五島トライアスロン2017使用ギア・グッズ・補給のまとめ

今年レースで使用した機材や補給内容をまとめておきます。


<ウェア類>
3種目:
・ビブショーツ チャンピオンシステム(パッドはレディースの3D)
・ブラトップ プーマ
・インナー ファイントラック スキンメッシュ ノースリーブ
・カーフガード コンプレスポーツ
・アームカバー パールイズミ コールドブラック
・レッグカバー パールイズミ コールドブラック

ファイントラックのインナーはとにかく快適!
これのおかげでウェアが肌に引っ付かず、濡れてもずっと快適です。
マストアイテムです。
アームカバー・レッグカバーは紫外線対策&かけ水で身体を冷やす効果。
気象条件にもよりますが、これにより体力の消耗を軽減できていると確信しています。
パールイズミのコールドブラックはとても涼しくて手放せません。





スイム:
・ウェットスーツ シロモトオーダーウェット セパレートフルスーツ
  (6年目。もう限界です。来年買い替えます。)
・ゴーグル アクアスフィア カイエン レディースフィット クリアレンズ

ゴーグルはずっとこれ。超リピートです。
普段からケースに入れて持ち歩きレンズに傷がつかないようにはしていますが
それでも微細な傷が入って見えにくくなるのでいつも直前に新品に変えます。




バイク:
・トライジャージ (サンボルト)
・ヘルメット KASK INFINITY
・バイクシューズ ガノー
・グローブ スペシャライズド 指切り
・ソックス ルコック ショート丈
・サングラス KABUTO CORAZZA-II Photochromic(調光レンズ)

ヘルメットは一昨年の秋に新調。明らかに風切音が違います。
wiggleで60%OFFかなんかの時に買ったんですがこれは大成功でした。
サングラスはOGKカブトの調光レンズ。長い時間走り気象条件も変わりやすいロングでは
絶対に調光レンズがいいです。





ラン:
・シューズ on クラウドフロー
・サンバイザー 不明(西内真紀プロ主宰IRONMONのもの)
・ランポーチ YURENIKUI レギュラーサイズ

なんつってもこれでしょう!!!(笑)今年のランを走らせてくれた立役者!!
onクラウドフロー様様です。ありがとう!!






<バイクギア>

・フレーム&フォーク CEEPO KATANA2017モデル
・ホイール FastFoword F4R
・タイヤ Continental Competition 25mm
・ベースバー プロファイルデザイン SVET V
・エアロバー プロファイルデザイン T3+ Carbon
・ステム シマノプロ
・コンポーネント シマノ Ultegra Di2 6870
・クランク シマノ Ultegra 50-34
・カセット シマノ Ultegra 11-28
・パワーメーター パイオニアペダリングモニター左右
・サイクルコンピュータ パイオニア SGX-CA500
・エアロバーボトル XLAB TORPEDO VERSA200
・補給食バッグ XLAB ステルス200(+ちょっと改造)
・ボトルケージ スペシャライズド横出しケージ
・サドルバッグ TOPEAK エアロ ウェッジ M
 (スペアタイヤ、リムテープ、CO2ボンベ+カートリッジ、バルブエクステンダー、マイクロポンプ、アーレンキー)


KATANAは素晴らしいバイクでした・・・(しみじみ)
ポジションが合っていたというのもあるでしょうけど、とにかく疲労してこない。
いつも抜かれっぱなしのバイクパートですが、今年は2周目に入ったらよく抜きました。

五島コースでのおすすめ機材としてはやはり電動コンポーネント。
とにかく変速しっぱなしです。フロントもガンガン変えます。
ワイヤードで手が疲れてきてフロント変速を渋ると絶対後半に影響あります。
タイミングを考えずスムーズに変速できるシンクロシフト化もお勧め。
体勢を変えず変速できるエアロスイッチもマストアイテム。




エアロバーボトルも使いやすかったです!ただ固定は確実に(^^;
マウントはタイラップでガチガチに固定してしまった方がいいでしょう。
ストローは短く切って上に上げっぱなしにしてました。
使ってるのは白ボトル。200と500の違いは台座の素材で重さがかなり違います。



何と言っても、これのおかげでサイコンの場所が最適に。ほぼ視線を落とすだけで見えます。
おかげでペーシングも上手くいったと思います。
お勧めアイテムです。

4901-381036_smartphone2.jpg



<補給>

朝食:朝4時~4時半(レーススタート3時間前)
・宿でおにぎり、五島うどん

スタート前
・移動時とスタート40分前までOS-1
・6時(スタート1時間前)にクエン酸2.8g

スイム:なし

バイクトランジット:なし

バイク:
・スタートすぐに粉飴ジェル(糖質10g程度)
・30分に1回を目安に粉飴ドリンクを2口。1時間で100mlを目安に摂取。
  粉飴ドリンクは粉飴210gをOS-1に溶かして700mlにしたもの。
  1時間あたり30gの糖を摂取できるように100ml毎にメモリを付けています。
・1時間に1つ、ブドウ糖(血糖値調整のため)
・2時間に1包、ココナッツオイル分包(脂肪利用スイッチ)
・2時間に1カプセル、クエン酸(脂肪利用スイッチ、グリコーゲン回復)
・2時間に1錠、カフェイン錠剤

・給水は最初の500mlはOS-1をボトルに入れておいてスタート。
 特に意識せず飲みたいと思ったら1口飲み、だいたい2時間でなくなりました。
・その後エイドで水をもらい、ボトルに補充。
 そこにOS-1のパウダーを振りいれて電解質を追加しました。
 特に混ぜたりしませんでしたが、バイクの揺れだけで自然に混ざってくれたようです。
・バイクフィニッシュまでにボトルに水を補充したのは3回。
 1ボトル350ml程度しか入っていないので、水分摂取量としては7時間で1.5L程度でした。
 それでも脱水などには一切なっておらず、また胃が膨れたりの症状もなく快適。
 いかに水をかけて身体を冷やすことが優先かを実感しました。
・あと、エイドでもらった冷えた水をそのまま口にすることも避けました。
 美味しいからごくごく飲んでしまいますからね~。


ラン:
・スタートすぐに粉飴ジェル(糖質10g程度)
・30分に1回を目安に粉飴ドリンクを2口。
  粉飴60gをOS-1に溶かして300mlにしたミニペットボトル2本。
  1本は最初からボトルポーチに入れてラントランジットバッグへ、
  もう1本はスペシャルエイドに預けてありました。
  1周で1本飲みきることを目安にしていました。

これ以外に、バイクと同様のものをランポーチに入れてありましたが
結局何も口にしませんでした。粉飴ドリンクのみです。

・給水はエイド2回につき1回、水をひと口だけ。ほとんど飲んでません。
 エネルギードリンクの水分だけで十分でした。
・最後の最後、38㎞でコーラをひと口飲んだかな?

・ランもバイクと一緒。水を飲むより身体にかけることが優先です。
・さらに、気化熱により体温を下げやすくするため、高湿度の状況では肌露出を。アームカバーを脱いだのは正解だったと思います。
 (アームカバー着用前に日焼け止めは塗っていたので腕はほとんど焼けてませんでした)


最後まで、胃が気持ち悪くなることもなく、飲むのが嫌になることなく、
予定通り、計画通り、補給することができました。
今年も補給は完璧だったと思います。



大塚製薬のWebサイトでOS-1のパウダーが買えます。
(この経口補水液パウダーでも同じ効果だと思いますが)



レース中の摂取カロリーは、1850kcalくらいだと思います。

消費カロリーは、ガーミン+サイコンによれば
・スイム 600kcal
・バイク 2700kcal
・ラン  2300kcal
計5600kcal。

その差3750kcalは、体内グリコーゲンと体脂肪で賄えたってことですね。

最後までハンガーノックどころか空腹感もなく、
摂取した物を確実に消化吸収し血糖値を維持することができたと思います。


ロングトライアスロンの補給は、いかに摂取するかではなく、
いかに糖を消費せずに節約して糖の枯渇を先送りにできるかにかかっている。

それが今回も実証できたと思います。


石橋先生!!!
先生の理論は、間違いありません!!!


先生のおかげで、いい結果を出せました!
ありがとうございました!!



以上、今回の使用ギアと補給の詳細でした。
ご参考頂けることがあれば幸いです。



ブログランキングに参加しております。
いつも応援クリックありがとうございます。

是非このページは直接ブックマークして下さい。
補給については必ずやお役に立てると思います。
こちらもご参考になさって下さい。
ロングトライアスロンの補給について

血糖値を計りながら練習してたのは伊達じゃないぜ!(笑)
補給についてはこれからも研究して情報発信していきます。
どうぞ応援してやってください。
↓↓↓クリック!
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
関連記事

コメント

補給参考にします(o^^o)
るみオカンありがとう!
(呼び捨てみたいで失礼します。何かオカンに敬称つけるの抵抗あって…) 初めまして、僕は今年のバラモンでトライアスロンデビューしました。ゴールできませんでした&参加条件満たすためパラオ行ったり横浜出たりしてますけど…
敗因は補給とバイクの練習不足、練習では消費カロリー分を補給しようとジェル飲みすぎて体調崩し本番はジェル減らしてハンガーノック。もっと早くるみオカンのブログを読んでれば、と来年も挑戦するので参考にさせてもらいます(o^^o)
補給と言えばオカンさん
2年続けて補給成功はお見事でした。自分の体を把握しておく事も重要なんですね。
研究室も合わせてブックマークしておきました。(^o^)v
サングラス
一瞬で調光してくれるスゲーアイウェアがありますよ!
馬鹿高いですけどwww
以前アクエリアスの人工甘味料についての記事を書かれてましたけど、OS1は大丈夫なのでしょうか?
Re: 補給参考にします(o^^o)
◆まータンさん
初めまして!コメントありがとうございます(^^)

あははwそうですよね、オカンはオカンですねw

そうですか~~残念でしたね。
でも最初から成功する人なんてそういません。
私も初ロングの宮古島の補給は失敗だらけでしたよ。

ロングの距離って大会当日しかやらないですから、みんな結構補給がぶっつけ本番なんですよ。
でもバイク5時間6時間くらいのロング練習ってよくよく考えたら数回はやってるはず。
そこでコンビニだったりどこかお店に寄っちゃうから補給練習できない。
そこはストイックに仲間にも断って補給食だけで通してみる。そういうことが全部経験になります。

私は練習からジェルを使うほどお金かけたくないので安い粉飴を使ってたら
本番でもこれでいいじゃんwって結局本番も粉飴です。
全然お金かけてませんw
Re: 補給と言えばオカンさん
◆ヨシトさん
自分の鉄板パターンができてしまえば楽ですね(^^)

ほんと、自分の身体をいかに把握するかだと思います。
人によっては流動食だめで固形物食べないと元気でないって人もいるでしょうし、
私みたいに固形物ですぐ胃がやられるタイプもいる。

とにかく練習時から補給練習を重ねることだと思います。
Re: サングラス
◆きっちさん
きっち銀行が無利子で融資してくれるんですかwww
それとも寄付ですかwwww

前にジョーブレイカーかけさせてもらったじゃない?
あの時いいなーいいなーって思ったんだけど、
今のとここれでなんの問題もないのね~。
買い替え時期になったらまた考えます^^
Re: タイトルなし
◆こうさん
アクエリアスの人工甘味料の記事?
そんなの書いた記憶がないですが・・・。それ八田さんじゃないですかね?


私はお恥ずかしながら日々人工甘味料取りまくってる人間なので、
気にしておりません(^^;ゼロコーラも飲んでますw

OS-1のナトリウム量については気にしてますけどね。
これはもうレース当日のみです。
この日だけでOS-1を5本分取ってますので1日の推奨上限超えてますしね。
もちろん影響ありです。3日はむくみが取れません。
腎臓にも決していいとは言えないと思います。
それでも、当日電解質バランス維持のためには必要なんですよね~。
つくづく不健康なことやってますね(笑)
八田さんだったかもですね(笑)
オカンさんのコース説明のおかげで、五島初参加でしたけど、不安なく3種目こなせました。
ありがとうございました^_^
Re: タイトルなし
◆こうさん
確かポカリとアクエリの比較をされてたような・・・?

スポーツドリンクはほんとに成分バラバラなので給水には利用しにくいです。
経口補水液のパウダーが調整しやすくてお気に入りです。

あ、出てらしたんですね!お疲れ様でした~!
素晴らしい島だったでしょ(^^)
また是非エントリーなさってくださいませ!

管理者のみに表示