パワーがないなら抵抗を減らせばいいじゃない

夕方のスイム~。
今日もリカバリ。のんびりのんびり(*^^*)


朝、今の糖質抜けた身体にはパワーがないってことが分かったので、
それに抗うことやんぴ(笑)

今日のテーマは「抵抗を無くせ」で。


以前より浮かなくなっているので(筋肉ついたから)、
ついついパワーに頼りがちだったのですが、

もう1度初心に戻っていかに抵抗を無くすかを意識して泳いでみました。



アップ 400(100毎クロール・背泳ぎ)
プル 50*4(1:00)
メイン 400*3(8:00)
ダウン 200
計2000m



メインは3本とも7分くらい。
1:45ペース。
それでも心拍140くらいまで上がってるから
やっぱり足沈んでるんだなぁ、って思う。

以前はほんとこれくらいのペースだったら全然体温上がらず
いつまでも泳ぎ続けられる感じだった。

身体全体浮いてたから、ただ手を動かすだけでよかったもんなぁ。


うーん、また浮けるようになりたいな。。。


でも、脚に付けた筋肉は落としたくないから(笑)
浮ける方法を探っていかないと。




泳ぎながらいろいろ意識を変えてみて、
何が抵抗減効果が高いか感じてみたんだけど、
上半身についてはやっぱり腕全体。

当たり前なんだけど1本より2本の方が抵抗になる。
だから、推進力が落ちるギリギリまでは入水しない、
これが一番抵抗減効果が高い(笑)

でもそれで耐えてる方の腕が落ちちゃったら意味無いんで、
グライド側に体重乗せて乗せて耐える。

これができればストローク数は25mで簡単に2減りますね。
タイムは生み出す推進力次第。



あと、お腹。
だらーんと腹圧抜けて下がってるとやっぱり進まない。
でもうねりのある泳ぎのためには一旦抜かないといけないから
これが凄く難しいなぁ。
まだまだ全然習得できてないなぁと思います。



脚はもちろんバラけないのが一番だけど、
これもキック動作との兼ね合いもあると思う。
膝ピーン時間があると次の動作に移りにくいし
斜め上から打ち込む意識だと、両脚が揃ってると腰も左右にブレてしまう気がする。
多少は開いていても、キックの振りかぶりの時にバランス取れる方がいいんじゃないかなあ??

要研究。




とまあ、久しぶりに抵抗減に意識を集中して泳いだ21分間でした(^-^)

たまにはこういう時間もいいね。
気持ちよかったし♡



今からカナダに適用できるとすれば、
肩を出し続けるってことと、お腹引き上げるってことかな。
もうパワーアップは難しいだろうから、
基本の再確認と肩関節の柔軟と腹斜筋の筋トレあたりやっときます☆



ブログランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。

筋トレして今のところスイムは遅くなっちゃってるので
ここはなんとか技術でカバーしたい!!
もっと腹筋付けないとなぁ(´Д`;)

今日も寝る前に腹筋種目やって寝ます!!
すっかり筋トレブログになってますが、
これ以上カテゴリ増やせないのでこの3つのままにさせて下さい(笑)

どれかポチッと応援お願いします♡
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
関連記事

コメント


管理者のみに表示