OWスイムはドラフティング技術で決まる(気がする)

夕方のスイム~。


カナダ本番以来のスイムでした(笑)
10日ぶり?

全然動かんかったわwww


ゆっくりストロークなら泳げるんだけど、
ピッチが上がらんかったな~。

あと、臀筋使ってのアップキックを完全にやり方忘れた(笑)


またコツコツ頑張ります( ´ ▽ ` )


アップ 100*4(クロール、背泳ぎ交互)
キック 50*6
プル 50*6
メイン 100*6
ダウン 100
計1700m




これだけじゃなんなので、カナダのスイムの振り返りを。




3000m53分30秒、100mあたり1:47なんでかなりかかったんだけど、
レポにも書いたように混雑ゾーン回避のため大回りしてるし
それによってかなり体力の消耗は抑えられたので
そこは反省点ではないかな。


ほぼゾーン3で泳げて、気持ちよくスイムアップできました。




ストローク長とかピッチとか、いろいろチェックはしてみましたけど、

そんなことより今回思ったのは、

あたしのレベルなら重要なのはドラフティング技術!

ってこと。


いかにスタートすぐから自分よりちょっと上手い人につけるか。
それを維持できるか。

ここに尽きるな、って思いました(笑)



スタートすぐってのがポイント。
少なくともスタート100m以内に見つける。
じゃないと、上手い人はもう追いつけない位置に行っちゃうから。

今回、1000mまではいい人につけたけど、
アーチ部分でついていけなかったんだよねー。
前ウェーブの人に翻弄されてしまった。


2000mくらいで近くにいる人は、自分のレベルと同じってことなので
後ろについてもスピードアップはできない。
ただ楽にはなるので、遅いかな?と思ってもやっぱりついた方がいいと思う。


ほら、後半楽になってるでしょ(笑)




ピッチも落ちてゆったり泳げてる。




でもペースアップはできない。上げたければ前に出るしかない。

20170905222306453.jpg


まあそれでも女子のみウェーブは楽だと思った。
比較的イーブンで泳ぐ人が多くて、後半たれてこない。

男子は前半速くて後半落ちてくる人も多いんで、
後半同じ位置にいるからって同じペースで泳いでくれるとは限んない(笑)


なので、ドラフティングしやすさって意味では、
五島(一斉スタート)よりカナダ(ウェーブスタート)がしやすかったです。

前から先行ウェーブが落ちてくるのを避けるのがたいへんだけど、、、。
ベストは第一ウェーブだけど、まあ女子でそれはないから(^_^;)



で、いい相手を見つけてドラフティングするのも、
それを維持するのも、ほんと技術。
前の人の動きを察知する、ついていく、足を触らないで避ける、
遅い人に間に入られたら素早くダッシュして交わしてまた付きなおす。


じゃあそのために普段どんな練習を?ってーと、
泳ぎのバリエーションをたくさん持っておく、ってことだと思いました。

前が安定したらピッチ落として休む、キックしないで休む、
上げたらピッチ上げてついていく、6キックでついていく、
混んでる時は呼吸より前の人の脚や泡から目を離さないことを優先して素早い呼吸動作、
より速いのが来たらダッシュでついていく、等々。

そういうことができるようになるための練習。
だからペースをいろいろ変えて泳ぐってのは必須。
ディセンディング、ピラミッド、ダッシュ&イージー、ノーブレ、レストを長くしたり短くしたり。
ピッチ上げたり、ゆっくりにしたり、2キックしたり6キックしたり。

1人でもそういうのはできるし、
プールにいる速い人を使うのも有効かと。
私たまにやるんですが、自分よりちょっと速いかなーって水泳部学生さんがいたら
その人がターンするまで待って直後にスタート。25mついていけたら勝ち、みたいなw
あんまり続けてやったらウザがられるので数回だけねw


あと、絶対心拍上げる練習しとくこと。
今シーズンはハルさん練のおかげでガンガン心拍上げたんで
海でのバトルが全く怖くなくなった。



あんまり泳ぎが安定してないレベルだと付く相手も安定してなかったりするから、
どうだろう?1500mが28分くらいになったら、そういうことを考えてもいいと思います。
逆に23分くらいの方はどうぞ先に行ってくださいw
一番ドラフティング技術が物言うのはあたしレベル前後ちゃうかな?1500m25分くらいの。

2キックだと後ろ付きやすいので後ろにもめっちゃ着かれます。
でも後ろも逃したくないと思ってるから脚触ったりつかんだりしないしね。

あ!今回一回だけ足首掴まれたな。たぶん前ウェーブの人やと思う。
前ウェーブ抜くときは注意です。ちょっと距離開けた方が安全。


あと、浅瀬は絶対ドルフィンが有効なので練習しときましょうw
はい、練習しときますww


以上、カナダのスイム振り返りでした。
課題抽出は特にありません。安全に楽しく泳げました(笑)
スイムラップ、エイジ9位で超満足w



来シーズンはスイムはどんな練習しようかな~。

今シーズンはスピードアップはできなかったけど海でのレベルアップはできた。
来年はスピードアップを狙いたいかな(^^)




ブログランキングに参加しております。
いつも応援クリックありがとうございます!

「常に海で泳ぐことを考えて練習しましょう」って西内真紀コーチが。
ついついサークルがっちり守ったり綺麗に泳ごうとしてしまうけど、
その練習は海で役立つものですか?ってのは常に問わないとなと思いました。

来シーズンもガンバリマス!(まだラブトラで池泳ぐけどwww
応援宜しくお願いします(^^)
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ


関連記事

コメント

珠洲トライアスロンのスイムにて
いつも良記事をありがとうございます。
後半に書かれてた、いろんなパターンの泳ぎをマスターしておくって事の必要性を非常に感じた今年の珠洲トライアスロンでした。

Aタイプ(長い方)1000人のうち200数十人の方がスイムでタイムアップになるという異常事態で、その日は全国的に潮の流れが速くで水の事故が相次いでいました。

ブイを折り返してから全く進まず、先行した第1、第2ウェーブの人も進まずにそこで溜まるというすごい状況でした。

そんな中で、この1年しっかりハルさんブログ、ルミオカンさんブログで勉強させてもらって日々実践、取り入れてきたスイムのおかげで、タイムこそ10分落ちでしたが昨年からスイムは270位もジャンプアップする事が出来ました。
言い方を変えれば10分落ちで済んだ、ですね。

色んな泳ぎについても日々イージーハードやフローティングスタート、両側呼吸、脚の掴み合い、乗り上げてかわすなど、バトル時のあらゆる事を想定してやってきた事が、いつにない異常事態の中でパニックにならずに泳ぎ切れた要因でした。

脚が下がったかな?と思えばお腹に吸った息が流れ込む感じを思い出して入れてやり、ワキが開いてないと思い出せば開く事を意識し、落ち着いて対策出来ました。

これからも勉強させて頂いてさらに上に行けるよう頑張ります!
Re: 珠洲トライアスロンのスイムにて
◆フカさん

珠洲お疲れ様でした~。
相当数の方がスイムでタイムアップになったと聞きましたが2割は凄すぎますね!

思うのですが、スイムについてはこういう「抜き打ちテスト」みたいなことがあるんですよね。
バイクもパンクがそうかな。
十分に本番を想定して練習してきているか?をたまに神様がテストする。
今年の五島も例年になく潮が速く、「五島は穏やか」と思い込んでいたら抜き打ちテストでした。

スイムはほんとかけた時間や労力ほどタイムを短縮できないから
どれだけ練習すればいいの?と日々悩みますよね。
私は「もうスイムに時間かけるのは違うんじゃない?」と言われたことがあります。
でもこういった抜き打ちテストがいつくるかもしれないと思って
強い練習を織り交ぜながら週に3-4回練習した選手が強くなるのだろうと思います。

スイムスランプ中の私が言うのもなんですがw

はい、これからもお互い頑張りましょう^^

管理者のみに表示