大人から泳ぎ始めてスイムが速くなった過程

昨日のスイム記事に頂いたコメントを元に書いてみます。

このようなコメントを頂いてました。


どのような練習と練習量で速くなっていったのか、その経緯を調べようと、一昨日ブログのカテゴリーをスイムに絞り、それがわかりそうな記事を読んでおりました。
2012/06/27の記事では1500mが33min、2012/10/31には29min、そこから結構飛んで2013/12/20には、100mを1:30-35くらいで泳げるようになってます。

あっという間に1:30/100mくらいになってました。

その後もグングン速くなっている、もしくは速く長く泳げるようになっている印象です。

本日の記事では、6年で1500mを14min短縮したことが記事となってました。
今回質問するのに良いタイミングかと思い、思い切ってコメントとお願いをさせていただくことにしました。3ヶ月区切りくらいで良いので、平均的な月間練習距離とメニュー、1500mのタイム、1000TT、100mの平均タイム、サークルタイムなどの変遷を教えていただけませんでしょうか?



なるほど(笑)
興味持って頂いてありがとうございます(^^ゞ

そうか~こういう見方もするから、カテゴリって意味ありますね。
2種目の記事書いてたら「練習日記」カテゴリにしちゃったりするんで
できるだけ分けた方がいいのか・・・。


ちゃんとは覚えてないんですけど、こんな感じです。



子供の頃のスイミング・・・小4で止めたような?クロールと平泳ぎは終わらせた程度。
あとは体育の授業だけ。高校はプールが無かったので泳いでません。

2006年くらい(31歳頃)に何回かプールに。25m泳ぐので精一杯。
2007年?に遊びでスプリントのトライアスロンに出てます。750m泳ぐのはこの当日が初めてでした。
脚が付く海だったので、何回も脚ついて、平泳ぎしまくって泳ぎ終わりました。


2011年 トライアスロンの練習開始
 スイム練習は月1回。とにかく長く泳ぐだけ。
 結構すぐ1000m続けて泳げた。時計は見た記憶がないw

2012年 スプリントでウェットスーツデビュー、ショートデビュー
 スイム練習は月1回。1500mを続けて泳ぐだけ。1500m33分くらい。
 スプリント750m16分ちょっと、ショート1500m38分。

2013年 ショート2年目 ロング1年目
 スイム練習は週1になったかな?初めて練習で3000m続けて泳ぐ。脚フラフラ(笑)
 100mのインターバル練習を始める。2分サークル。1:50くらいだったかな?
 レスト10秒でも回せる強度で常に泳いでました。
 ロングデビューの宮古島はスイム中止。

2014年 ロング2年目
 スイム練習は週2-3回、各1時間、入水時間50分程度。
 アップ・キック・プルで500m、メイン1500m、ダウン2-300m。
 メインはほぼ100*10。2分サークルから1:50サークルに短縮。
 1:42-45くらいでは泳げるようになっていた気がします。
 1500mは28分くらい。五島3800mは73分。

2015年 ロング3年目
 スイム練習は週4回、各1時間、入水時間50分程度。
 アップ・キック・プルで500m、メイン1500m、ダウン2-300m。
 メインはほぼ100*10。1:50サークルで1:40で泳げるように。
 1500mは27分くらい。五島3800mは71分。

2016年 ロング4年目
 スイム練習は週4回、各1時間、入水時間50分程度。
 西内プロのスマートコーチ&高効率動作スイムレッスン受講開始。
 泳ぎ方変更。
 アップ・キック・プルで1000m、メイン1000m、ダウン2-300m。
 メインはほぼ100*10か50*5*4の2択。
 100mは1:32くらい(1:50サークル)。
 1500mで25分を楽に切れるようになる。
 五島3800mは64分台。

2017年 ロング5年目
 スイム練習は週3回、各1時間、入水時間50分程度。
 アップ・キック・プルで1000m、メイン1000m、ダウン2-300m。
 「ハルさん練」を取り入れて練習ペースを上げた。
 1:45サークルで1:30戻り、100*5*2が通常練。スイム練習の運動強度が格段に上がる。
 五島3800mは67分。コンディションが厳しかったです。
 シーズン当初に1500m23分40秒を出してますが最近はそんなに速くは泳げないですね。



ってくらいかな~。曖昧ですが。。。
ブログに書いてる100mのタイムなんてあんまり参考にならないと思います(笑)
2013年にやったー!1:30で泳げたよー!って嬉しがって書いてても、
6キックだったり呼吸4回に1回だったりと本番で使える泳ぎではなかったと思うし。


2014年シーズンに1回目の変革があって一気に速くなりました。
きっかけは「伏し浮き」と「けのび」です。八田さんの影響。
浮ける様になってどんどん速くなりました。
でも海は通用せず。
2015年シーズンも同じくです。プールでは速いが海で遅い。


2016年に2回目の変革。
最初のきっかけはハルさんに泳ぎを見て貰ったこと。
(2015年にも見てもらってますが、教えを生かせるレベルになかった)
さらにNSIトライアスロンスクールでスイムレッスンを2回受けてそこでの高効率動作がハマりました。
フォーム動画を撮影してオンラインコーチングで細かく指導を受けました。
これにより泳ぎが大きくなり、海の泳ぎも速くなりました。


今シーズンはタイム的にはそんなに上達はしていないのですが、
泳ぎのパターンが増えました。状況に応じて泳ぎを変えることができるように。
結果、バトルが全然怖くなくなりました。
今シーズンタイムが伸びてないのは、筋トレで筋肉質になってしまったので
沈むようになったからだと思います。


というところ、です。
回答になってますでしょうか?

質問頂いたらお答えしますのでコメント頂ければと思います(^^)




ブログランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。

技術にフォーカスして細かく抵抗を潰していった頃の方が速かった。
でもそれは海では通用しなかったです。
これからも海で生きる泳ぎを目指して、動きと筋肉を育てていきたいです。

目指せ女子一位(笑)

いつか取れるといいね!って応援クリック宜しくお願いします!!
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
関連記事

コメント

るみおかんさん、こんばんは!
早速まとめて下さりありがとうございました。

現在の自分には、十分なご回答をいただきました。

現在の自分のレベルが、るみおかんさんの2012年くらいのレベルであることがわかりました。

2013年での2:00サークルペースというのは、私では、2本目でこぼれるレベルです。(本日確認しました。)
この時期で既に1500mを30min切れるレベルだったのですね。。。速いです。。。


基本的にスイムは色々きつくて、高強度練習ができないのです。(おそらくスキルが伴っていないからだと思います。)

週に2-3回泳いでますが、距離は800-1500m程度、平均心拍数は、バイクやランの心拍数と比較して低いです。
トレーニングというよりは、泳ぐことを忘れないための練習という感じです。

今日は、今一度自分のレベルを確認するために、いつもよりも心拍をあげて練習するようにしてみました。

******************
アップ
通常100*3を2:10ペースで行います。
今日は疲れがなく、300*1ができまして6:18、2:06/100mで出来ました。

キック 50*2
1本目は、25m通過時点で太腿が辛くなりみるみるペース低下。結果1:52/50m。

30秒脚を休ませてから、帰りスタート。

腸腰筋辺りから動かすことと太腿の力をできるだけ脱力することを意識。結果1:42/50m。
なぜか速くなりましたが、明確な理由はわかりません。たまたまかもしれません。

これ以上のキック練習はあまりに疲労するのでこれにて断念。

プル 100*2
プルブイとパドルを使用してのプル。
2本とも1:48/100m
毎度、肩の筋肉が痛くなります。
心拍は既にゾーン4に入りました。

メイン(のつもり)です。
キックは2ビート、息継ぎは、3ストロークで一回です。

この時点では、心拍が高くなっても頑張れば2:00サークルいけるのではないかと思ってまして、
1本目 1:46で入りました。

が、心拍上がりすぎて、とても2:00では出られず。3minも休憩してしまいました。

2本目 1:52 で、2:00では出られず、2:30で出発。
ここからは心拍ゾーン5です。

3本目 1:59あがりの2:20で出発。
溺れるかと思うくらい呼吸きつかったです。

4本目 2:07の2:20出発。
5,6,7本目 2:10の2:20出発。
この3本は、なぜか揃いました。

8本目 泳いでいる間、あまりに苦しいので、伸びろー、遠くをつかめーみたいに半分朦朧としながら念じて泳いだら、なんと2:08。

ここで腰がだいぶ痛くなったのでメイン終了しました。

ダウンは100**2
total 1600 スイム練ではじめてガーミンのトレーニングスコアが3を超えました。

今回のスイム練は、自分ではここ3ヶ月でベストレベルなのですが、2:00サークルは遥か彼方のレベルであることがわかりました。

10秒レストでも五本行けたのは自分では驚きの結果でした。

***************
このようなスイムの実力です。

るみおかんさんの成長の過程の中で、似たような状況はなかったでしょうか。
部分的にでも直面していたら、それをどのように克服していったかアドバイスいただけると今後のトレーニングに大変参考になります。

お手すきの時で構いませんので、アドバイスいただけますでしょうか。

よろしくお願い致します。


最後に、長文申し訳ございません。
また、もっとお伝えしたいこと、相談したいことがあるのですが、一旦終えることにします。
私のコメント内容が、るみおかんさんの記事の全てに応えてなくて申し訳ありません。
Re: タイトルなし
◆とみさん
ありがとうございます。
ご熱心ですね!そういう方大好きです(^^)
私の経験で分かる範囲で書かせて頂きますね。


まず、キック50m1:50前後、ここに問題の一つがありそうです。
うちの旦那も数か月前までこの状態だったのですが、いくつかのアドバイスで50m1分20くらいまでには上がりました。

ビート板にしがみついて、肘が曲がり、お尻も脚も沈み、
その状態で必死に自転車をこぐようにキックしていないでしょうか。
まずその体勢では腸腰筋を使ってしならせてキックするということ自体無理で
必死で足を動かしてもそれは浮力にしか働かず、しかしその必死の浮力も体勢によって打ち消されてしまうのです。
そのキック練習は、体力をつける以外の何も生んでいません。
まず姿勢の見直しをしましょう。

ハルさんのキック講座のところに画像があったかなあ?
ビート板の先端を持ち、肘は伸ばします。ビート板に体重をかけましょう。腕で支えない。沈んで怖いなら最初は2枚重ねてもいいです。

まずこれだけで腰が浮いてきます。この状態でキックすれば、腸腰筋を使う意識ができると思います。

キックのふり幅、水面か水中か、キックのピッチなどは、なんの練習なのかによって変わってくる(いろいろやるのがいい)ので、一旦ここでは書きません。まず姿勢を変えてキックしてみて「明らかにすすむ!」を感じて下さい。



プル。一旦パドルを使うのを止めた方がいいと思います。
たぶんですが腰も脚も落ちた状態で、プルも十分に負荷がかかってます。
そこからさらにパドルで負荷をかけると肩を故障してしまうかもしれません。

プルブイはプール備え付けの太鼓型でしょうか?
アリーナやミズノの板型のやつが浮力が高く、本当にプル練習をするには適しています。
水泳部の人しか使ってないイメージなので恥ずかしいかもしれませんが是非使ってください。

プルの練習は「プル動作の練習」なのですが、たぶんプルブイを挟んでもまだそれをできる状態にはならないと思います。
プルブイを挟んで浮かせた状態で、腹圧をかけ、腹斜筋を固め、腰を固定するイメージで腰を浮かせ続けて下さい。腰が左右にブラブラしないように意識をそこに集中。
それでプル練習をしてみて、その姿勢に慣れたら初めてプル練習ができます。
できたらまたコメント下さい(笑)



メイン。3ストロークで1回というのは左右交互ということですね?
それ自体はとてもよくて、私もそれで一気に泳ぎが改善しました。
しかし、今の状態であれば一旦2かきに1回のどちらか得意な方でしっかり呼吸して
もっと酸素を取り込みながら動いた方がいいかもしれないです。
3回に1回の左右交互の方が動きがゆっくりになり余裕が出ていいのですけど、
プルとキックの連動動作は難しくなります。




そしてまず1本目から頑張り過ぎです。私もよくやっちゃいますがw
1本目はイージーのつもりでいいので、一番ゆっくり、一番いいフォームで泳ぎます。
これを2本目以降、コピーすることに集中してください。サークルタイムは気にせず、コピーできる状況になるまで休むべきだと思います。
しばらくタイムは求めないで、でもチェックはしててください。1本目が最もいい泳ぎ、2本目からどう崩れてどうタイムが変化しているか。
どこが崩れているか。

それと、10秒レストで合わせられるタイムを縮めていく練習。
両方を並行してやればいいと思います。同時にやるからどっちもできない。

100*5*2で1セット目はサークルなしのフォーミング、
2セット目はそのフォーム意識をふまえての2:10の2:20サークルでいかがでしょう。
最初の一本目から2:10で帰るように意識します。



私は筋肉量が少なく脂肪が多いため最初から結構浮いていたので
とみさんのような状態からはスタートしていません。
むしろ、楽にはいくらでも泳げるけどペースが上がらない、という感じでした。

しかしここ最近は筋肉量が増えて沈むようになってきたので、
少し頑張って泳ぐととみさんのメインの状態に近くなります。
(タイム的には1:30前後、サークルは1:50~2:00です)

そんな時助けてくれるのは必ず「基本」なのです。
頭が上がっていないか?グライド姿勢のまま耐えているか?
グライドの時肘が落ちていないか?キックした足は揃っているか?
苦しくなって基本ができなくなっているのです。
苦しいからもがいても逆効果。むしろピッチは落とし、一つ一つの動作に集中します。
すると、心拍も落ち着いてきて、ちゃんと前に進みます。


基本姿勢や基本動作ができているかは拝見しないと分かりませんし
私が見ても適切なアドバイスができるかは分かりません。
お近くのスクールなどでパーソナル指導を受けることをお勧めしますが、
全くないということであればまたご相談下さい。



と、こうして書いていて、また私も発見がありました(^^)
私も刺激を頂きますので、どうぞまた続きをご連絡下さいね!
頑張りましょう!
No title
先日、「浮ける男になりたい」とブログに書いたばかりのbruceでございます。
なので、るみさんの1回目の変革が浮けるようになったこと!と書いてあったので、やっぱりそうか!と納得してしまいました。どのあたりがポイントでドリル等も教えて頂くと幸いでございます(^_^)
Re: No title
◆bruceさん
へい!読みましたぜ~(^^)

筋肉量にも関係するとは思うんですけど、
じゃあ筋肉なくて脂肪たっぷりのオジサンたちがみんな浮いてるかってーとそうでもないので
やっぱり筋肉の使い方や各部の意識の仕方の問題だと思います。
全く意識してない時は浮けなかったですしね~。

ドリルは「伏し浮き」「サイドキック」だと思いますが、
伏し浮きやり過ぎても泳ぎに影響あるかもなーと思ってます。
浮くことばっかり考えてると、効率悪い泳ぎになるんですよね~。
でもポイント掴むには伏し浮き延々やる、は手っ取り早いと思います。

サイドキックはいいですよ(^^)絶対腰落ちてくるから必死で耐える!
サイドプランクやってるつもりで25m耐える!

ポイントは、重心がどこで浮心がどこかを浮きながら探ることと
それを近づけることです。普通重心は丹田、浮心は胸にあります。
これが離れてると沈みます。
手っ取り早いのは、腹式呼吸。息を吸ったときに肺を下に膨らませること。
そうすれば浮心が下がるので脚が浮きやすくなります。
あと重心を前に持って行くために、頭を沈めることですね。

プールでもいいですが、スーパー銭湯の広い浴槽で延々浮いて研究するのもいいですよw
あ、死んでると思われるので頭は上げておいてくださいwww

管理者のみに表示