FC2ブログ

大阪のオカンがトライアスロンするブログ

小学生のオカンがトライアスロンを楽しむ日々を書き連ねておりまする。

 

カナダ世界選手権の選手ガイド解読(1)

カナダ世界選手権の選手向けガイドがアップされてましたので
ざっとチェックしておきました~~。

https://penticton2017.com/athlete-guides/

athleteguide01.jpg


挨拶、大会の特徴や概要から始まって、
 (普段こういうのあんまり読まないんだけど、今回はちゃんと読んだw)
各種ルールについてチェックして問題ないか確認しておきました。
ざっと訳します、ざっと(笑)


<ユニフォームについてのルール>
・スキンスーツ利用可能
・ITUルールに沿った各国のウェアを着用
・キャップとレースベルトにはロゴが入ったものを使用できる

※確認事項
 カーフガード(コンプレスポーツ)、アームカバー(パールイズミ)を使うつもりだけど
 メーカーロゴは大丈夫なのかな?



<日程と距離>
エイジグループ・ロングディスタンスレースは、
・27日日曜日
・スイム(1周)3㎞
・バイク(1周+2周)120㎞
・ラン(3周)30㎞


<ロケーション説明>
ロケーションは以下の通り。

athleteguide02.jpg

スイムスタート場所が2つあるけどどっちだ?(笑)

バイクトランジットとラントランジットが同じ場所なのはいいですね~^^



<レース以外のイベント>
・選手団パレード 8/23(水)午後6時~
  ってことはこれは参加できないんだね。
  公式ツアーの現地到着は24日なので。
  (※ロングの日本選手団ミーティングは25日の午後5時)

・カナダ150周年パーティ(GyroPark)
  カナダのアーティストのライブなどをやってる模様。参加無料。

・パスタパーティ 8/25(金)午後6時(トレード&コンベンションセンター)
  選手は無料、家族は$40でチケット購入

・閉会式、アフターパーティ 8/27(日)午後8時30分~午後11時



<レース前関連情報>
・スイムの試泳について
  一人で泳がないこと、明るい色の水着を着ること。
  ブイで囲われた指定エリア内で泳ぐこと。
  レース時間帯以外に泳がないこと。

・バイクコース等の試走や下見について
  交通規則に沿って走行すること。自己責任で。
  可能であれば車でコースの下見をしておくこと。

・山火事が発生する場所であることを認識しておくこと

・野生動物
  熊、コヨーテ、ラトルスネーク、クーガーなどの遭遇に注意。

・野生植物
  ツタウルシに注意。


<トレーニング環境について>
・スイム
  オカナガン湖、スカハ湖、いずれも穏やか。
  ライフガードはいないので自己責任で。
  貴重品やバッグを置いたままにしないこと。

  レースコースの試泳時間は以下の通り。
  8月26日土曜日 午前6時~午前7時30分

・バイク
  ペンティクトンから北と南の方向が道路が舗装されていて走りやすい。
  アスリートビレッジにて自転車の地図が提供される。
  レース時間外は道路は封鎖されていないので注意すること。

・ラン
  KVRトレイルコース
  Channel Parkway
  ペンティクトンハイスクールの400mトラックが利用できる

・バイクショップ、メンテナンス
  2店舗あり。
  他にメカニックテントが2店舗



<交通情報など>
・駐車場
  中学校の駐車場を利用可能。
  レース実施日は交通規制があるので徒歩で来場のこと。

・レンタカー
  レンタカー店が少ないので必ず事前に予約すること。

・バス
  選手はリストバンドを見せれば無料でバスが利用できる。




<受付>
・受付日時に到着できなければレースに参加できない。
・選手は自分自身で受付し、必要品を受け取ること。
・写真付きのIDが必要
・タイムチップが受付時に渡されるので自身の物かを確認すること。

・日本選手の受付時間は以下
  23日: 1:30-4:00
  24日: 3:00-4:00
  25日: 2:30-4:00


・受付手順
 1、権利放棄のサイン
 2、受付、BIBナンバーを確認
 3、レースパッケージを受け取る。
   ・BIBナンバー、スイムキャップ、
   ・レースナンバーステッカー(バイク用1、ヘルメット用3(前左右)、ギアバッグ用1)
   ・バイク受取証、選手リストバンド、ナンバータトゥー(4)
   ・ギアバッグ4つ(スタート前、スイム→バイク、バイク→ラン、バイクスペシャル)
 4、お土産とオンラインストアのチケット(?)を受け取る
   ・1選手に1つ(複数出場でも1つ)
   ・VIPパッケージ、Extraパスタパーティチケット、ポストカード(?)
 5、タイムチップの確認
   ・登録を終了して退室する前に受け取ってスキャンすること。


・リストバンドはイベント中ずっと着用。複数種目に出る場合は種目ごとに発行されている。



<バイク・トランジットバッグ預託>
・バイクとギアの預託は、レース前日(26日(土))の12:30-4:30
 トランジットエリアにて。
・バイクとすべてのトランジット品(スイムからバイク、バイクからラン)をトランジットエリアに一晩預ける。
・レース当日の朝まで出し入れは許可されない。
・バイクのスペシャルニーズバッグ、スタート前バッグのみレース当日持ち込むことができる。
・リストバンドをした選手のみトランジットエリアに立ち入り可能。
・トランジットエリアはセキュリティスタッフが管理する


・ヘルメット、バイクシューズはバイクバッグへ

・バイクシューズをバイクに取り付けておくことは許可されている。
 しかしT2でバイクから外し、ランギアバッグに入れなければならない。

・全ての服やギア(シューズ含む)に名前を書いておくこと
 もし紛失した場合は、RotaryParkのインフォメーションブースへ。

・預託の前にバイクが安全な状態であることを確認しておくこと。
 すべての装備が確実に固定されている状態にしておくこと。
 検車を通ったら自身でナンバリングされたラックにかけること。
 バイクカバーは許可されていない

・レース当日バイクやギアバッグに触れられるのは4:45から。
 バイクスタートまでそこからバイクを移動させることはできない。

・エネルギー類については、当日の朝運び入れることを推奨



<ブリーフィング>
・エイジ
  8月26日(土)午後12時  Gyro Parkにて


<観戦者について>
・同伴ゴールは許されていない
・選手以外の観戦者は医療テントに入ることは許されていない。
 緊急事態の場合は連絡先に通知される。


<制限時間>
・フィニッシュ午後7時
・スイム:スタートから1時間35分以内にフィニッシュすること。
・バイク:スタートから7時間以内にフィニッシュすること。
・ラン :スタートから12時間以内にフィニッシュすること。

選手の通過情報はリアルタイムにwww.sportstats.caにて参照できる。
タイムチップ(アンクルバンド)は受付時のレースパッケージには入っていない。
レース当日(たぶん。記載なし)チップテーブルから受け取って足首に取り付ける。


<アンチドーピング/ルール>
・アンチドーピングルール、ITUルールに従うこと。
  http://www.triathlon.org/anti-doping
  http://www.triathlon.org/uploads/docs/itusport_competition-rules_2017.pdf



追加情報))

ウェアについて:

・ウェットスーツは5mmまで
・ランとバイクでは長袖のシャツをウェアの下に着ることができるが、
大会中ずっと着用していないといけない(途中で脱ぐことはできない)。
・アームカバーは着用可能だが、トランジット以外で脱ぐ事はできない。
 途中で誰かに渡すことも反則となる。




超長くなったので一回切りますw
この後は、当日の流れやコース情報、エイド情報などのようです。


自分に関係ないところはすっ飛ばしてますので、
でられる方はご自分でも読んでくださいね(^^;




今のとこそんなに疑問はないかな~。
まあ、行ってしまえばなんとかなるだろうと思いつつも、
日本語じゃないので事前情報は入れておきたいです(^^;;;


ご一緒できる皆さま、どうぞ宜しくお願いします(^^)



ブログランキングに参加しております。
いつも応援clickありがとうございます!

初めての海外レース、不安でいっぱーい(笑)
でもいつもの「準備8割」でガンバリマス&
現地では雰囲気に飲まれまくって楽しみます\(^o^)/

おかーちゃんの大冒険に、応援クリックよろしくおねがいします!
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ




関連記事

Theme : トライアスロン * Genre : スポーツ * Category : 大会・イベント

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する