五島2017レース評価・課題分析(5)補給・ギア・テーパリング

五島ネタをしつこく引っ張ってすいませんw

五島トライアスロン課題分析、ラストです。
スイム、バイク、ラン以外のところをやっておきます。


<トランジット>
バイクトランジット:
・全てスムーズにできた。
・テントを出るまで3分、テント出てから2分半というところ。
・もうこれ以上短縮できる気がしないw

ラントランジット:
・テンポトレーナー忘れたこと以外は全てスムーズにできた。
・テントを出るまで3分、テント出てから3分くらい。
・テントを出てからサイコンの設定のため歩いたが、次回は走れるはず。
・あと1分短縮可能w

どちらにも言えるのですが、「使うかも」と何でもかんでも入れないこと。
短時間にやるべきことだけやるには、そこで見て判断するステップは邪魔です。
なきゃないでなんとかなるので(笑)

あと、事前にできることは事前にやって入れておくことですね。
ジャージの前は開けておく、ゼッケンベルトは外しておく、
バイクシューズのテープは外してガバっと開けておく。

でも、なんでもかんでもそうしない方がいいこともある。

例えば、
・サングラスは万が一破損や傷が入ると競技に甚大な支障が出るので
 ケースに入れてトランジットバッグに入れておく(私は)。
・ランシューの紐を解いておくと袋の中の何かと絡んでしまうかもしれない。
 解くのなんて一瞬なので、私は「口を緩めたうえで結んだまま」にしてます。
 これは五島のランバッグが前日預けだからってのもありますが。
・ランシューは通常紐でよかったです。ショートならともかく、
 ロングなら自分でアッパーのフィット感確認して結ぶのがいいと思いました。




<補給>
内容詳細はこの記事に書きました。
五島トライアスロン2017使用ギア・グッズ・補給のまとめ

バイク補給:
去年も100点だと思ってましたが、今年はさらに完璧だったと思います。
全く一瞬たりとも空腹感がなかったし、力が抜ける感じもなかったです。
まあ、144㎞超えてからちょっと落ちてるんで説得力ないっちゃーないんですがw
あれは風のせいです、風のせい(笑)

じゃあ去年より何が進化したかというと、
・クエン酸の追加摂取
・BCAA

かなと思います。クエン酸は去年は追加で飲んでなかったし、
去年はBCAAうまく摂れなかったんですよね。
クエン酸の追加摂取で、バイク中にちょっと回復した気すらしましたからねwww
まあプラセボかもしれないけど、今後も絶対飲みます。
BCAA(グリコ美味しいBCAA使用)は顆粒でバイク乗りながら飲むのはちょっとコツがいりますけど
なんなら止まってでも飲む価値あると思いました。


ラン補給:
粉飴ドリンク以外のものは結局取らず。サイコン握ってたからポーチ開けるの嫌でw
まあそれでも全く影響なかったですね。
これからもランの補給でポーチのポケットに入れるものは保険かな。




<機材・ウェア・シューズなど>

バイク機材:
・エアロバーボトルの固定が甘かった。タイラップで留めてしまうこと。
・バイクはサイコンだけでガーミンは止めていい。
・ウェット路面に備えて空気圧1bar下げたが特に普段との違いに気づかなかったwww
・今年もパンクせず。事前のタイヤ交換、シーラント入れを今後も継続する。
・シンクロシフト快適。ほぼ左手は操作しなかった。
・横出しボトルケージはなんのストレスもなくボトルの出し入れができた。
・補給食バッグは思ったより取り出しやすかった。登りで低速の時に身体を起こしてやればいい。

ウェア:
・去年の大き目サイクルジャージ→今年のタイトフィットのトライアスロンジャージ
 相当な抵抗減効果を感じた。快適さに影響がなければウェアをスキンスーツにすれば
 かなりの速度アップ(もしくは負荷減)効果があると思う。
・下は去年と同じチャンピオンシステムのビブ(レディース3Dのパッド)。
 全くお尻も股も痛くならず快適。
 ランでも気にならないが、これからペースを上げていくなら考えた方がいいかもしれない。
・ウェットスーツの泳ぎにくさは特に感じず。肩周りに窮屈さもなく疲労もなし。
 しかし胸回りのサイズは6年前と確実に変わっているはずなので(広背筋肥大)
 硬化もしているだろうからもう今年で終了にする。来年買い替え。
アームカバーレッグカバーをバイクで使用、ランで脱いだのは大正解。
 バイクではかけ水を保持して風で冷やす効果、ランは熱発散を促した。
・レッグカバーの下にカーフガード(コンプレスポーツ)も正解。
 走ってる最中もゴール後も一切攣りなどなかった。
・ランのサンバイザーも水がかけやすくてよかった。今後はサンバイザーでいく。

ランシューズ:
クラウドフローで初めてのフルマラソン。最後まで脚を運んでくれた!!予想通り!
 ロングのランには最適なシューズに思える。リピート決定!!



<テーパリング期間や内容>
レース週のパフォーマンスマネジメントチャートです。

PMC0604-0610.jpg

月曜はオフ、火曜から土曜まで1日50TSS程度のトレーニングを行いました。

training0604-0610.jpg

ここに至るまでにもうしっかりATLは下がって
TSBもレース適正値になってしまっていたのでどうすればいいか迷いました。
このまま下げてしまってCTL80くらいまでになってしまったら
後悔するのではないかと。

しかし疲労が残るほど愚かなことはないので、
翌日に消えるレベルの運動に止め、毎日やりました。
しかし金曜日の夜時点で嫌な疲労感があったので、
移動で疲れてしまったのかなぁ、やっちゃったなぁ~と思ってました。


レース前日はバイクを組んで様子を見る程度のライドと思っていたのですが、
走るコースを全く調べていなかっのでうっかり鬼岳に登ってしまいました(笑)
汗だくになってやんの(笑)

でも脚は全く使わない超サイクリングだったので
前日までの重い感じが消えてスッキリしました。
前日の運動としては丁度よかったのかもしれません。



結局前日終了時の数値は、
・CTL(体力) 85.2
・ATL(疲労) 57.2
・TSB(調子) 28.3
となり、本番を迎えました。




疲労感なく、筋肉も緩みすぎず、
精神的にも落ち着き、テンションは高すぎず低すぎず、
最高の状態で迎えられたと思います。


この数値を基準にして、これからのレースのテーパリングを組み立てていこうと思います。



前日に少しナーバスになっていたのですが、
同じ宿の仲間や、FBでの皆からの支えのコメントにも助けられました。
1人では潰れていたかもしれない、と今思い出すとゾッとします。

たくさんの方に支えられて、
あのレースが出来たのだ、と、改めて胸を熱くしています。

みんな、ほんとにありがとう。



最後の最後、総括して終わります。




ブログランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。

こうして細かく見てみると、色んなことが上手くいってたんだなぁ、と感慨深いです。
今までの全てが、ここに繋がっていたんだなぁ。
このブログで書いてきたことも、全部。

トライアスロンとブログ、親和性高いと思います。
皆様も是非!

これからも応援頂けると嬉しいです!
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

関連記事

コメント


管理者のみに表示