バイク梱包作業の確認をしておきました

午前中雨だったのでノートレ。
今日は休んで回復日に充てて、明日ビッグデイにします。


時間ができたので、バイクのメンテ(掃除と注油くらいですが)と
ついでにバイク輸送のための梱包作業を確認しておきました。

もう何回かやってて慣れてはいると思うんですけど、念のため。
それに、研究室の方に梱包作業例を書きますよ~って書いてたのを忘れてたからw


何度もやってる方にはなんてことない作業でしょうけど、
初めてやる人にはほんとハードル高いと思うんですよね、この作業www
私初ロングの宮古島の時3回リハーサルしたもんな(笑)


今年は新兵器を入手したので楽チンでした。

これこれ~フレーム固定台!

20170513_140756[1]

使ってるプレミアパネルガードのオプション品なんですけど、
同じようなサイズのバイクケースなら使えると思いますよ。



前後輪はずしてクイックを固定台に挿し替えてフレームを固定します。
縦はフレームサイズに応じて伸長できます。84~140㎝。
これがあれば手持ちのケースをシーコンタイプに変えられるってことですからね~。

固定台がないと、バイクは上下さかさまにしてケースに積むことになるんですが、
その作業がハードル高いと思うのよ!(笑)
サドルとハンドル2点でケースの中に立っているのはなんとも不安定で
その状態であちこち包んだり固定したりって作業が大変なの!(笑)

シーコンが便利なのって、ハンドルやDHバーそのままで入れられるってことより
この床に固定できるって点だと思うんですよね~。
なので、このパーツはとっても便利だと思います。


ペダルを外して、ホイール外して、固定台に固定。
フレームを保護します。保護材は100均で買ったPCケースみたいなのを切ったもの。

20170513_143443[1]

チェーンがたるまないように、髪の毛をくくるゴムに小さいSカンをつけ、
ステーにゴムを巻いてチェーンにSカンをひっかけて引っ張っています。



もちろんここでも便座カバーは大活躍ですよwwww
クランク、チェーン、リアディレイラーを100円でカバーできる優れものwww

20170513153939591.jpg



ハンドルはステムのフタ部分のボルトを緩めて前に倒します。
DHバーが当たるので横に回しておきました。

20170513_144055[1]

電動コンポのコードは引っ張ってなくても抜いといた方がいいです。
ボタン当たり続けて充電無くなったりするかもしれませんし断線したらアウトです。


このまま箱にスポっと入ります。

20170513_144202[1]


ホイールは、カバーなしでフレームに3~4点固定して完全に動かなくするか
(その場合はフレームとホイールやタイヤが当たるところは必ずカバー)
私みたいにカバーをかけてそのまま入れちゃいます。

20170513_151742[1]

カバーは安いキルティング生地を買ってきて適当にミシンで縫った物です。
ホイールケースってゴツつくて高いかペラペラな物しか売ってないと思いません?(笑)
キルティング生地100cm幅で4mも買って袋に縫うだけ、3000円もかかりません。
奥様にお願いしてみてくださいな(笑)手縫いでもできますよ。めんどくさいけどw



基本的にはこれだけ。
まあ男性だったらサドルが当たるかな。
シートポストごと抜いちゃった方がポジション合わせは簡単ですね。マーキング忘れずに。


で、箱の前後と上部に結構隙間がある。
ここをあけたままにしてると輸送時に動いて破損の原因になるので、

20170513_144544[1]

ウェットスーツやウェアなどの柔らかい物でガンガン埋めます。
フロアポンプなど硬い物は念のため段ボールで巻いておくといいです。

20170513_151721[1]


基本的に重い物は底に置いておけばいいと思うんですけど、

輸送中に箱は縦にされますからそのつもりで!
横倒しにももちろんされますからそのつもりで!(笑)

前後左右上下、どの形に倒されても中の荷物が動かないようにしておくことですね~。
外からの圧が強くかからない&中の物が動かない、ようになってればケースはなんでもいいと思います。


日本なら横にされてその上に積まれる、までは心配しなくてもいいかと思いますが、
絶対とは言いません(笑)



ふ~やっぱり230サイズのバイクケースの梱包は楽ちんです♪

これが200サイズになると、
・固定台は使えないので上下逆さま
・リアディレイラー付けてると入らないので外して包んでフレームに固定
・ハンドルは回すだけだと入らないのでステムから外して包んでフレームに固定
・シートポストは抜く
・大きいサイズのバイクはクランクも外さないと入らないかも?
ですからね~。

やっぱり輸送料金が割高になってもこのケースを使おうっと(^^;



研究室の方には、ひっくり返しパターンも撮って書いておきますです。
ご参考になれば幸いです(^^)



ブログランキングに参加しております。
いつもクリックありがとうございます♪

初めてバイクを送る方は、まだ先だから~と思わずに一度シミュレーションしておくと安心です(^^)
ペダル外す、あたりが難関なのでこの辺も参考にして下さい。
バイク輸送時に必須の作業、「ペダル脱着」のコツ

毎年恒例のシミュレーション作業が始まったね~?(笑)って思いながら
応援のクリックをして頂けると嬉しいです~(笑)
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
関連記事

コメント


管理者のみに表示