臥薪嘗胆。去年の悔しさを思い出し覚悟を決める。

去年の五島の振り返り、最後残ってたランをやります。


唯一目標を達成できなかったラン。
それどころか、五島の1回目の時より遅かった。

バイクまでは目標以上、だからと言って体力を消耗しきっていたこともなく
確実に脚は残っていると思ってました。
だからこそ、何をどうやったらロングのランがまともに走れるのかが
さっぱり分からなくなった。


問題は持久力ではない。
だから30㎞走をやったり、ロングブリックをやっても、問題は解決できないと思いました。
疲労してグリコーゲンも抜けきった身体で進むための技術(重心移動、そのためのフォーム)を身に付けなければいけない、
そう思って、今季はトレーニングよりも技術練習を重ねてきました。


それでもやっぱり最後は気持ちだと思うので、
去年の悔しい気持ちを思い出して臥薪嘗胆の想いで臨めるように
振り返っておこうと思います。


****************************************

目標タイム4時間35分対し5時間19分。
全く持って計画倒れ、というか自分の能力を認識できていない目標だったと思う。
かつ、なんとしてもそれを達成しようという気持ちも欠けていた。


スタート直後は6分前後で走れているものの、
練習時と比べて心拍数が10は高い状態。
体感的にも、きつい、暑い、苦しい、という状態であった。



考えられる原因
・気温と湿度に対する身体の慣れ、いわゆる暑熱順化不足
・全身をアームカバー、レッグカバーで覆うスタイルは風を受けるバイクではよかったが
 ランになると高湿度の環境では熱が籠りやすく体温が上昇しやすかった。
・主に登りで体温の上昇を感じたため、登り(緩斜面でも)のスキルが欠如していることと
 登りでのペースの感覚が身についていなかったと思う。


8㎞くらいから脚が重くなり、どんどん出なくなった。
腕を振って動かそうとしたが、
練習の時のように脚の動きが連動してくれる感覚がなかった。

考えられる原因
・「脚作り」の不足により、疲労した筋肉が動かなくなった
・全身疲労感や熱さによる倦怠感により腰が落ちたフォームとなり、
 腕振りと股関節がうまく連動しなかった。
・手前に着地しようという意識も前傾姿勢も完全に頭から消えていた


全体通じて、高湿度で熱がこもる感じにやられたのと、
練習通りに脚の筋肉や神経が動かず。脚ができていない感じがしました。
筋肉痛や攣り、張りなどはほとんどなかったので、
バイクで脚を使い過ぎたという感じではなかったと思います。


他には、


エイドで止まり過ぎ、エイドストップだけでも10分を要している。
・飲み食いに時間を遣っていたわけではないので、ほぼ水かぶり時間。
 水かぶり自体はいいが、1回にして氷をもらって走りながら冷やすなどすべきだった。
・でもそれをできるメンタルもなかったと思う。

「ウォークブレイク」に甘えた。
・歩いていい場所と時間を守れたのは前半のみ。
 後半は計画外の場所でも歩いてしまった。
・「絶対に歩かない」と決めて守った一昨年の方がタイムがよく、
 「ウォークブレイク」という考え方に甘えが出てしまった。
・来年以降どうするかは再考。

下腹部痛。
・生理でも排卵期でもなかったので(オープンすぎw)、たぶん冷え。
氷を貰ってウェアの胸背中に入れたのが、全て悪い場所で止まった。
普段、下腹部の冷えで同様の痛み(子宮周囲筋の収縮?)が出ることがあるので
今後も気をつけるべきと思った。
・氷を背中や肩、首の後ろなどで留める方法(袋とか)を検討しておくこと


****************************************


うーん、いいところが何もない反省文だな(笑)
スイム・バイクとは大違い。

悔しかったなあ。ほんとに悔しかったんですよ。
動かない身体も、それをなんとか動かそうとしない気持ちの弱さも、
決めたところ以外で歩いてしまった心の弱さも。
下腹部が痛くなってからは、それを言い訳にしましたからね、自分の後ろめたさを消し去る言い訳に。


本当に情けなくて、、、


思い出したくない、、、。



今年、同じにならない自信はあるか?
自分の弱さに打ち勝つ自信はあるのか?


分からない、、、

絶対に打ち勝ってみせると言えない自分が情けなくて、
こうして書いていても情けなくてこみ上げてくるくらい、、、。


でも、またゴールして「悔しいー!」って叫ぶのか?
たくさんの「完走おめでとう」を本気で喜べない自分をごまかしてまた1年過ごすのか?



嫌だっ!


今年はやり切る!走り切る!
歩かない。八田さんすいません、今年は歩かないでいってみます。

エイドで止まらない、は私は無理だと思うので、エイドは止まります。
泉州マラソンもエイドで止まっただけだったので。
でも、エイドならどれだけ止まってもいいってわけじゃなく、
水をかぶるだけ。
それもできたら水のコップを3つ取って、再スタートしてからかぶります。



去年の反省から拾えるものは拾います。

・ラントランジットでアームカバーとレッグカバーは脱ぐ。
・登りは体温が上がらない程度までペースを落とし、頑張って登り切らない。
・ピッチコントロールは運動強度を低くたもつのに有効だと思うので、今年もテンポトレーナーを使います。
・水で冷やすのは頭、肩、首、背中、お尻、ハム。できるだけ腰と腹部には直接かけないようにする。
・氷があればもらえるように、ランポーチにビニール袋を入れておく。



本当に満足がいくゴールができるように、、、

スイムもバイクも、楽しむ!気持ちよく!を一番にするけど、
ランだけは、自分を律してひたすらにゴールに向かう覚悟です。


あっ、もちろんすれ違いのエール交換はバンバンやりますよ!!
オカンオカン呼んでもらってそれを元気に変える\(^o^)/



やり切って、泣いて叫んでゴールしたいです。



応援、宜しくお願いします!
↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
関連記事

コメント

すいません、笑笑
いちおういっとくと、ぼくのKONA2013あるいてない!w
リベンジ期待
リベンジ期待しています。頑張って下さい。
No title
いつも参考にさせてもらってます。スイム炎上以来?のコメです。

昨年、初フルのIronman Chattanooga 2016で、
ランパートで39℃となりIronmanではワースト2のDNF率39.2%のなか、
ラン4:20と瀕死の状態で完走、ランが得意なだけにショックでした。

良かったのが、
1)氷を背中に入れてもらい走った。ワンピース+BIBベルトなので
背中と股間あたりが冷やせた
2)各マイル毎のエイドでコーラ補給。バイクで補給追いつかなかったので

今年も暑い場合は2等兵キャップ、氷用ジップロック持参、吸水タオルを試す予定。後はフィニッシュのシュミレーションをやればOKでしょう♪

カナダ応援行けませんが、頑張ってください!
米南部へ来られた際は是非! 
PS.今年の70.3世界選手権は当方の近所テネシー・Chattanoogaです。
私も同じです。
去年ランで辛そうでしたね。姿見掛けてビックリしました。

私も同じ気持ちです。
でも逆にそれまでのスイムで泳げず(多分低体温?)震えて動けず、バイクではボロボロで・・・
走りだしたら終わりだと思って楽になり、楽しかったです。
ランタイム見ると、それまでが悔しくて仕方ありません。
今年は同じ日に地元でスタンダードに出るので行けませんがリベンジしたいと思ってます。

オカンさんの去年の悔しさ晴らせるよう祈ってます。
Re: すいません、笑笑
◆八田さん
ありがとうございますwww

ウォークブレイクの効果を信じていないわけではないんです。
泉州マラソンでもエイド後10歩ほど歩いてその後楽になったので、
今回もそれで行こうと思っています。

「歩いていい」というのに甘えない強さを持てるようになったら、
またやり方を考えます(^^)
Re: リベンジ期待
◆林さん
ありがとうございます(^^)

今年はAなんですね!
ランでのエール交換宜しくお願いします^^
Re: No title
◆Takさん
ありがとうございます!

39℃・・・・もうそれは中止にすべきなのでは・・・(^^;;;

背中の氷、効きそうですね~。
去年氷をもらってバイクジャージのバックポケットに入れたのですが、
位置が悪かったらしく子宮を冷やしてしまいました。
もっと肩甲骨の間くらいを冷やしてくれる策があればいいんですけど・・。
よく見る肩にスポンジ挟むパターンがいいんでしょうけどね。
五島は確かスポンジなかったのです。

二等兵キャップ、かっこわるいけど効果抜群ですよね(笑)
気化熱利用のネッククーラーをポーチに入れておこうかと思っています。軽いし。
そう、フィニッシュのシミュレーション!
よっしゃあああああ!ってゴールする姿をイメージし続けます(^^)

はい、ありがとうございます!
20年ぶりの海外なので緊張する~(笑)満喫してきます!
Re: 私も同じです。
◆Tammyさん
颯爽と追い抜いて行くTammyさんの背中、わすれませーん(笑)
隣にいた男性と、「あの人だけ走り方が全然違うww」って笑ってました(笑)

そうか、そうですよね。
年代優勝で素晴らしい成績だけど、Tammyさん自身は納得してないですよね。
悔しいのが先か後かってだけですね。

天草ですね!表彰台に上がった写真を見るのを楽しみにしてますよ!
お互いリベンジしましょう!
Re: すいません、笑笑
目的はなにか、だな。
歩くことではなくて、
エイドを確実にとること。
リラックスすること。
Re: Re: すいません、笑笑
◆八田さん
はい!
私はエイドで摂取するものは基本的にはないので
確実に身体を冷やす水や氷を確保し、
走りながらではできない筋肉の弛緩を短時間でできるように
頭においておきます(^^)

管理者のみに表示