五島2017レース評価・課題分析(2)スイム

五島トライアスロン、課題分析、スイム編です。


残念ながら心拍データは拾えず。
心拍計に残ったまま、ガーミンにデータ転送できてません。

ガーミンは修理に出したら、復旧できなかったとのことで新品交換に。
なので、心拍データも取れませんね~。残念。。。


残ってるデータだけで見てみます。
ガーミンからTrainingPeaksに取り込みました。
グラフもTrainingPeaksの方が断然見やすいですよ(^^)


まず軌跡。1周目を赤でトレースしてみました。

2017goto-swmindata.jpg

1周目はかなり混雑していたので、第1ブイ~第2ブイは外側を泳ぎました。
これは記憶にあるのでその通りになってます。
それ以外はほぼ蛇行せず直線でいけてますね。

むしろ2周目の戻り(第4ブイから第5ブイ)が蛇行したデータになってました。
はて?なんでやろ?ほぼ人もおらず、毎回ヘッドアップで最短距離を行けたと思うんですけどね。



ガーミンによれば、泳いだ距離は3694m。
んなわきゃーねえ(笑)最短距離で3800mなので、拾えてないところがあるんですね。

まあでもそう長い距離は泳いでないと思います。
1周目に意図的に膨らんだ以外は最短距離だったと思うので、3850mってとこじゃないでしょうか。



ガーミンタイムは1:07:59。公式記録が1:07:37。
だいたいスタート20秒前に押したので合ってますね。
移動タイムは1:07:25となってました。

上陸時間は、1周目は給水なしでコーンすれすれを素早く回って8秒くらい?
2周目も上がってすぐゲートに向かったし、小走り位はしてたから10秒程度でしょう。
泳いでた時間は67分20秒ってところでしょうか。

3800mなら100mあたり1.77分(1分46秒)ペース、
3850mなら100mあたり1.74分(1分44秒)ペースです。

う~~~ん(^^;;;;
目標とは程遠い結果になっちゃった><。


いやあ参りました。
やっぱり荒れた海には弱いですね(^^;


気になって他の方のデータも見てみました。
スイム100位までの選手で去年Aに出ていた選手は34人。
去年のタイムと今年のタイムを比べてみると、

タイムを短縮されていたのは6人だけ。あとは皆さんタイムを落としていました。
やはり海のコンディションの影響はしっかりありましたね。

2017goto-swmindata2.jpg

それでも私の落ち率は大きい方なので、もっとラフウォーター対策も考えないとな。
練習のしようがないってのが難点なんですが^^;;
まあまた調べてみます。



どこまで信用できるか分かりませんが、ペースとピッチのデータを見てみます。
ブイがあって方向が変わるところに赤線を引いています。

2017goto-swmindata1.jpg

スタート~①:
・ダッシュは50mくらいしかしてませんねwもうちょっとしようよwww
・ダッシュの後に明らかに緩めちゃってるんです。これ記憶あります。
 ちょっと怖くなっちゃったんですね。これ、アップで心拍上げてなかったせいだと思います。
・①ブイまでかなりピッチ速いです。spm36~38。

①~②~③:
・かなりペース遅い。この区間は1:50近いかもしれません。
・ピッチもまだ速い(spm35)ので、うねり強くグライドしても進まん!と思って早めてたんだろうと思います。
 でもやり慣れてない泳ぎをしてもしんどいだけでしたね(笑)
 ここは落ち着かないといけませんでした。

③~④~⑤:
・一気にペース上がってます。潮の流れですね。
・ピッチも落ち着いてる(spm33)ので、流れが変わったのを感じてちゃんと対応できたんだと思います。
 それでも去年はもう巡航に入ればspm31や32なので1~2多いのです。
・⑤ブイ前後で乱れてます。そんなにかちあった記憶はないんだけど?

⑤~上陸:
・ここでまたペースが落ちてます。これは単に前が詰まっていたから。狭くなるんですよね。
 1周目だからと無理して抜こうとしませんでしたが、心肺負荷には余裕があったので
 ここで後ろから静観してたらあきませんでしたね。


2周目
リスタート~①~②:
・バトルがないので1周目よりは速いんですが、すごくペースが上がり下がりしてます。
 うねりに翻弄されてたんでしょうね(笑)

②~③:
・ドラフティングさせてもらったので楽でしたし1周目より速いですね。
・でも気を抜くと前の方との距離があいて押し戻される感覚がありました。
 もっと躊躇せずにべたーっとついてたらよかったかも。
 まあやったことがないのでできたかどうか分かりませんがw

③~④~⑤:
・1周目とほぼ変わらず。


おそらく1周目1’47~’48ペース、
2周目1’44ペースあたりでしょう。

キックについてはずーっとしてました。
ノーキックだったら全然進まなかったと思います。
最初のダッシュとブイ周りだけ6キック、それ以外は2キックです。


上がった時に疲労感はほぼありませんでした。
考えていたレース強度では泳げてなかったなあ。うねりに対するので精一杯でした。

まあでも、バイクスタート後の心拍の下がり方が早かったので
本来今回くらいの強度でいくべきなのかもしれません。

スイムパートのTSSは67でした。



自己評価
・あまり経験のないコンディションに対応するので精一杯。
 いい泳ぎができなかった。
・しかし経験がないながらも、ロープを使ってヘッドアップを防ぐなどの対応をし
 体力の消耗を最小限にすることができた。
・定めたレース強度をどのような環境でも維持できるようになるには、
 まだまだ感覚を磨く練習が足りないと感じた。


課題と対策、強化ポイントなど
・ちゃんとダッシュは200mくらいしましょう。
・そのためにちゃんとアップで心拍上げましょう。
・うねりのある海での泳ぎ方を研究しておくこと。
・ドラフティングしながらも自分のレース強度をキープする練習を。
 普段からプールで速い人においつく練習をしておく。

・強度の高い練習をちゃんと継続的にやっておくこと!!!



スイムは週3~4コンスタントにやってきたわりに成長なく残念ですが、
今の練習では維持がやっとなのかもしれません。

しかし前回の順位別に見る分析から見れば、スイムにいたずらに時間をかけるべきではないですね。
これからはポイントを絞りつつ、短時間でガッと負荷かけて練習するようにします。

もう少しだけ、上を目指したいな。



つぎ、バイクのぶんせきっ



ブログランキングに参加しております。
いつも応援のクリックありがとうございます(^^)

思い返すと、なんでもっと頑張れなかったんだろう、と思うのがスイムです。
でも、頑張らなかったから、バイクが上手く行ったのかもしれないし・・・。
まだまだ伸びしろはたっぷりあると思うので、もう少しだけ上を目指してみます!

これからも応援頂けると嬉しいです(^^)
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
関連記事

コメント


管理者のみに表示