人に説明するのは凄くいい気付きの機会

今日はお昼にHIROZOくんとメッセンジャーのやり取りしてたんです。


昨日クロールの動画見て下さいって連絡もらって
ちょっと気づいたこと返したりしてたのね。


あ、私そんな人の泳ぎ見てどうこう言えるレベルじゃないんだけど(^_^;)、

大人になってから泳ぎ始めて、6年前は1500m38分。
そこからいろんな人(主にハルさんw)にアドバイスもらってもらって
1500m24分までは来たのね。

その過程の、今まで貰ったアドバイスや方法や意識を説明してるだけ(^-^)

抜本的にはハルさんに見てもらってね(^_^;)



で、今日も追加の質問受けて、それに返したりしてて、、、


その場でヘッタクソな図書いて説明したりw




で、その過程で、自分もいっぱい気づきがあったのです。

あ、これあたし出来てないわwwwってことが。



それを踏まえて、今日の家族スイム(^-^)

2000mくらいみっちり泳ぎました。


もちろん内容はフォーミング。

肩甲骨からぐっと伸ばしていつもの5cm先に。
逆手が入水するギリギリまで耐えて、
遠くの水をキャッチ。
そこまで待てばキックが遅れることもなくタイミングもちゃんと合う。

キック前はしっかり腰を入れて腸腰筋のストレッチ感感じ、
股関節から大きくしならせてうち下ろす。

その瞬間にドローイン、水に乗り込む!!!


めっちゃくちゃ進みますwwwwww


この泳ぎ、最近できてなかった。
キックの比重を下げてたからできなかったというか。


でもやっぱり男子と比べて筋力的に劣るんだし、
キックはうまく使っていかないとダメだと思ったから
これからも本番でもキックはしようと思います。
じゃあこの連動性は常に意識してないとね。



と、暫く忘れてたことを、HIROZOくんとのやり取りで思い出したのでした。

HIROZOくんありがとー(^-^)



ガツガツ強く泳いで負荷かけて強くするのも大事だけど、
ちゃんと立ち止まって大事なこと忘れてないか確認しないとね。

そのためにはたまに誰かと練習するのもいいな(^-^)

近所の金岡プール(屋外、50mプール)まで来てくれるならいつでも見ますので
ご希望の方はコメント下さいませ(笑)




ブログランキングに参加しております~。
いつも応援ありがとうございます(^-^)

ほんとすぐに基本を忘れる( ̄▽ ̄;)
ので、定期的に見返す「スイム基本メモ」を作ってあるんだけど、
それでも忘れちゃうのね(´Д`;)
歳取るってやーねー(笑)

たまに刺激入れて思い出せよーって
背中パッチーンの応援クリック宜しくお願いします(*^^*)
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ





関連記事

コメント

いつも、読んでます。身近なお役立ちな情報ありがとうございます。

教えることは二度学ぶことと言いますものね
(ノ≧▽≦)ノ
はじめまして
るみおかんさん、こんばんは。
初めてコメントをさせていだきます。
とみと申します。

まず五島の総合入賞おめでとうございます!
カナダも応援してます!

一年くらい前からるみおかんさんの一ファンとして、毎日ブログを楽しみに、そして参考させてもらっています。

私はトライアスロンを始めて一年程度の初心者です。年齢はおそらくるみおかんさんの一つ下、男性です。

ここからが本題なのですが…

アイアンウーマンなので、全てが凄いです。
その中でも、特にスイムが素晴らしいなと思ってます。

どのような練習と練習量で速くなっていったのか、その経緯を調べようと、一昨日ブログのカテゴリーをスイムに絞り、それがわかりそうな記事を読んでおりました。

2012/06/27の記事では1500mが33min、2012/10/31には29min、そこから結構飛んで2013/12/20には、100mを1:30-35くらいで泳げるようになってます。

あっという間に1:30/100mくらいになってました。

その後もグングン速くなっている、もしくは速く長く泳げるようになっている印象です。

本日の記事では、6年で1500mを14min短縮したことが記事となってました。

今回質問するのに良いタイミングかと思い、思い切ってコメントとお願いをさせていただくことにしました。

3ヶ月区切りくらいで良いので、平均的な月間練習距離とメニュー、1500mのタイム、1000TT、100mの平均タイム、サークルタイムなどの変遷を教えていただけませんでしょうか?

私はレースでの1500mが31-32min、100mが1:55-2:00と遅く、成長する気配がなかなかありません。泣

なぜ向上しないかは、足りないことがありすぎて書ききれませんが、るみおかんさんの実施してきたことを参考にさせていただきたいと思います。

るみおかんさんがご多忙なことは存じております。

ですのでいつでも構いません、この内容を記事として書いていただけると大変嬉しいです!

どうぞよろしくお願いします!
昨日、一昨日とご指導いただきましてありがとうございましたm(_ _)m

るみおかんさんの画力と分かりやすい説明のおかげで、自分の課題を理解することができました!

ご指導いただいた内容を習得すべく、早速、昨日もプールへ行ってきました!
るみおかんさんのおかげでプールへ通うことが、苦ではなくなりました笑
本当にありがとうございますm(_ _)m

これからも精進して参りますので、どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m
Re:
◆塩じいさん
ありがとうございます(*^^*)

日々こうして練習記録をブログに書いているので
気づきを確認することはできているのですが、
もう自分では気づかなくなってることまでは拾えないんですよね(^_^;)

なのでこうしてたまに別の人の泳ぎや走りを見て刺激を受けたり
違いを感じ取って自分に生かしていくのはとても有用な手段だと思いました。
Re: はじめまして
◆とみさん
はじめまして〜。
熱いコメントありがとうございますΣ(・ω・

お気持ち伝わりました!

分かりました、ちょっと思い出してまとめてみますね。

だいたい4段階くらいかな〜。
1.プール33分、海38分
2.プール27分、海32分
3.プール25分、海28分
4.プール24分、海25分

1から2でプールでは一気に速くなってるんですが
海では通用してないんですよ。
4がここ数年で、プールのタイムは縮んでないけど
五島本番で結果が出てます。

少々お待ちくださいね(*^^*)
Re:
◆ひろぞーくん
私でよければいくらでも説明させてもらいます(^-^)
また出張で来たら一緒に泳ぎましょう〜。

最初に見せてもらった時とはかなり変わってきたと思う!
好きになってたくさん練習したらどんどん上手になるし、
好きになれるのは一番の上達の道やんな〜(*^^*)

あたし最近頭打ちやし、練習強度が上がってきて
スイム練習しんどいねん、、、。
でも好きな気持ち思い出して頑張るわ〜。
ありがとう(^-^)
るみおかんさん、こんにちは。

ご返信ありがとうございます!
お返事いただけたことだけでも、既に感激しております。

4段階の進化を見るだけでも参考になることがあります。

速くなっているだけでなく、プールと海のタイム差が短縮していってるのですね。

海の方がプールより条件が過酷なので、タイム優劣が逆になることはないと思います。技術の発揮のしやすさも然りです。

ですので、プールでできないことが、海でできることは決してなく、海を意識したプール練習の重要さがわかります。

来たる記事を期待してお待ちしております。
よろしくお願い致します!
Re: タイトルなし
◆とみさん
プールより海の方が断然速いって方はたくさんいますよ(笑)
身体が沈む方です。

沈む人はプールではとにかく進めないし、キックで浮こうとするのですぐ疲れます。
でも海水とウェットで浮けてしまうので疲れず前に進める。

私は浮けていたので、ウェット着てもそう変わりません。
でも海の波やうねりや人の立てる泡に対応できるパワーがないのでタイムは落ちます。
かつ、脚が浮いてしまってキックがしにくいのでキックの推進力が減る分遅くなりますね。

ざっと書きましたので、ご覧になってくださいませ(^^)
るみおかんさん、こんばんは。

海の方がプールよりも速い人がいるということ、そしてその理由、納得できました。

私自身、ウェットスーツでの下半身浮力に助けられ、タイムが逆転することはないまでも、恩恵を多く受けている部類でした。

私がプールで泳ぐ場合、キックは下半身を浮かせるためだけに行なってしまうこと、しかも大変疲労するという理由で、練習ではプルブイを挟んでのプルのみでした。

そして、本番のOWSでは、ほぼノーキックでした。

最近、キックがある程度できないと、スイムの技術や速さが向上しないのではないかと考え、プルブイを外した練習もしています。
しかし、心拍はさほど上がらないのですが100mで疲れてました。

そこで、ストリームラインの保持が大切なんだろうと思い、伏し浮きを練習し、やっと脚が床につくことなく蹴伸びができるようになりました。

二ヶ月くらい前のことです。

現在は、プルブイなしで泳いでますが、遅いという状況です。

私の状況をお伝えするために、前置きが長くなってしまい申し訳ございません。

さて、早速記事を書いて下さりありがとうございました!
まさかの早さにビックリです!

今日は、記事を読んだ後にスイム練習を行い、色々気づきがありました。
お返事に相当する記事にコメントする次第です。

よろしくお願い致します!
Re:
◆とみさん
ありがとうございます。

前提を書いて頂いたので状況がよく分かりましたよ〜。
浮かないので体力のほとんどを浮力に使ってしまっているのでしょうね〜。
それはしんどいですね(>_<)

もう一方の返信に書こうと思いますが、アプローチは2つだと思います。
1.徹底して浮くための練習をすること。
2.浮いてなくても前に進める泳ぎを身につける

私は1でやってきて、海で通用せず2を取り入れて遅くなりましたが海で泳げるようになりました。
しかし1ができていたので2にも移行できましたが、いきなり2で本当にできるのかは疑問点です。

受講してませんが八田さんのスイム講座は2をいきなり教えてると思います。

またじっくり返信しますね。
ちょっとお待ちください。

続きはメールでもいいですよ?(^-^)
るみおかんさん、こんにちは!
コメントありがとうございます!

取り急ぎの短文で恐縮ですが、メールでのやりとりをお許しいただけるのであれば、そちらを強く希望します。

先ほど、別記事のアドバイスをざっと確認しましたが、私にとってはどんなトレーニング本よりも有益そうです!
コメントですと長くなってしまいますし、写真等を送ることが難しいです。

どのようにメールにシフトしたらよいか、ご指示いただけますでしょうか。

このコメントのメールという空欄に、私のメールアドレスを記入したらよいでしょうか。

よろしくお願いします!
Re:
◆とみさん
あ、では非公開コメントにしてアドレスを送って頂ければ。

もしくはFacebookをやっていらっしゃれば、メッセージ下さっても結構です。

どちらでも(^-^)

管理者のみに表示