FC2ブログ

大阪のオカンがトライアスロンするブログ

小学生のオカンがトライアスロンを楽しむ日々を書き連ねておりまする。

 

ITU世界選手権出場の流れ

世界選手権まであと1か月半です。

itu.jpg


ロングディスタンスは27日なんですが、
デュアスロンがあったりアクアスロンがあったりアクアバイクがあったりと
「マルチスポーツ」の世界選手権を一斉にやる、
18日から28日の長い長いお祭りのようなのです(*^-^*)



支払関係も済ませまして、
スケジュールや公式ホテルの案内も届きだしているところです。

あとはウェア関係が届くのを待っているとこですね。(支払はまだ)
8月に入るんじゃないかな?(^^;



ここまでにやったことをまとめておきます。
来年の権利を取っている人は参考にしてください。


1)参加資格の確認
ITUロング世界選手権の出場資格については、JTUのニュースリリースで毎年発表があり
2016年は6月1日に発表されてました。
http://www.jtu.or.jp/news/2016/160601-5.html

その直後の2016/6/19五島で年代別4位を取得しました。
優先順があるので10位以降の人はちょっと不安ですね。


正式に有資格者が発表されるのは、ポイントランキングが確定してから。
全種目一斉発表でした。
2016年は12月27日に発表になってます。
JTUニュースでの発表なんで、マメにJTUサイトはチェックしときましょう。



2)仮エントリー
有資格者発表と同時に、仮エントリーが始まります。

あくまでも仮エントリーで、本エントリーの案内をもらうための登録なので
行けるかどうか分からないけど資格を取ってる人は申し込んでおいてもいいと思います。
仮エントリーの締め切りは3月末でした。

私は1月3日に仮エントリーしてました。
やる気満々やんw



3)本エントリー
その後しばらく何の連絡もありません。
4月の半ばに(2017年は4月18日でした)本エントリーの案内が来ます。

案内内容は、
・公式サイトのリンク
・本エントリーサイトへのリンク
・本エントリーの締切
・公式ツアー申し込みサイトへのリンク、締切
・公式ユニフォームの申し込みサイトへのリンク
・海外旅行保険の案内
・渡航準備の案内
などです。


この時点ではエントリー締め切りは6月15日となっていました。

ので、未調整なところもあったので少しエントリーを待っていたのですが、
5月に入ってすぐ、「エントリー締め切りを5月15日に短縮する」という
メールが来ました。
理由は書いてなかったのですが、申し込みが多かったのかもしれません。
慌ててエントリーしました(^^;


・大会エントリー
 MSPOのエントリーサイトより
 2017年は64575円でした。
 エントリーと同時に決済です。(コンビニ・振込もOK)


・公式サイトのエントリー
 HISの申し込みサイトより。
 この時点では大まかなスケジュールのみ確認できます。
 スケジュールをチェックして自己手配すれば費用は抑えられるでしょうが、
 ホテルやフライトは決まっていないのと、空港からホテルへの移動手段が
 抑えられるかというのが難しいと思います(バイクがあるので・・・)。

 2017年ペンティクトンは298000円でした。
 フライト、ホテル、空港からホテルへのバイク移動費、が含まれます。
 成田か関空への移動、バイク持ち込み手数料、は別途です。

 決済は後です。



・公式ウェアの申し込み
 スポーツアシストの申し込みサイトより。
 トライスーツは購入必須(対象のものを前年度などで購入していれば使えます)
 それ以外は任意です。

 トライスーツは2017年はHUUB製、38000円でした。
 サイズが難しいところですが、私は前年参加された方に聞いてXSにしました。
 取り寄せて試着もできるようです。

 決済は後です。



4)公式ツアー決済・申込書提出
2回に分けてHISから決済依頼のメールが来ます。

5月末に60000円、
6月末に245010円、でした。

5月末に旅行申込書の入力を求められます。
パスポート番号の入力欄がありますが、「申請中」でもOKです。



5)JTUからの案内を確認・各自準備
7月に入るとJTUから大会情報の連絡メールが入ります。

大会サイト、スケジュール、コースマップへのリンクなどです。
天候や水温などの情報も記載されています。

ここで初めて日本選手団の公式ホテルが確定。
チームミーティングの日時も案内があります。
集合写真を撮るので公式ウェアで参加するようにと記載がありました。


・ITUのルール確認
・バイク輸送についての注意事項
・海外旅行保険についてJTU公認保険の案内
・たびレジ登録の案内
・ビザ取得の案内

など、必要な情報はメールに記載されています。
各自読んで準備を進めます。




と、ここまでが「レース1か月前」までにしたことです。
パスポートの取得、成田や関空までのフライトやバイク輸送の手配が必要な方もいるでしょう。

バイク持ち込みについてですが、
今回は関空からはエアカナダなのですが、バイクは32kg、3辺292㎝までOK。
(そのかわり手数料50カナダドルは必ずかかります)
なので、203㎝の輸送箱は使用しないことにしました。プレミアのパネルガードでいきます。

この辺もJTUからのメールに関連ページのリンクが貼ってありましたのでスムーズでした。
リアディレイラーは外しましょう、などのアドバイスもあり分かりやすかったです。



送られてくる情報を見逃さなければ&処理を先延ばしにしなければ
初めてでも特に迷うことはなかったです。



現時点までの情報です。
また追加していきます。



ブログランキングに参加しております。
いつも応援クリックありがとうございます(^^)

海外レースに慣れてる方はなんてことないんでしょうけど、
ほとんどの社会人トライアスリートは一生に1,2回!ですよね~^^;
かかる費用や参加資格などチェックして、
数年計画で貯金やレース目標にしてくださいっ!

オカンのおかげで興味が湧いてきた!って思ってくれる人が一人でもいると嬉しいです^^
どうぞ応援宜しくお願いします(^^)
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ


費用については、、、みなさんのご協力分が本当に助かっています。
引き続きご支援頂けますと大変うれしいです!
お買物の際は是非こちらから(*^-^*)

関連記事

Theme : トライアスロン * Genre : スポーツ * Category : 大会・イベント

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する