えるまで踏み切った!

18236431_1908728776078495_740220011_o.jpg


サイコンの距離がちょっと足らなかったけど(6.2km)、
確実に4周してるから間違いない。
先導のバイクが曲がったのを確認して同じようにコースアウトして
ゆっくり走りながらガーミンストップ。


しんどかったけど、もっとやれたな・・・。

前にトラックで2kmTT走った時のとんでもない喉の渇きや血の味がない。
脚に乳酸を感じない。
たぶんこの距離を何度も経験していかないと、
自分がどれくらいのパワーで入って維持して上げていって出し切るってのが
分からないんだろうな。

でも、手探りながらも、最後までイーブンで大垂れせずいけたし、
初めてにしてはペーシングはうまくできたんじゃないかな。

面白い。
物凄く研究しがいがある、面白い世界だなあと思った。

私がメインにしているロングトライアスロンのバイク180㎞の、30分の1の距離。
普段全く練習しないゾーン6や7の世界。

凄く面白かった。



落車が怖いしリスク取れる立場ではないし、
そもそも今はTTバイクしかないから今後も集団レースには出る気はないのだけど、
タイムトライアルは、これからも出たい。
きっとトライアスロンにもプラスになる気がする。

トラックレースも、TTで出られるレースだけは走りに行こうかな・・・。



そんなことを考えながら、ゆっくり脚を回しながら、招集エリアに戻りました。



ガーミンチェック。
37km/h弱ってとこか、、、。

過去女子の優勝タイムは38km/hオーバー。
これでは太刀打ちできないなあ。
3位までに入れるだろうか、、、。


まあでも、今の力の最大限やったから、
どんな結果でも悔いなし。




レース後と表彰式編に続きます。




ブログランキングに参加しております!
たくさんの応援クリックありがとうございます!!

自転車とのかかわりはまだ自分の中で中途半端なんですが、
今回、今までで一番熱い気持ちを感じられました。
タイムトライアル、面白いなあ(^^)

トライアスロン3種目の練習の中でどれだけやれるか分かりませんが、
次はちゃんと血の味がするまで追い込んでみたいですww

自転車活動も応援して頂けると嬉しいです(^^)♪
↓↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


今年のロングトライアスロン世界選手権(カナダ)の遠征費用を貯めています。
Amazon他のお買い物はこちらのバナーから入って頂けると、
購入金額の一部が手数料として私に入ります。
ご協力下さると嬉しいです!



関連記事

コメント


管理者のみに表示