FC2ブログ

大阪のオカンがトライアスロンするブログ

小学生のオカンがトライアスロンを楽しむ日々を書き連ねておりまする。

 

カナダレースレポ)バイク編(2)我慢我慢で乗り切った1周目

バイク編その2、25kmから70kmくらいまでです。
南側周回1周目。


1周約45㎞、登りが2つあります。

bike03_2017083005101670c.jpg


まずは街中を通り抜けながら、南の湖まで行き当たるまで。

街中は現地の人の応援の声もたくさん!!

「Go!JAPAN!Go!」
などと呼んでもらってテンションが一気に上がります。


ちょこちょこと登りが出てくるのをこれ幸いと積極的にダンシング。
周りがDHポジションのまま涼しい顔して走っている緩い坂でダンシングするのは正直恥ずかしいのだけど、
ここでDHポジションを維持していいことは何も無い。

登りはダンシングで腰を伸ばしたり、
ケイデンスを落として大きく股関節を動かして腰の筋肉をほぐす。
平地や下りは後ろ目に座って骨盤を前に後に動かしたり腰を左右に振ったりすることで
張り始めていた腰の筋肉を緩めることに努めました。


序盤で発生した腰痛に気持ちは落ちてしまっていたけど、
うまくほぐしながら行けばきっと最後まで持つと信じて、
周りを気にせず自分の走りに集中しました。



二日前に試走したコース、ああ、そろそろ1回目の登りだな、と思った瞬間、
その坂を見ながら、なんとその坂の直前で左に曲がるんだった事が発覚(笑)

ここ、曲がるんかーーーーーーーいwwwwww

あの時一緒に試走したみんな、
きっと同じように突っ込んだことでしょう(笑)
それを想像したら面白くて面白くて、
しばらく腰の痛みを忘れて走れました(笑)


正しいコースは、しっかりと登りでした(笑)
しかも路面ガタガタ、、、、(´Д`;)
パンク怖い、、、。

身体を起こしたりダンシングしたり、
股やお尻や腰にダメージを積まないように気をつけながらゆっくり登りきりました。



それを過ぎれば、見通しのいい急勾配の下り。
もう脚は止めてコーナーリングに集中していればOK。

50km/h出ているけど、それでも「Left!On your left!」と叫ばれて抜かれ続けるという(笑)

カナダ人女子~!!!
すげえ、すげえよ!!!(笑)



長い下りで腰の休憩も出来て、気付けばだいぶ楽になってきてました。
これまでレース中に腰痛が出てそこから回復できたことなんてなかったので
これまでの経験を活かして対応することができたんだなあと嬉しかったです。



一番の登り区間に入る。5~8%くらいが2km程かな?
さっさとインナーローにして、くるくる回しながら。

あれだけ抜かれた平地や下りと違い、ほぼ抜かれない。
はっはーん、カナダ人、登り苦手やな?(笑)

続いて緩い登りが2㎞ほどあって、それを過ぎたら長い長い下り。
8㎞ぐらいずっと下りなので、痛い腰にはほんとに神の恵みのようでした。
基本脚は止めがちに、腰の筋肉を前後左右に動かしてほぐします。
背中も伸ばしたり縮めたり。

気持ちよかった(;_;)ほんと恵みの下りでした。


一部、かなり細い路肩部分のみに制限され車道に出たら一発失格の場所があり、
みなスピードが出ているのでかなり怖かった。

目の前で男子選手がとんでもないスピードで車道を走っていき、
マーシャルバイクにカードを出されるのを見ました(笑)
色は見えなかったけど一発アウトだったのかなあ?(笑)

やんな、って言われてることはやるなとwww



その下りが終わればまた街に戻ってきます。
一部左側通行区間があったりと気が抜けません。


途中、突然ピピッと鳴ってサイコンがオートポーズに。
へ?と思ってちょこちょこ触ってみるものの、
やっぱりスピードが表示されずにオートポーズになります。
ガーミンのスピード表示は出ています。

マジか、、、。スピードセンサーが逝ったか、、、?
確かこのサイコンはGPSよりスピードセンサーを優位に取っていた記憶がある。
ガーミンはセンサーが切れてもGPSに切り替えてくれたのでしょうが
サイコンはストップしていると認識してしまった模様。

さあ、どうしようか。。。
あまり走りながら操作はしたくない。

ええい、サイコンのデータは捨てよう。
ガーミンは動かしているので速度や心拍のデータは取れる。
サイコンでもリアルタイムの心拍とケイデンスとパワーは見えるから
ペーシングにはそれをチェックしてればいい。
パワーデータが残らないのは残念だけど、、、。



周回終わりの街中は、物凄い数の応援の人達!!
「JAPAN!!!Let it go!!」
「Thank you!!」
そんなやり取りも凄くワクワクしました!!


70kmの看板が見えて、ゴール地点へ戻ってきました。
ほっと一安心。これをもう1回繰り返せばいいだけ。



腰痛との戦いの我慢我慢の1周目だった。
めちゃくちゃ抜かれまくったし、日本人女子にも相当抜かれた。

こんな走りをしにきたんじゃない、こんな我慢の走りをしにきたんじゃない、
正直とてもとても悔しかった。


でも、腰痛を無視してDHポジションを維持してしまえばもう腰は絶対に復活しない。
2周目はサイクリングになるのは明らか。
そうなればランにも影響すると思ったし、悔しい気持ちを持ち帰ることになってしまう。

それが分かっていたので、一旦スピードやアベレージは無視して、
いかに腰を楽にして走るかに集中して走った45kmでした。


でもそのおかげで2周目は少し楽になり、何より気持ちが楽になって、
走り方も分かって、
景色やレースを心から楽しむことができました!

冷静に判断して実行した自分を褒めたい!!o(^-^)o



70km終了。
ここまでのアベレージ、29.5km/h。
そんなに悪くない。最初25kmのアベ32km/hがでかかったな(笑)

2周目でもうちょっと落ちるだろうけど、
29km/hくらいではいけそうかな、と気持ちが楽になりました。



続きます。




ブログランキングに参加しております。
応援クリックありがとうございます!

この区間が、今回レースを通して一番の辛いところでした。
ここを乗り切ったことは、私にとって大きな意味があったと思ってます。
よく我慢した、あたし!(笑)

頭なでなでのクリックしてやって下さい(^-^)
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村



関連記事

Theme : トライアスロン * Genre : スポーツ * Category : 大会・イベント

* Comment : (2)

ここ左折? * by さくしお
ワタシたちも試走のときに真っ直ぐ行き、「坂、大したことないじゃん!」なんて言ってましたが、レースのとき「えっ?曲がるの?え?すげぇ上りじゃん!」なんて思わず声が出ました。(笑)

あと、下りでは70km/h近かったのに、遥かに速いスピードで抜かれたのには驚きました。
世界の壁は高いですね〜。

Re: ここ左折? * by るみおかん
◆さくしおさん
さくしおさんたちも真っ直ぐいきましたかwww

ありゃ分からんよねえ。
しかも曲がった先が結構路面ぼこぼこやったしね(^_^;)
ボコボコで10%超の坂はちょっと怖かったな〜。


ほんとに意味わからん!って速さの人いっぱいおったね(笑)
女子も速かったな〜。
どんな練習して何食ったらその脚になるねん!!(笑)

コメント









管理者にだけ表示を許可する

ここ左折?
ワタシたちも試走のときに真っ直ぐ行き、「坂、大したことないじゃん!」なんて言ってましたが、レースのとき「えっ?曲がるの?え?すげぇ上りじゃん!」なんて思わず声が出ました。(笑)

あと、下りでは70km/h近かったのに、遥かに速いスピードで抜かれたのには驚きました。
世界の壁は高いですね〜。
2017-08-31 * さくしお [ 編集 ]

Re: ここ左折?
◆さくしおさん
さくしおさんたちも真っ直ぐいきましたかwww

ありゃ分からんよねえ。
しかも曲がった先が結構路面ぼこぼこやったしね(^_^;)
ボコボコで10%超の坂はちょっと怖かったな〜。


ほんとに意味わからん!って速さの人いっぱいおったね(笑)
女子も速かったな〜。
どんな練習して何食ったらその脚になるねん!!(笑)
2017-09-02 * るみおかん [ 編集 ]